PMOについて/西田 則夫

IT業界に20数年、身をおいている私ですが、ここ数年は開発手法よりもプ
ロジェクトマネージメントに注目があつまっているように思います。SIベンダ
では、トラブルが頻発し、業績への影響が少なからずでる要因として「プロジェ
クトマネジメントの不足」があげられています。従来の、製造業から受け継いだ
品質管理手法では、まったく同じものが二つとない、プロジェクト的な業務の改
善は難しいといえます。

 米国のプロジェクトマネジメント研究機関(PMI)が認定する資格制度のP
MPを取得する企業が多くなっていますが、人数だけ増やしてもトラブルが減る
わけではありません。トラブルはSIベンダにとって、経営に影響を与えるもの
ですが、ユーザーにとっても、IT投資はシステムを作ることが目的ではなく、
ビジネスにいかに貢献できるかが経営者から問われています。

 そのような現状で、大手SI各社は、プロジェクトを横断的にみる組織や、既
存の品質管理部門などの役割を広げて、PMO(プロジェクトマネジメントオフ
ィス)なるものを設置しています。

 PMOとはなにをするのかというと、
1.プロジェクトの選別
 各プロジェクトについてプライオリティをつけて、社内、協力会社等のリソー
 スの利用効率を最適化する。
2.リソースの配分と調整
 プロジェクトマネージャーのアサイン、プロジェクト間のリソースの調整、お
 よび計画変更時のリソースの確保をする。
3.プロジェクトマネジメントの標準化
 マネジメントとの実施手順やドキュメントの作成基準を作成し、維持、普及し
 ていき、それを運用できる人材の育成を行う。
4.実施のための最適化
 進捗報告作成などの事務処理や、PCやツールの作業環境整備、ミーティング
 の運営を行う。
 また、プロジェクトのリスクを評価したり、全社的なリスク対策を策定したり
 する。

上記のような機能を支援するツールも提供されてきており、プロジェクトの成功
をビジネスの成功につなげるべく、PMOの重要性が大きくなっていく傾向にあ
ります。 


■執筆者プロフィール

西田 則夫(Nishida Norio)
情報処理プロジェクトマネージャー、ITコーディネータ
マネジメントの経験を顧客満足の向上に役立てたいと思います。
Norio_Nishida@cii.csk.co.jp

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!