提携団体セミナー等情報


ITC京都に連絡があった提携団体等によるイベントの情報や,ITCの皆様に役立ちそうなセミナー等の情報を掲載しております。詳細等は各主催団体にお問い合わせください。

京都大学学術情報メディアセンターセミナー

 京都大学学術情報メディアセンターでは、月に一度、各分野でご活躍の講師をお招きし、それぞれの研究開発活動の内容や現在抱えている課題についてご紹介いただき、参加者を含めて広く議論を行う機会として、月例セミナーを開催しています。

 学内外を問わず多数の方のご参加をお待ちしています。

「データと思考の言語化」(5/30開催)

 5月30日の本セミナーでは、高村大也 産業技術総合研究所人工知能研究センター研究チーム長 / 東京工業大学教授および亀甲博貴 京都大学学術情報メディアセンター助教に講演いただきます。学内外を問わず、多数の方のご参加をお待ちしています。

 

 ・開催日時 :2018年5月30日(水) 16時30分~18時00分

 ・開催場所 :京都大学 学術情報メディアセンター南館2階

        202マルチメディア講義室

 ・講演題目 :「データを説明するテキストの生成」

         高村大也(産業技術総合研究所人工知能研究センター研究チーム長 / 東京工業大学 教授)

        「人間とコンピュータの思考の対応付けに基づく将棋解説文生成」

         亀甲博貴(京都大学学術情報メディアセンター 助教)

 ・参加費用 :無料

 ・参加申込み:不要

 ・問い合わせ:京都大学 学術情報メディアセンター 森 信介

        TEL:075-753-7486

        E-mail:forest * media.kyoto-u.ac.jp (*を@に変えてください) 

 ・詳  細 :次のURLをご覧ください

          http://www.media.kyoto-u.ac.jp/accms_web/event/1418.html

 

第22回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム/第13回情報危機管理コンテスト

テーマ:

若者とサイバー犯罪:被害者・加害者・傍観者

概要:

デジタル・ネイティブと呼ばれる若い世代は、日々の生活におけるICTへの依存度が高いため、サイバー犯罪における被害者になることが多かったのですが、近年、若年者による技術を使った犯罪が目立つようになってきました。

若年者が犯罪組織に利用されたり、自ら犯罪に加担しないために、教育者が何をすべきか ? 親が何をすべきか ? 企業側が何をすべきか ? 警察が何をすべきか ? について各分野における検討が必要と思われます。

そのためには、若い世代のネット利用の実態を直視し、その理解を深めることなしには、若者をサイバー犯罪の被害者や加害者にすることを避ける活動もできないのではないでしょうか。

第22回を迎えるサイバー犯罪に関する白浜シンポジウムでは、それらの現状を整理し対策を議論します。皆様のご参加をお待ちしております。

主催:

サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム実行委員会

日時:

2018年5月24日(木)~2013年5月26日(土)

会場:

メイン会場:和歌山県立情報交流センター Big・U 

 (シンポジウム、情報危機管理コンテスト)

サブ会場:ホテルシーモア

 (第1日目 BOF、ミッドナイトBOF) 

 (第2日目 講師を囲む会、セキュリティ夜話)

詳細・申込み:

以下のサイトよりお願いします。

http://www.riis.or.jp/symposium22/

参加費:

参加費用は下記の通りです。 合計金額

シンポジウムのみ(一般) 15,000円

シンポジウムのみ(学生) 3,000円

シンポジウム + セキュリティ道場入門編 20,000円

シンポジウム + セキュリティ道場実践編 25,000円

シンポジウム + セキュリティ道場入門編 + 実践編 30,000円

※ウェルカムパーティ、お弁当、サンセットディナーは除く

3月1日から申込みが可能になります.

 

講演者・プログラムにつては決定次第順次公開。

http://www.riis.or.jp/symposium22/program/

白浜シンポジウムへの参加申込については、

http://www.riis.or.jp/symposium22/request/

 

参加募集スケジュール

 第22回サイバー犯罪に関する白浜シンポジウムの参加募集スケジュールは以下の通りです。

 第1回目:3月1日(木)12:30~

 第2回目:3月3日(土)12:30~

 第3回目:3月7日(水)19:30~

 第4回目:3月9日(金)12:30~

 ※いずれの回も、募集人数に達しましたら、締め切らせていただきます。

 

お申込みについて

 申し込みは、ヤフー PassMarketを利用しております。

 一度に複数の購入はできません。一度の購入につきチケット各1枚となります。

 Yahoo!IDをご利用時の場合、 1アカウントにつき各1枚のご購入となります。

 

参加料金について

 シンポジウム参加費 : 一般参加 15,000円

 ウェルカムパーティ(1日目夜)

 1日目の夜に「ホテルシーモア」にてウェルカムパーティを予定しております。

 参加費:2,000円

 

お弁当

 昼の部が行われるBig・Uは、食事が出来る場所がほとんどありません。

 そのため、会場では事前にお弁当を手配しておりますので、参加登録時にお申込みください。

 ※当日注文は受け付けておりません。

 1食:1,000円(お茶付き)

 

サンセットディナー(1日目夕食、2日目夕食)

 1日目、2日目にはサンセットディナーを予定しております。

 場所:海鮮せんべい南紀 バイキングレストラン「和わ」

 参加費:ソフトドリンク付き 一人1,500円 ※アルコール類は別料金

 1日目夕食のウェルカムパーティとサンセットディナーはどちらかの

 選択になります。(どちらにも参加せずも可能)

JASIPA関西 協業フェア2018 WEST

~働き方改革ITソリューション展~

主催:

NPO法人 JASIPA 関西支部(http://jasipa-kansai.com/

概要:

開会の挨拶 13:00 関西支部長 杉本 浩

基調講演1 13:30~14:20 もう待ったなしの働き方改革!

 ~残業を減らして社員のモチベーションを上げるICT活用術~ 

 講師: actuarise株式会社 代表取締役 三島浩一氏

ショートプレゼン 1回目:14:30~14:45

  株式会社 サイバーウィル「弊社システム会社における働き方改革の事例発表」

2回目:14:45~15:00

 和歌山県庁「和歌山県のビジネス環境」~世界から注目される和歌山~

3回目:15:00~15:15

 株式会社 エンカレッジ 「不審者検知ソフト DEFENDER-X 精神判定ソフト メンタルチェッカーのご紹介」

4回目:15:15~15:30

 株式会社ネットパーク21 音声認識装置「音声データを高精度でテキスト化を実現」

5回目:15:30~15:45

 eBASE-PLUS株式会社 、eBASE株式会社 商品情報コンテンツ「商材えびす」で広がる「データビジネス」の世界

基調講演2 15:50~16:40

 「えらいこっちゃー!「働き方改革待ったなし!」やて!」~ 関連トピックスとNTTPCの取組紹介 ~ 

 講師: 株式会社NTTPCコミュニケーションズ 営業本部 営業企画部長 中山 幹公氏

企業展示 13:00~17:00 会員企業&協賛企業

閉会の挨拶 17:00 JASIPA理事長 林 義行

日時:

2018年5月25日(金)13: 00~17:00

会場:

大阪産業創造館マーケットプラザ3F

 〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-4-5( Mapはコチラ»

 地下鉄「中央線」、「堺筋線」の「堺筋本町駅」から、徒歩約5分

費用:

 無料

申込み:

以下のURLからお願いします.

 https://www2.ebase-jp.com/support/form/jasipa_kansai/

開催場所は東京の機械振興会館ですが,ITCの方には監査関係の仕事をされている方も多いと思いますので,ご紹介します.

テーマ:

新システム監査制度とシステム監査

概要:

経済産業省は、2004年の改訂後に生じた情報通信技術(ICT)環境と社会システムの大きな変化を踏まえて、システム監査基準およびシステム管理基準を改定しました。

本大会では、この新しいシステム監査制度の改定経緯、特徴、目的、企図等について論じ、今後どのように展開を図り、新しいシステム監査制度を普及、浸透させていくかを考えていきます。

また、本学会 専門監査人部会および研究プロジェクトの成果報告と研究成果(一般公募)の発表を行い、多様なシステム監査の展開について議論をさせていただきたいと思います。

会員および専門家ならびに関係者の厳しく真摯なご批判とご意見をいただければ幸いです。本学会会員ならびにシステム監査、情報セキュリティ、情報ソリューション、リスクマネジメント、BCP/BCMS等に携わっている関係各方面の方々のご参加をお待ちしております。

午前中は「新システム監査制度」をテーマに、経済産業省サイバーセキュリティ対策課長補佐 河本様の基調講演と、制度検討に携わってこられた検討委員会メンバーによるパネルディスカッションを行います。

午後からは例年のように、学会内に設置されている「研究プロジェクトおよび専門監査人部会による1年間の活動報告」と、公募の「研究発表セッション(5テーマ)」を行います。

 各報告および発表内容はWebサイトでご確認ください。(報告要旨・発表要旨も掲載しています)

日時:

2018年6月8日(金)10:00~16:50

会場:

機械振興会館 ホール他および地下3階B3-2 号室(東京都港区芝公園3-5-8)

費用:

会員/ISACA会員 5,000円

非会員 8,000円

懇親会参加費 4,000円

詳細・申込み:

講演要旨:https://www.sysaudit.gr.jp/taikai/2018_32_taikai_yoshi.html
申込み:https://www.sysaudit.gr.jp/taikai/2018_taikai_32.html

ソフトウェア・シンポジウムは,ソフトウェア技術に関わるさまざまな人びと,技術者,研究者,教育者,学生などが一堂に集い,発表や議論を通じて互いの経験や成果を共有することを目的に,毎年全国各地で開催しています.

 

第 38 回目を迎える 2018 年のソフトウェア・シンポジウムでは,この数年間で試みてきた新しい取り組み(チュートリアルや Future Presentation など)をさらに発展させたものにしたいと考えています.このほか,SS2017 に引き続き,論文発表や事例報告と,ワーキンググループで議論を行います.

主催:

ソフトウェア技術者協会

後援(予定):

情報処理推進機構

協賛(予定):

ソフトウェアテスト技術振興協会,IT記者会、アジャイルプロセス協議会、オープンソースソフトウェア協会,情報サービス産業協会,情報処理学会,ソフトウェア・メインテナンス研究会,電子情報通信学会,日本ソフトウェア科学会,組込みシステム技術協会,日本SPIコンソーシアム,日本ファンクションポイントユーザ会,派生開発推進協議会,日本科学技術連盟,組込みソフトウェア管理者・技術者育成研究会,TOPPERSプロジェクト,PMI日本支部,アドバンスト・ビジネス創造協会

日時:

2018年6月6日(水)~2013年6月8日(金)

会場:

かでる2・7

詳細・申込み:

以下のサイトよりお願いします。

http://sea.jp/ss2018/index.html

皆様にはますますご健勝のことと存じます。

SAAJ近畿支部は、1988年3月4日にSAAJ関西支部として発足し、今年は創設30周年の節目の年となります。この節目の年を祝し、システム監査のニューフロンティアを展望するシンポジウムを開催致します。

多数の皆様の参加をお待ちしています!

 

 

~~~ システム監査@ニューフロンティア ~~~

 

 第4次産業革命は、IoT、ビッグデータ、人工知能(AI)、ロボット等の多くの技術的キーワードで表されており、この産業革命の波は、あらゆる産業や社会生活を劇的に変革する可能性を秘めていると言わます。新たなフロンティアにシステム監査はどう適応していくのか。

本イベントでは、システム監査/管理基準の改訂の動向、ICT監査を通じて見えてきたシステム最適化へのヒント、ブロックチェーンを代表とする最新の技術動向に関する講演を頂戴するとともに、次代を担うシステム監査のあり方等について議論します。

 

 

主催:

特定非営利活動法人 日本システム監査人協会 近畿支部

後援:

経済産業省 近畿経済産業局/JSSAシステム監査学会/ISACA 大阪支部/特定非営利活動法人ITコーディネータ協会/JISTA日本ITストラテジスト協会 関西支部/一般財団法人 関西情報センター

日時:

2018年6月30日(水)13:00~17:00 情報交換会17:30~19:30

プログラム:

 詳細は協会ホームページを参照ください)

13:00~13:10 開会挨拶

       来賓挨拶

       近畿経済産業局 地域経済部 次世代産業・情報政策課

13:10~14:00 「新システム監査基準/管理基準のポイント」

       SAAJ副会長 (株)ビジネスソリューション 代表取締役

       松枝憲司 氏

14:05~14:55 「地方自治体のICT監査に求められる役割と課題について」

       大阪市行政委員会事務局 監査部 ICT監査担当課長

       片岡学 氏

15:10~16:00 「ブロックチェーン技術とシステム監査」

       日本情報システムコンサルタント協会 副理事長

       永田淳次 氏

16:05~16:55 パネルディスカッション

       「次代を担うシステム監査のあり方について」

       モデレータ:荒町弘氏

       パネラー:松枝憲司 氏、片岡学 氏、永田淳次 氏、吉田博一 氏

16:50~17:00 閉会挨拶

17:30~19:30 情報交換会

会場:

エル・おおさか(大阪府立労働センター) 6階 大会議室

 大阪市中央区北浜東3-14 TEL:06-6942-0001

 京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m

 京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m

詳細・申込み:

以下のサイトよりお願いします。

https://www.saaj.or.jp/anniv_30th/anniv_kinki_30th_symposium.html

【定員】150名【申込締切】2018月6月23日(土)

お問合せ:

日本システム監査人協会近畿支部

E-mail: 30sympo@saajk.org

※お問い合せは、E-mailのみとさせていただきます。

資格継続ポイント:

シンポジウム終了後、受講証明書を発行します。

※ITコーディネータの方には4時間1ポイント相当が付与されます。