2005(平成17)年度に参画実施したIT経営応援隊事業

IT経営応援隊事業のうち,事例発表&相談会(IT利活用による経営革新セミナー)及び経営者研修会では,(財)京都市中小企業支援センターに運営協力し,経営者研修会事業およびIT経営成熟度診断事業(2種類)を主催しました。

1) IT利活用による経営革新セミナー

京都のベンチャービジネスの草分け的存在である堀場雅夫氏の基調講演に続き,ファブレスメーカーとして躍進著しい大阪の(株)フクナガエンジニアリング社長福永政弘氏の講演,次いで酒類販売店としてはネット販売の他特色のある複数店舗を運営する(株)もりもと社長森本章氏の講演でIT経営成功の秘訣を披露しました。参加者数:147名。これに続いて希望企業5社には,個別の経営相談を実施しました。

事例発表&相談会の風景
事例発表&相談会の風景

2)経営者研修会

地元企業の経営管理職層に対して,IT経営企画を策定する実践研修会を開催しました。途中で脱落する企業はなく,作成したIT経営企画書をそのまま実行すると答えた人が9名と,これまで京都地域で実施した研修会の中でもっとも成功したケースでした。

 開催日時 : 200510月1日,8日,15日,22日,29日の毎土曜日 6時間×5回=30時間
 参加企業 : 12社23名

※同種の経営者研修会を(財)京都市中小企業支援センター主催で11月にも実施し,こちらは13社16名の経営管理層が参加されました。幣NPOから6名のITコーディネータがインストラクターとして出講しました。

3)IT経営成熟度診断事業

この事業では,2名のITコーディネータが対象企業を訪問しておこなう出張形式の実践研修です。受け入れる企業側は,部署横断的な自己診断プロジェクトチームを編成して対応します。企業として組織的な合意が形成され,組織の意識ベクトルが統一されます。

前期IT経営応援隊事業

実施時期 : 2005年11月~2006年1月 参加ITC6名
対象 : 経営者研修会から2社(総合印刷業,プラスチック成型品製造業),その他1社(印刷業)

後期IT経営応援隊事業

実施時期 : 2005年11月~2006年1月 参加ITC6名
対象 : 経営者研修会から3社(プラスチック成型品製造業,精密金属加工業,電子応用製品)
      うち2社は金融機関からの紹介及び公的支援機関の専門家派遣制度を継続して利用。