変化のキーワードはこれだ/安田 徹

・バブルがはじけて長い不況が続いていますが、これは景気の波による不況では
ありません。経済環境が大きく急激に変化した為、うまく対応が出来ない状況が
続いているのです。
・原因は、政官の古い、硬直した体質がもたらしたとも云えますが、小泉さんに
期待するだけではなく、企業は自らこの状況を打開するしかありません。
・もとより、市場経済社会においては、企業は変化対応業でなければならないの
です。しかし、これからどのように変化するかを考えるためには、いくつかのキ
ーワードを見つけ出し、そこから変化を予測することがよい方法ではないでしょ
うか。
(私の考えるキーワードは3つです。)
・グローバル化
これは、2つの問題を提起しましょう。1つは中国です。低価格での生産能力だ
けではなく、その消費力を含め世界経済全体に及ぼす影響力の大きさです。どん
どん経済開放が進み、12とも13億ともいわれる人口が全員参加してきた場合、
日本はどのように中国と関わるのかということです。もう1つは、欧米グローバ
ルスタンダードが土足で乗り込んでくる問題です。欧米と比較して、日本独自の
商慣習や取引形態、価格設定をしている業界は、やがて、乗り込まれて変化・追
従を余儀なくされる可能性が大きいということです。
・少子高齢化
現在の人口構成から、近い将来の人口構成を予測することは簡単です。いま25
歳ぐらいの人口と5歳ぐらいの人口は、約2対1です。また、戦後生まれの団塊
の世代は55,6歳になっています。このことから、向こう20年間ぐらいは少
子高齢化が急速に進むということです。その後は、人口が急激に減り続けるとい
うことです。少子化が進めば学校はもとより、婚礼件数、住宅需要等々減少する
ものは数多くあります。また、高齢化が進めば、単に高齢者という1分類ではす
まないことになり、新たな需要が発生するでしょう。介護も保険制度の変化にと
どまらず、流動的なものとなるでしょう。
・IT化
近い将来にやってくるユビキタス社会に向かって、いまどのような姿勢でいるか
が問題です。この部分では、いずれ他のITCが詳しく述べるでしょう。なって
から考えるでは遅いですよ、とだけ言っておきましょう。


■執筆者プロフィール

安田 徹
税理士・中小企業診断士
yasuda@tkcnf.or.jp

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!