研究会


ITコーディネータ京都では,以下の研究会を開催しています.

1 AIビジネスデザイン研究会

2 介護ソリューション研究会 


「介護ソリューション研究会」

目的

いま介護現場はさまざまな課題を抱えています。それに対しITによる課題解決が期待されています。ですが、介護現場へのIT導入を考える場合、いつも問題となるのが、介護に携わる方々とITで支援しようとする人たちの間のギャップです。介護現場の方々はITのことがよく分からず、逆にIT関係者は介護現場が分からない。そこでコミュニケーションが進まずうまく介護現場にITが入らないということがあるわけです。

 

本研究会では、介護現場にかかわる当事者と、それをIT等で支援する支援者が同じ土俵で話し合い、一緒に課題を洗い出し、課題解決を模索することにより、有効な解決策を生み出していくことを目指します。単なる勉強会ではなく、課題の解決を目的とし、可能であれば、補助金の取得なども視野に入れたいと思います。

 

※新型コロナウイルスへの対応で、現在介護現場は大変ご苦労されているかと思いますが、そこで浮かび上がってきた課題も含め、広く考えていければと思っています。

 

本研究会は、ITコーディネータ京都の会員以外の方もご参加いただけます。

介護現場の当事者、ITでの介護の課題解決等にご関心のある方、ぜひご参加いただければと思います。

以下の申込みフォームよりお申し込みください. 

 

概要

本研究会の特徴

  • 初めからITに限定することなく、広く介護現場の課題を洗い出し、ITを中心としつつも介護全般の改善や変革を視野に入れる。
  • 課題をできるだけ網羅的に洗い出すために、課題の洗い出しと課題解決のフェーズを明確に分ける。
  • 話が錯綜しないように、サービス、教育、人材確保、経営の4つのテーマに分けて議論していく。
  • 施設、在宅、デイケア、グループホームなどの介護事業範囲については、課題の洗い出しのあと必要に応じて絞る(課題の洗い出しは限定せずに行う)。

実施方法

  • 1回3時間ぐらい(上限)。
  • 2,3か月に1回。まずは暫定的ゴールまで全5回(1年前後)。
  • ZOOMでの遠隔実施(新型コロナウイルス対応のため)。
  • ※各回ごとにご参加いただけます。

参加料

  • 無料

予定

  • 1回目:Phase 1 課題の洗い出し (1)

     日時:5月9日(土)13:30~

     ●サービス ●教育

     ※上記の2領域について参加者が自由に発言し、課題を洗い出す。

  • 2回目:Phase 1 課題の洗い出し (2)

     日時:未定

     ●人材確保 ●経営

     ※上記の2領域について参加者が自由に発言し、課題を洗い出す。

  • 3回目:Phase 2 課題解決案の発案 (1)

     日時:未定

     ●サービス ●教育

     ※上記の2領域について参加者が自由に解決案を発案する。

  • 4回目:Phase 2 課題解決案の発案 (2)

     日時:未定

     ●人材確保 ●経営

     ※上記の2領域について参加者が自由に解決案を発案する。

  • 5回目:Phase 2 課題解決案の発案 (2)

     日時:未定

     発案された解決案の中でまず手掛けられそうなものを選択する。

  • ※研究会の進行状況によっては内容を適宜変更する可能性もあります。

申込みフォーム

メモ: * は入力必須項目です

「AIビジネスデザイン研究会」

目的

我が国は、世界に類を見ないスピードで少子高齢社会を迎え、中小企業の人手不足は日を追って厳しくなっています。

また、働き方改革に代表される生産性向上はどの企業においても課題となっており、中小企業の事業環境はますます厳しくなることが予見されます。

一方で、AIの技術的進歩は目を見張るほど早く、中小企業が生き残っていくためには避けては通れない技術となっています。

しかし、現実には

 どのようなAI(技術)を使えばいいの?

 どうやって導入すればいいの?

 どこの会社にお願いしたらいいの?

と中小企業の経営者にはわからないことが満載です。

今後このような課題に向き合うためにもITコーディネータにとってAIは必須の知識とスキルになると思います。

ITC京都としては、学ぶ機会を提供し、中小企業から「AIで何かできないか」といった漠然とした相談にも応えられるAIの知識体系やコンサルティングのフレームワークの構築を目指したいと思います。

 

概要

研究会は、2~3ヶ月毎に開催し、毎回多彩なゲストスピーカーをお呼びして講演をしてもらい、テーマを決めて参加者とディスカッションするインタラクティブな運営を目指していきます。

将来的には分科会も作っていきたいと考えています。

研究会への参加はITC京都会員限定ですが、奮ってご参加をお待ちしています。