企業文化/成岡 秀夫


  最近、会社を変わって、また、「企業文化」ということを強く感じることがあ
った。移籍した会社は、比較的平均年齢が若いこともあって、デジタル技術への
対応には全く違和感がない。しかし、よくよく見ると、そんなに難しいマネジメ
ントを日常行っているのではないことに気が付いた。コミュニケーションのツー
ルは、ほとんどメールとOUTLOOKの予定表のみである。ただ、このメールの使い方
が、生半可ではなく、上から下まで徹底している。とにかく、何か新しい案件が
持ち上がったり、プロジェクトが始まったりしたら、まず、社内で「メーリング
リスト(以下MLと略する)」が立ち上がる。参加メンバーは、挙手の自主参加も
あれば、業務命令による強制参加もある。しかしながら、どのような形態にせよ、
プロジェクトリーダーがメンバーを募り、リーダーがメンバーのアドレスをMLに
登録要請する。要請を受けたシステム管理者は、すぐにMLを立ち上げる。社員40
名、パート、アルバイト、派遣社員入れて総勢80名くらいの会社で、MLが20グル
ープほどあり、1日にものすごい量のメールが飛び交う。もちろん、パート、アル
バイト、派遣社員にもアドレスが割り振られる。
連休の3日間、パソコンを開かなかったら、休日3日間でも山のごとくメールが溜
まっていた。連絡事項はもとより、届出の書類、討議や議論、営業からの顧客情
報、商品開発からの進捗状況、経営トップからのメッセージ、その他何でもあり
である。情報セキュリティという面では、いささか問題がないでもないが、情報
の漏洩より、情報共有のスピードを重要視している。うっかりすると、非常に重
要なものを見落としてしまうくらい、沢山のメールが飛び交う。また、投げかけ
にはすぐに反応するのが決まりである。黙っていると、反応がないのは「肯定」
でも「否定」でもないから、「AGREE」か「AGREEでない」か、あるいは代案があ
るのかないのかは、すぐに意思表示をしなければならない。「無反応」はメンバ
ーから「無視」されることである。
もちろん、自宅にパソコンを持って帰るし、休日にもメールが飛び交う。ここま
で徹底すると、中途半端なグループウエアなどより、はるかに効率的、かつ、効
果的である。もっとも、京都と東京に事業所が分散していたり、東京のオフィス
も、同じビルの異なるフロアーに入居していたり、固有の事情はあるが、それを
割り引いても、ここまでやるか?という徹底振りである。初めは、正直戸惑った
感じは否めなかった。すぐそこにいる人にまでメールを送るのは、いささか気が
引けたが、やってみると、そんなに違和感はない。そこには、長い時間をかけて
積み上げてきた暗黙の了解や規範があって、トップから末端まで、例外なくそれ
を実行するという「文化」が存在する。
このような方法が「企業文化」といえるまでに成熟するには、相当時間がかかっ
たはずである。意識改革もしかり。環境整備もしかり。社内の床には、LANを接
続するHUBと電源のターミナルがごろごろ転がっている。会議には全員パソコン
持参で、電源コードとLANケーブルを持ち歩く。遅く来るとデスクに座れない者
は、膝にパソコンを抱いての参加となる。会議には必ず書記を決めて、その場で
会議のレジメの下にどんどんテキストで議事録を打っていき、それをプロジェク
ターで正面に映写しながら、確認していく。営業の数字の報告も、その場で共有
フォルダーのデータを更新する。会議が終わると、すぐに議事録はサーバの共有
フォルダーにアップされ、全員で共有される。かつ、参加しなかった者にも、議
事録は共有される。この調子で、会議であろうと、プロジェクトであろうと、営
業の提案であろうと、商品開発からのメッセージであろうと、どんどんメールは
流れて、どんどんファイルは更新かつ共有されていく。これに、タイムリーに乗
っからないと、メールを「読むだけで無視」するROMメンバーは意見がないもの
として、「蚊帳の外」に自動的に置かれていくという、自然淘汰の法則が存在す
る。
情報の共有とは、何も、グループウエアを導入することだけではなく、このよう
に、簡単な情報インフラをいかに有効に、かつ、スピード感を持って活用してい
くかが、非常に重要であることを、いまさらながら思い知らされた。
ITとは、言い古されたことではあるが、所詮「道具」であり「ツール」である。
使ってなんぼの世界である。結果に結びつけるか、出来ないかは、ひとえにトッ
プの決意と実行にかかっている。そして、なかなか出来ないことではあるが、そ
れが「文化」と認知されるようになるまで、徹底することである。


■執筆者プロフィール

 成岡秀夫
1952年生まれ。1974年大学卒業後、化学繊維メーカーで新規化学繊維の製造開発
に従事後、1984年から同朋舎出版取締役、図書印刷同朋舎取締役。2003年株式会
社シンカに移籍。
中小企業診断士。上級システムアドミニストレータ。ITコーディネータ。
生まれる前からの生粋の阪神ファン。今年はチャンスと燃えている。
Email hnaruoka@mbox.kyoto-inet.or.jp

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!