変わるもの、変わらないもの /中川 秀夫

  情報は、日々刻々と変化し、それを受け止める人間のほうは変化しない普通、
このように思われがちだ。しかし、実は逆である。「万物は流転する」という言
葉があるように、人間は寝ている間も含めて成長なり老化なり、変化し続けてい
る。つまり、寝る前の「私」と起きた後の「私」は別人なのだ。だが、朝起きる
たびに生まれ変わった、という実感はない。
 これは脳の働きによるもので、脳の中で毎日「自己同一性」を追求するという
作業が行われ、「私は私」と思い込まされているからだ。毎朝別人になっていて
は、社会生活は営めない。
  一方、「万物は流転する」という言葉自体は一言一句変わらず現代にまで残っ
ている。つまり、言葉という”情報”は永遠に変わらないのだ。
 現代は情報化社会だといわれるが、これは言い換えれば「意識中心社会」のこ
とだ。意識中心とは、実際には日々変化している自分自身が、情報と化している
状態を指す。意識は自己同一性を追求し、「昨日の私と今日の私は同じ」と言い
続ける。このように、自分を情報だと規定することから”近代的個人”が生まれ
た。つまり、本当は絶えず変化しているのに、脳が「私は私」と同一性を主張す
ることで、自分自身が不変の情報と化してしまう。その結果、人は”個性”を主
張するようになったのだ。自分には変わらない特性がある、と。
  しかし、昔の人はそういうバカな思い込みをしなかった。なぜなら、個性その
ものが変化してしまうことを知っていたからだ。例えば、『平家物語』の「祇園
精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」という冒頭部分。物理学的には、鐘の音は
いつも同じように響く。しかし、その時々で違って聞こえるのは、それを聞く人
間が常に変化しているからだ。それが、いつの間にか、変わるものと変わらない
ものとが逆転し、多くの人はそれに気づかないでいる。こうした中で、知るとい
うことの意味や捉え方も違ってきている。
  昔の人は、知る、学ぶということは、自分が変わり、世界が変わることだと思
っていた。変化するものが逆転した結果、「約束」に対する感覚も変わってきた。
人間は変わるが言葉は変わらない社会では、「約束」は絶対の存在であり、最も
大事なルールだった。だが最近では、約束というものが軽くなってしまった。だ
から、政治家は公約を破っても何とも思っていない。国民も、公約はすぐに変わ
るものだ、と承知している。
  これは、情報が変化する、という勘違いから生まれた最たる例だ。
 
出典: バカの壁 ( 養老孟司 著 )。


■執筆者プロフィール

中川 秀夫(なかがわ ひでお)
税理士、ITコーディネーター、
1級ファイナンシャルプランニング技能士、不動産コンサルティング技能者
IT投資に関する支援を新機軸に経営計画、
建設投資、不動産に関する業務サポートを展開中。
お問合せ先:naka.h@dream.com

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!