ITCは経営とITの橋渡し/洲崎章弘

このメールはITC京都が発行していますが、ITコーディネータ(ITC)
になるには、試験に合格することと15日間の研修を受けることが必要です。研
修はある企業にITCとして入り、経営革新を進めていくという想定のケースで
演習します。ある中堅・中小企業の社長が、「5年で売り上げ倍増」といったよ
うな目標を掲げ、それを実現するために経営革新の戦略企画書や情報企画書を作
成し、システムの導入を図るという筋書きです。「5年で売上倍増」するには今
までの延長線上の発想、解決策では実現するのは難しいので、ITCという外部
の力を借りて経営革新をします。

 ITCはこの研修を受けてITCの標準的なプロセス(解決手法)を身に着け
ます。この研修により身に着けた標準手法をそのまま使うのではなく、実際の仕
事では、各会社にあったようにそれをアレンジしたり、自分独自の方法を付加し
たりして、コーディネートを行います。

 ITCプロセスで強調されていることに1つに顧客満足があります。お客さん
が満足してくれないと売り上げも上がりません。お客さんに満足してもらうため
には、何をすればよいかという視点で考えます。そのためには、社内の業務プロ
セスを変えることも必要でしょうし、人材の育成も必要でしょう。そして、顧客
満足を実現するための1つとしてIT活用を考えます。ITCはこの視点を持っ
て、経営とITの橋渡しを行っています。


■執筆者プロフィール

洲崎章弘(すざき あきひろ)
洲崎鋳工株式会社 取締役
中小企業診断士、ITコーディネータ、ITCインストラクタ
http://www.suzaki.co.jp

ハードディスク完全消去ソフト「ピーマン」、CD-ROM駆動ファイルサーバー「だ
いこん」などの野菜ソフトシリーズを開発販売している「有限会社キララ21」
の取締役を兼務。
http://vegetable.21jp.com

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Arica Ocegueda (水曜日, 01 2月 2017 02:37)


    I'm really enjoying the design and layout of your website. It's a very easy on the eyes which makes it much more pleasant for me to come here and visit more often. Did you hire out a developer to create your theme? Great work!

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!