パフォーマンス・マネジメント/洲崎 章弘

こんにちは、ITC京都の洲崎章弘です。私は、ITCとしての活動と同時に
中小企業の経営者として日々あれこれ悩んでいることもあります。経営者のみな
さんと同じ目線でいろいろと考えたこと、感じたことなどをご紹介していきたい
と思っておりますので、よろしくお願いします。

 パフォーマンス・マネジメントという言葉を聞かれたことがありますか?

 人は仕事や人間関係がうまくいかないとき、その原因を他人や自分の能力、や
る気や適正のせいにして、問題解決のためのアクションをとらないことが多くあ
ります。このように個人のせいにしてしまうことを「個人攻撃の罠」というそう
です。逆に、このようなときに科学的に解決しようというのが、パフォーマンス
・マネジメントの考え方です。

 今日は、『パフォーマンス・マネジメント』-問題解決のための行動分析学-
(島宗理著)をご紹介させていただきたいと思います。この本のはじめに、「行
動の科学はここまで進んでいる。勘や経験に頼らなくても、あるいは運まかせに
しなくても、我々は自分たちの行動を科学的にマネジメントできる。社会や組織
や個人の、様々な問題を解決していける。能力がないとか、資質がないとか、他
人や自分を責めなくてもいい。」とあります。

 経営者や管理職は社員や部下に仕事を指示する場面が多いと思います。仕事を
依頼したときに、こちらが思っている通りに仕事をしてくれないことがあります。
頼まれた人はやる気がないわけでもなく、能力がないわけでもない。初歩的な例
であれば、依頼するときに漫然と口頭でするのではなく、注意事項をチェックリ
ストを使って説明し、仕事の完了時にそのリストを使ってチェックしてもらう方
法があります。チェックリストを使うことにより、依頼された人は仕事が完了し
たことがはっきりとするのでほっとしますし、依頼した人にそのリストでチェッ
クしてもらうことにより、ほめられます。このようにチェックリストと使って、
うまく仕事が進むようになると、その行動は強化され繰り返されます。これを
「強化の原理」といいます。

 逆に「個人攻撃の罠」にはまると、部下のやる気や態度などに執着してしまい
ます。しかし、そのどちらも上司には手の届くところにはありません。この例の
ようにチェックリストを使うことなら誰にでもできます。「個人攻撃の罠」には
まらずに自分ができることをしていこうというのが「パフォーマンス・マネジメ
ント」の考え方です。勘や経験だけに頼らずに、公開されている研究成果を使っ
て、科学的に対処していこうということです。

 この本には上記の他にも日常にありそうな例をたくさん挙げて、「パフォーマ
ンス・マネジメント」の原理を説明してあります。問題が起こったときに、他人
や自分のせいにせずに、「パフォーマンス・マネジメント」を利用して問題解決
に当たれば、ストレスも減るのではないでしょうか。私はもともと理系で、文系
のことはなんとなくあいまいだと持っていましたが、この本を読んで、心理学や
社会科学に興味を持ち、人間の行動も科学的に考えていくことが大切だと強く感
じました。


■執筆者プロフィール

洲崎章弘(すざき あきひろ)
洲崎鋳工株式会社 取締役 http://www.suzaki.co.jp
中小企業診断士、ITコーディネータ、ITCインストラクタ
 新しいことに挑戦するのが好きで、自社の経営に加えて、「京都試作ネット」
の運営や「有限会社キララ21」の経営に参画している。
 「京都試作ネット」は、京都の製造業10社が集まり、試作に特化して、企業
にソリューション提供サービスをしているグループ。http://kyoto-shisak.com
「有限会社キララ21」は、ハードディスク完全消去ソフト「ピーマン」、CD
ーROM駆動ファイルサーバー「だいこん」などの野菜ソフトシリーズを開発販
売している。http://www.kirala21.com

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!