錬金術/恩村 政雄

古代・中世のヨーロッパでは、王様から民まで全財産を
投げうって卑金属を黄金に変える錬金術をマスターするこ
とに熱中し一攫千金を夢見たが……。
 古代・中世のヨーロッパで実らなかったノウハウが日本
で今花開いた。
 曰く:店頭売れ残り牛乳を回収し、消費期限を書き換え
    再販売。
 曰く:鹿児島黒豚の販売量は出荷量よりもはるかに多い。
 曰く:輸入牛肉に国産牛肉のラベルを張り替え。
 曰く:狂牛病対策で政府買い上げ肉の中に、対象外の輸
    入牛肉を混ぜる。
 曰く:×××、
 古代・中世のヨーロッパの王様や民は黄泉の国から、名
も知らぬ国が自分達が果たせなかった錬金術のノウハウを
みて、その手があったのかと「ほぞ」を噛んでいるところ
に、日本の錬金術師達が続々と閻魔様の前に駆け込んでき
た。
 何事かと聞いてみると、日本の民衆に袋だたきにされ、
会社は倒産、事業は縮小、本人も懲戒解雇、近所では村八
分、等々娑婆にいられず閻魔様に助けを求めてやってきた
とか。

 10年以上続く不況に加え、デフレ傾向が一段と強まり
経営環境は厳しさの連続で、乾いた雑巾をまだ絞り続けな
ければならないほどである。
 経営者や会社幹部の苦衷はよく理解(?)できるが、逆
にモラルハザード(企業倫理)が今ほど厳しく要求される
時代はないかも知れない。
 武士は食わねど高楊枝、の心イキである。
 功なり名を遂げた先人は己の弱さを補うために、常に
「軍師や相談役」を傍におき、時宜適切な助言を受け、身
を正していた。
 今日の成長している企業には必ずといっていいほど、ソ
ニーの盛田、松下電器の高橋等の識見の高い人がいて社長
を補佐している。

 税理士、会計士、社労士、技術士、診断士、ITコーデ
ィネータ等の士(さむらい)職業の本質は「「軍師や相談
役」的仕事と断じても過言ではない。
 士が関与している企業がモラルハザードを高め、経営の
羅針盤を誤らないように、適切なアドバイス、時には叱咤
激励が強く求められている。


■執筆者プロフィール

  恩村 政雄(おんむら まさお)

 長州萩の産、トラトラトラ(真珠湾攻撃)年の生まれ。
 10年前に安楽寺の法主(ホッス)さんから、
珍しくはないけど珍しい名前ですね、と言われました。
(京都市・府にはこの姓は自分だけかな?)
 明治維新前夜に郷土の先人が、京(みやこ)を暗闘に
巻き込み、かつ戦場にしたこと、後人として陳謝いたします。

 A電器メーカー勤務時の全国行脚のドブ板営業と、
全社基幹情報システム構築の数々のプロジェクトで蓄えた
ノウハウと必要に迫られ取得した資格を活かし、京都圏活
性化にお役立ちしたいと念じています。
何なりと言ってください。腰は軽いと自負しています。

 今は、O・B・C・C(Onmura ビジネス クリエーティブ 
コンサルタンツ)を主宰しています
Eメール :obcc.onmura@nifty.com

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!