平成21年度以降のレポートはこちらをご覧ください

リンクは、こちらをクリック

平成20年度に参画実施したIT経営応援隊事業

本年度は、IT経営応援隊事業を幅広く実施又は運営協力しました。 特に、従来からのITを利用する企業組織のほかに、金融機関連携及びITベンダーとの連携に事業を発展させました。

 

1)IT経営実践研修会4日コース

 

2)IT経営実践研修会2日コース   主催:ITコーディネータ京都    
 従来から開催してきた4日コースに加えて、本年度は中小企業経営層が参加しやすい2日コースを

 独自開発して、実施しました。
 参加者からは、このような経営企画にかかわる研修会は、初めての取り組みのケースも多く新鮮な

 感動を覚えたとのコメントをいただきました。
  開催日時
  ・4日コース:2008年8月23日,30日,9月6日,13日
  ・2日コース:2008年10月18日,19日
 研修会場 : 京都産業会館 研修室

 

3)ITベンダ向け提案力強化研修会   主催:ITコーディネータ京都    
 ユーザ企業が発行するRFP(提案依頼書)を受けて、真に有効な戦略的なITソリューションを提案

 するための研修会を京都地域のIT企業向けに開催しました。
 このような実践的な研修会は開催がほとんどなく、好評でした。
  開催日時:2009年1月17日,27日,31日,2月6日,14日
       全5日、合計30時間
  研修会場:京都産業会館 研修室
 
4)金融機関向け経営者研修会体験コース   主催:ITコーディネータ京都
 京都に本部を置く金融機関の各支店長及び渉外担当職員向けにIT経営応援隊事業経営者研修会の

 ショートカットコースを開催しました。
 地元の中小企業経営者と日頃から対面して事業実態を理解している方々に、IT経営応援隊事業の

 実施内容を理解してもらうことができました。当該事業の有効性を認めて、今後クライアント企

 業等に経営者研修会の紹介をする意向を多くの参加者からいただきました。
  開催日時:2008年9月3日,10日,9月5日,12日  

         3時間×2回 2コース
  研修会場:ハートピア京都 会議室 

5)RFP作成サポート事業     主催:(財)関西情報・産業活性化センター
 IT投資に失敗する多くの場合は、調達するITの要件を明確にできていないことに起因します。

 これを防ぎ、経営業績に直結するITの要件を明確化するために、1社に対して2名のITコーディ

 ネータを派遣して支援する事業を実施しました。
 今回は、京都に本社を置く3社に対して弊NPO所属のITコーディネータを5回にわたって派遣しま

 した。
  実施時期 :2008年11月~2009年1月
  実施企業 :3社   訪問回数:各5回


6)(財)京都市中小企業支援センター主催事業
 (1) IT経営セミナー   2008年10月9日   池坊学園こころホールほか
   IT経営への啓蒙的なセミナーと、併せて個別相談会が開催されました。
   弊NPOは、事業運営への協力とともに、個別相談会では6名のITコーディネータが12社の相談

   に応じました。
 (2) IT経営成熟度診断事業 2008年11月~2009年1月
   希望を寄せる企業がIT経営の実践にスムーズに踏み出せるように、ITコーディネータ2名が

   個別訪問により、ITの利活用計画等の策定を支援する事業を京都に本社をおく企業2社に対し

   て実施しました。
   身の丈に合った使いこなせるITの導入への取り組みが熱心に行われました。


7)京都商工会議所主催事業
 IT経営おうえんセミナー 2008年8月6日   京都商工会議所B1F研修室
 いまや経営戦略の一環として不可欠となったIT活用を取り入れて業務を効率化している

  経営者の事例発表を聞き、ITを経営のどの部分に活用できるのかなどの知識を習得する

  セミナーが開催されました。
 弊NPOから講師及びセミナー終了の個別相談に対応する専門家を派遣しました。
 6社の経営者から熱心な相談をいただきました。


8)京都府商工会連合会主催事業
 (1)経営者研修会4日コース
      2009年1月17日、24日、31日、2月7日  

           6時間×4回  京田辺市商工会館
 (2)経営者研修会2日コース
      2009年1月15日、23日   6時間×2回   南丹市商工会館
 (3)中小企業の21世紀型経営入門セミナー
      2009年1月16日  4時間   京都府木津川市商工会館
      2009年1月23日  4時間   京都府向日市商工会館
 IT経営応援隊事業は、従来から都市部を中心に実施されて来ましたが、郡部での開催が

   ほとんどなく地域間格差が問題になってきつつありました。
 今年度からは京都府商工会連合会との連携により、京都市以外においてもIT経営応援隊

   事業を開催できました。特に、中小企業の21世紀型経営入門セミナーでは、IT経営へ

   の手ほどきだけでなく、動き出したSaaSサービスの一つである「ネットde会計」の演習

   説明も実施しました。

  (4)IT経営成熟度診断事業   2009年1月~2009年2月
 ITコーディネータ2名が個別訪問して、ITの利活用計画等の策定を支援する事業を2社

    に対して実施しました。
 IT経営の考え方に初めて触れ、身の丈に合った使いこなせるITの導入への取り組みが、

    全社を挙げて熱心に行われました。

平成19年度に参画実施したIT経営応援隊事業

IT経営応援隊事業のうち、IT経営成熟度診断事業では、(財)京都市中小企業支援センターに運営協力し、経営者研修会(2種)およびCIO育成研修会事業を主催しました。

1)IT経営に道案内する経営者研修会 主催:ITコーディネータ京都
(1)事業の再構築で、経営業績を向上させたい、(2) 21世紀に対応した最新の経営手法を取り入れたい、(3)オフコン等の古いコンピュータを刷新したい・・・、このような企業を対象に、近年の市場環境の変化に対応して、先ず企業が利益を生み出す仕組みであるビジネスモデルの再検討を行い、その仕組みを有効に機能させるための情報システムはどういうものかを考え、企業にとって真に必要なIT(情報技術)を明らかにして、その利活用企画を策定しました。

開催日時 : 2007年8月25日、9月1日、8日、22日の毎土曜日
 10:00~17:00
 研修会場 : 京都産業会館 研修室 (四条烏丸西入る)
 参 加 者: 8社13名

2)伝統産業経営を改革する経営者研修会 主催:ITコーディネータ京都
(1)新手法により業績向上を目指す、(2)事業の再構築で、再成長を目指す、(3)IT活用で、経営課題を克服する、(4)21世紀対応の経営に衣替えしたい・・・、伝統産業の町・京都で、このような思いを持つ中小企業を対象にして、理論的に付加価値創出の道筋を確立した後に、その仕組みを有効に機能させる自社に最適な情報システムのありかたを考え、ITの活用を企画する実践的な研修会を開催しました。
 開催日時 : 2007年9月29日、10月6日、13日、20日の毎土曜日 10:00~17:00
 研修会場 : 京都産業会館 研修室 (四条烏丸西入る)
 参 加 者: 6社9名

3)CIO育成研修会  主催:ITコーディネータ京都    
中小企業が経営業績に直結するITを導入し活用するために、自社の経営実態を知り、同時に身の丈にあった最適なITを企画・導入することが出来る人材=情報戦略担当役員(CIO)を養成するための研修会です。この研修会では、企業外のCIOとも言える経営とITの両分野に通じた専門家であるITコ-ディネータが、参加企業の経営管理職の方々に対して分かりやすく説明し、実践の道案内をしました。
 開催日時 : 2007年10月27日、11月10日、17日、12月1日
                   毎土曜日 10:00~17:00
 研修会場 : 京都産業会館 研修室 (四条烏丸西入る)
 参 加 者: 8社9名

4)IT経営成熟度診断事業 主催:(財)京都市中小企業支援センター
IT投資の失敗を防ぎ、企業発展に直結するITの導入を手助けするため、IT投資に踏み切ることを検討している企業、または現在の情報システムの置き換えを考えている企業を対象に、IT成熟度を診断し、その企業の新たな戦略に合った業績向上に有効なIT利用計画を、企業側プロジェクトチームとともに、2名のITコーディネータが訪問コンサルティングの中で明らかにしました。
 実施時期 : 2007年12月~2008年1月
 実施企業 : 2社      訪問回数:5回

 

 

 

 

平成18年度に実施したIT経営応援隊事業

IT経営応援隊事業のうち、IT経営革新セミナー及びIT経営成熟度診断事業では、(財)京都市中小企業支援センターに運営協力し、経営者研修会およびCIO育成研修会事業を主催しました。

1)IT経営革新セミナー 主催:(財)京都市中小企業支援センター
ITを使って事業に成功した事例の紹介と、「ちょっと経営の相談」をする会です。
地域中小企業に対して、広く「IT経営」の必要性や効用についての認識を醸成し、中小企業経営者の「気づき」を喚起する目的で、ITを戦略的に活用して成功している企業の取り組み事例として、2社の紹介をしました。京都のベンチャーとして成功した株式公開企業であるサムコ株式会社の辻理社長の基調講演に続いて、京仏壇の株式会社小堀と東大阪市のフジ矢株式会社の事例発表で好評を博しました。
併せて、経営革新やIT活用に悩みを持つ中小企業経営者に、経営とITの両分野にわたる専門家であるITコーディネータが、1時間にわたり個別の相談会を実施しました。
 日時 : 2006年7月4日(火) 13:30~18:00
 会場 : 池坊学園 洗心館地下 こころホール(四条烏丸西入る)

2)IT経営を目指す経営者研修会 主催:ITコーディネータ京都
利益を生む仕組みの作り直しと、ITを使った業績の向上策を企画する研修会です 。
経営やIT活用上で高い問題意識を持つ企業経営者を対象に、企業を取り巻く最新の環境変化に対応した経営戦略の再構築と、それに連動する戦略的なITの活用を企画する実践的な研修会を開催しました。
 開催日時 : 2006年8月5日、12日、19日、9月2日の
                    毎土曜日 10:00~17:00
 研修会場 : 京都産業会館 2階 北教室 (四条烏丸西入る)
 参 加 者: 10社21名

3)IT経営成熟度診断事業 主催:(財)京都市中小企業支援センター
IT投資の失敗を防ぎ、企業発展に直結するITの導入を手助けするため、IT投資に踏み切ることを検討している企業、または現在の情報システムの置き換えを考えている企業を対象に、IT成熟度を診断することによって、その企業の身の丈に合った真に業績向上に有効なITを、企業側プロジェクトチームとともに、2名のITコーディネータが訪問コンサルティングの中で明らかにしました。
 実施時期 : 2006年10月~2007年1月
 実施企業 : 6社      訪問回数:3回
4)CIO育成研修会  主催:ITコーディネータ京都
中小企業が経営業績に直接的に結びつく戦略定なITを導入し活用する場合に、自社の経営実態を知り、同時に身の丈にあった最適なITを企画・導入することが出来る人材=情報戦略担当役員(CIO)を養成するための研修会です。この研修会では、企業外のCIOとも言える経営とITの両分野に通じた専門家であるITコ-ディネータが、参加企業の経営管理職の方々に対して分かりやすく説明し、実践の道案内をしました。
 開催日時 : 2007年1月13日、27日、2月3日、10日の
                    毎土曜日 10:00~17:00
 研修会場 : 京都産業会館 2階 北教室 (四条烏丸西入る)
 参 加 者: 9社26名

 

 

 

 

平成17年度に参画実施した事業

IT経営応援隊事業のうち、事例発表&相談会(IT利活用による経営革新セミナー)及び経営者研修会では、(財)京都市中小企業支援センターに運営協力し、経営者研修会事業およびIT経営成熟度診断事業(2種類)を主催しました。

1) IT利活用による経営革新セミナー    
事例発表&相談会の風景
京都のベンチャービジネスの草分け的存在である堀場雅夫氏の基調講演に続き、ファブレスメーカーとして躍進著しい大阪の(株)フクナガエンジニアリング社長福永政弘氏の講演、次いで酒類販売店としてはネット販売の他特色のある複数店舗を運営する(株)もりもと社長森本章氏の講演でIT経営成功の秘訣を披露しました。参加者数:147名。これに続いて希望企業5社には、個別の経営相談を実施しました。
 
2)経営者研修会
・開催日:10/1、10/8,10/15,10/22,10/29 6時間×5回=30時間
・参加企業:12社23名、インストラクターITC:10名
地元企業の経営管理職層に対して、IT経営企画を策定する実践研修会を開催しました。途中で脱落する企業はなく、作成したIT経営企画書をそのまま実行すると答えた人が9名と、これまで京都地域で実施した研修会の中でもっとも成功したケースでした。
 ※同種の経営者研修会を(財)京都市中小企業支援センター主催で11月にも実施し、こ  ちらは13社16名の経営管理層が参加されました。幣NPOから6名のITコーディネータ  がインストラクターとして出講しました。

3)IT経営成熟度診断事業
この事業では、2名のITコーディネータが対象企業を訪問しておこなう出張形式の実践研修です。受け入れる企業側は、部署横断的な自己診断プロジェクトチームを編成して対応します。企業として組織的な合意が形成され、組織の意識ベクトルが統一されます。
○前期IT経営応援隊事業
     実施時期:2005年11月~2006年1月 参加ITC6名
対象:経営者研修会から2社
  (総合印刷業、プラスチック成型品製造業)、その他1
        社(印刷業)
○後期IT経営応援隊事業
     実施時期:2005年11月~2006年1月 参加ITC6名
対象:経営者研修会から3社
  (プラスチック成型品製造業、精密金属加工業、電子応用製品)
  うち2社は金融機関からの紹介及び公的支援機関の専門家派遣制度を継続して
  利用。

 

 

 

 

平成16年度に参画実施した事業

ITSSP(戦略的情報化投資活性化推進)事業を、(株)京都ソフトアプリケーションとともに実施しました。

1)経営者研修会
京都に本社を置く中小企業12社の経営者層22名を対象に経営戦略および戦略的情報化企画を策定する実践研修会を開催しました。
参加企業:    医薬品卸売業、繊維製品卸売業2社、繊維製品製造業2社、航空貨物業、酒類小売業、貿易・バイオトイレ販売業、印刷業、情報処理サービス業、食品コンサルタント業、知財活用型新事業開発業 当事業に参画し、支援したITコーディネータ数:11名
開催:9月~10月の4回シリーズ    
経営者研修会の風景
 
2)計画書策定コンサルティング
京都の中小企業2社(電気機器製造業、繊維製品卸売業)を対象に、実際にIT化投資へ向けての具体的な実行計画を策定するためのコンサルティングを、経営系およびIT系のITコーディネータ2名がコンビを組み、11月~2006年1月の間で、10回に渡り訪問して実施しました。当年度の特徴は、特にIT経営成熟度診断をコンサルティング冒頭で実施したことです。
当事業に参画し、支援したITコーディネータ数:4名

 

 

 

 

平成15年度に参画実施した事業

ITSSP(戦略的情報化投資活性化推進)事業を、(株)京都ソフトアプリケーションとともに実施しました。

1)経営者研修会
京都に本社を置く中小企業11社の経営者を対象に経営戦略および戦略的情報化企画を策定する実践研修会を開催しました。
当事業に参画し、支援したITコーディネータ数:10名
開催:6月~8月の8回シリーズ

2)計画書策定コンサルティング
京都の中小企業3社を対象に、実際にIT化投資へ向けての具体的な実行計画を策定するためのコンサルティングを、ITコーディネータ2名がコンビを組み、9~10月で4回に渡り訪問して実施しました。
当事業に参画し、支援したITコーディネータ数:6名

3)IT投資コンサルティング
実際に戦略的IT化投資を実行しようとする中小企業および組合2件に対して、経営系とIT系のITコーディネータ2名がコンビを組み、4回に渡るコンサルティングで、ITの調達過程を支援しました。(実施期間:9~10月)
当事業に参画し、支援したITコーディネータ数:4名

4)事例発表会
平成16年2月18日、京都国際会館において平成15年度ITSSP事業において、実際にIT投資を実施または具体的な計画を策定した企業2社の取り組み事例を、約70名の中小企業経営者等に発表するとともに、ITコーディネータを利用することのメリット等についてパネルディスカッションしました。

5)マニュアル作成事業
ITを利活用するための人材育成策および活性化策を研究するプロジェクトを立ち上げて、その成果をマニュアルに作成しました。中小企業が情報化を推進するに当たり、留意すべき点を具体的に示しました。
実施期間:平成16年1~2月  参加ITコーディネータ:5名

 

 

 

 

平成14年度に参画実施した事業

ITSSP(戦略的情報化投資活性化推進)事業を、(株)京都ソフトアプリケーションとともに実施しました。

1)経営戦略責任者(CSO)交流会
京都周辺地域の中小企業経営者・経営戦略担当役員(CSO)10人を対象に経営戦略および戦略的な情報化企画を策定する実践研修会を開催しました。
当事業に参画し、支援したITコーディネータ数:10名
開催日:7月16日、23日、30日、8月6日、20日、27日の6回シリーズ

2)戦略的IT化投資研究会
地元の中小企業3社・組合を対象に、実際にIT化投資をするためのコンサルティングをITコーディネータが6回に渡り訪問して実施しました。
当事業に参画し、支援したITコーディネータ数:4名

3)IT化事例発表会
戦略的IT化投資研究会の成果を受けて、地域の中小企業経営者等に対して、取り組んだ内容や結果を事例として発表しました。
a.基調講演  日経BP社雑誌「日経IT21」編集長 桔梗原富雄氏
b.IT化推進事例企業3社のコンサルティング結果の発表
c.パネル・ディスカッション

4)ASP利用IT化推進研究会
中小企業がIT化を推進する際の有力なソリューションの一つと言われるASP(アプリケーション・サービスプロバイダ)を上手に活用するためのマニュアルを、研究会を組織して策定しました。当時、ASPの解説書はありましたが、中小企業が実際に導入する際の具体的な手解きをするマニュアルが無く、非常に歓迎されました。
研究メンバー:京都市、ITベンダ3社、企業経営者1人、ITコーディネータ5人

5)ITC交流会
平成14年度に実施したITSSP事業の結果を受けて、京都地域のITコーディネータが発表および討論することにより、知識技能をブラッシュアップすると共にノウハウとして共有するための会議を開催しました。
開催日:9月3日、平成15年1月14日の2回

 

 

 

 

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!