ITコーディネータ京都設立

2002年4月27日に我が「ITC京都」は、スタートしました。
京都のITコーディネータが、一同に結集し、我が郷土、京都経済の活性化にITを通して一役かおうというものです。メンバーは、税理士、技術士、診断士、社労士などの資格を有しています。メンバーの平均年齢は43歳です(活力ある仲間です)。間もなく50名の集団になります。

我々はIT(情報技術)に限りない魅力を感じています。これからの企業経営には、ITツールの活用が欠かせません。このツールを有効に使って、「経営革新」を図ろうではありませんか。

 我がITコーディネータ、「ITC京都」はそのためのお手伝い(サポート)をさせていただきたいのです。

 

会社を大きくしたい、低迷する現状の脱却、経営効率化、e-コマースしたい、売れるHPを作成、更新したい、新規事業に乗り出したい、売上倍増を等などお考えの経営者、管理者、幹部候補生の皆様方。どうぞ、ITコーディネータに気軽にお声をおかけ下さい。

初代会長 玉垣 勲

新しいIT経営支援に取り組んでいます

ITコーディネータ資格制度は、通商産業省による国家プロジェクトの一環として2001年に設けられました。

その後、ITによって解決できる領域は、ソーシャルネットワークの普及も含め、いっそうの広がりを見せました。いっぽうで、これまでの仕組みを創造的に破壊しつつ、グローバルな視点で新しいネットワークやシステムをコーディネートするプロフェッショナルの役割はますます大きくなって来ました。

特定非営利活動法人ITコーディネータ京都は、この時代の求めに応じるために、研鑽を積むとともに、新たなIT経営支援の創出に取り組んでいます。

ITコーディネータ京都(ITC京都)は、経営革新や戦略的なIT活用の道案内を行います。 

ITコーディネータ京都(ITC京都)は2002年4月27日に設立されました.

京都や近郊のITコーディネータの有資格者を中心に,税理士,技術士,診断士,社労士など多彩な顔ぶれのメンバーが揃っています.
京都経済の活性化にITを通して一役買おうという思いで,国や公共機関と連携した支援サービス,単独型/連携型の相談・研修・診断等のコンサルティング,経営者やIT技術者向けの研修,研究会活動や執筆活動,メルマガ「経営とITの話」の発行等の活動を行っています.
また随時会員の募集も行っております.


ITC京都をどうぞよろしくお願いします.

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!