オンリーワン経営を目指して  ~知らなきやー、使わなきゃー損々ITツール~ / 玉垣 勲

・時代背景
 私は経済の成熟度は、人口の年齢構成によって決まると思ってます。こ
れからの日本は超高齢化社会に突入します。この成熟された経済社会は、
「ものあまり、ユーザー優位」の社会です。このような新しい時代、環境
下でどんな企業が生き残れるのでしょうか。

・オンリーワンの経営
 そんな経済社会で生き残れる企業とは。 その条件の一つが、「オンリ
ーワン経営」を目指しているかどうかにあります。どんな企業にも強み、
弱みがありますが、強みを生かす経営を果敢に実践することで、オンリー
ワン経営の道が開けます。

・経営革新
 生き残る第二の条件は、いかに「経営革新」を図るかにかかっています。
時代、環境は大きく変わりました。過去の成功体験は将来には通用しませ
ん。改めて経営・業務全般の総点検してはいかがでしょうか。将来を見据
えての経営改革、業務改革がいま求められています。 

・人財の活用
 生き残りの第三の条件は、人財の活用にあります。リストラが盛んです。
リストラ=人減らしと矮小化されています。リストラの本来の意味は「事
業の再構築」です。ヒトを生かし(全員経営)、職場を活性化する中でリ
ストラを推進すべきです。果たして、現有のヒトを生かした経営を行って
いるでしょか。ヒトの能力は無限です。現有勢力の潜在能力の顕在化にも
っともっと知恵を働かしたいものです。

・ITツールの効能
 オンリーワン経営、経営革新、人財の活用のために、威力を発揮するの
がITツールです。情報革命の進展の中、企業規模の大小を問わずITツ
ール活用が不可欠となってもいます。ささやかなIT機器の導入から部門
ごと、全部門のシステム再構築まで企業のIT化は様々ですが、スケール
の如何を問わずITに関するリテラシー(コンピュータを扱う能力)向上
が、ヒトの潜在能力を引き出し、企業の活力を醸成し、オンリーワン経営
の推進に繋がっていきます。
 
・ITコーディネータの活用
 企業経営は「選択と集中」が重要なテーマとなっています。自企業の強
みを生かし、オンリーワン経営遂行のためのIT化推進上、既存の企業内
部の経営資源の活用にとどまらず、外部の専門家の活用が有効です。IT
コーディネータは「ITツールを経営に生かす手法に長けた専門家」です。
どうか、新しい時代、環境下で生き残りをかけた「真のリストラ」遂行に
ITコーディネータ、ITC京都に気軽にご相談、ご利用下さい。


■執筆者プロフィール

玉垣 勲
60歳(血液型・A型)星座・天秤座)
サラリーマン35年(信用金庫)後、自営へ転進、
人生後半が人生本番とはりきっています。
会社員時代の職務経験・人脈、過去に取得の資格を生かして、
地域社会、地元企業、ご家庭のIT化に尽力します。
http://kigaru.gaiax.com/home/isa3915963

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!