経営品質向上のためのデザイン・レビューについて/柏原 秀明

1.はじめに

 近年、様々な分野での新製品開発では、その性能・機能が高度化・複雑化して
いる。これに伴って顧客の要求する品質や特性も多様化してきている。したがっ
て、価格、納期、開発・運用費用、操作性、構造、機能、安全性、信頼性、保全
性等を総合的な観点から検討し、開発計画を立案・実行することが強く求められ
ている。
 製品品質は、その構想・概念設計・基本設計段階にて決定されるといっても過
言ではない。したがって、"製品のライフサイクル"を意識し、設計の初期の段階
から多様な観点と幅広い視野の専門知識を活用し、事前に評価・改善をおこない
設計に反映させ、製造段階に移行しなければならない。このように設計時点での
評価結果を総合して設計品質の客観的な確認を"組織的におこなうこと"が、結果
として後工程の短縮・品質向上およびコスト低減等につながる近道である。この
"組織的におこなうこと"を"デザイン・レビュー(DR:Design Review)"とい
う。ここでは、この "デザイン・レビュー"について説明する。言い換えれば、
製造業における経営品質向上の成功要因の1つは、この"デザイン・レビュー"を
確実に実践することと言っても過言ではない。

2.デザイン・レビューとは

 デザイン・レビュー(DR)とは、「開発するシステムの設計品質、および、
それを具現化するために計画された企画・分析・設計・制作・テスト・運用・保
全などの各プロセスについて、客観的に知識を収集し評価をおこない、改善点を
提案し、次段階に進むことができる状態にあることを確認する組織的活動の体
系」と位置づけられている。

2.1.DRのポイント
 DR実施時の一般的な留意点には、次のものがある。
(1)委員長
 委員長は、決断力があり技術知識が豊富で設計の経験があることが望ましい。
 ただし、特定の分野の知識に詳しくその分野に関して熱心に議論する傾向の人
 は好ましくない。
(2)客観性の保証
 レビューチームの編成は、DRの対象システム・製品の設計担当者以外の技術
 部門・関連部門のメンバーで編成し、その設計に対して客観的なレビューがお
 こなえることを保証しなければならない。
(3)準備
 DRを効果的に行うには、実施時間の3~5倍の時間をかけて資料作成をおこ
 なうことが望ましい。また、添付する仕様書や信頼性のある各種のデータ情報
 を、事前に各部門より提出させておくことが大切である。
(4)資料配布
 DR用の資料及びスケジュール表は、開催日の数日前迄にはメンバーに配布
 し、十分に検討・質問準備をし、DRの会議に出席できるようにしなければい
 けない。そうでなければ、多くの場合、検討漏れが発覚し、会議が進行するに
 つれて矛盾が発生し進行困難に陥ることになる。
(5)会議への参加
 メンバーは、配布されたDR資料を十分に検討し会議に参加すること。会議中
 は電話等の外乱により進行を妨害することのないよう関係者に通知しておくこ
 と。
(6)会議での意見反映
 出席するべきメンバーが、そのDR会議に出席できない場合、代替のメンバー
 に自分の意見を十分伝えて、質問を受けても答えられるようにしておくこと。
 もし、そのようなことが無理であるなら、DR会議を中止するべきである。
(7)会議開催時間
 1回のDRの実施時間は、最大5時間程度である。それ以上は、体力的に困難
 である。
(8)会議室の環境
  室内の換気がよく効いており、空気がタバコの煙等で汚染されないこと。特に
 非喫煙者には配慮が必要である。また、室内温度・湿度が適温範囲内であるこ
 と。
(9)議事録
 大規模システム設計時や高度な新製品企画・開発のDRにおいては、その議事
 録を吟味・整理し、管理することが大切である。したがって、議事録作成者
 は、若い新人を当てるということは好ましくない。内容を良く理解している者
 が、作成、整理、管理をするのが望ましい。

2.2.DRの効果
 一般に、DRの定量的効果は確定されていない。しかし、DRを実施すること
 により、確実に各部門の担当者の精神状態は改善される。

3.評価について

 さて、DRを実施する場合、特に評価が重要である。1つのシステムや製品を
作る場合にそのものの目標を明確にしなければいけない。そうでなければ、その
システムや製品ができあがった場合、関係者が期待していたものとほど遠いいも
のができあがってしまう。これは大問題である。ここでは、簡単に次の4つの評
価について述べる。
これらの評価は、表記が異なっているだけではなくて、それぞれの段階での評価
目標も異なることに注意されたい。

(1)事前評価  目標設定、企画・計画を立案する段階での評価である。
(2)中間評価  研究・開発・設計・製作時に途中段階で実施される評価であ
         る。
(3)直後・事後評価
   事前評価にて決定された目標に基づいて、システムや製品が達成された段
   階での評価である。
(4)追跡評価
   システムや製品が完成した後、それらが利用されはじめてかなり長期間に
   わたってその成果を追跡・評価し続けることである。

4.おわりに

 ここでは、デザイン・レビューについて簡単に述べた。高機能な製品開発を誤
りなく進めていくためには、このDRの考え方を取り入れて、評価(Evaluation)
を楽しく厳密に実践できる仕組み作りと、継続的に運用することが大切である。
特に、"製品ライフサイクル"の上流である企画・研究・開発・設計段階でのそれ
が重要である。いまや、ISO 9000シリーズやISO 14000に見られるように、国際
的な見地から製品の品質保証や環境管理が要求されている。また、事前評価にお
ける目標設定は、"新製品の付加価値"を目標として設定する段階である。この目
標設定は、人が努力をして"アイデアを創出"することなしには実現できない大切
な段階であることに留意されたい。

[参考文献]
1)市田、牧野、デザインレビュー、日科技連1983
2)渡辺、三浦、システムと評価、共立出版


■執筆者プロフィール

柏原 秀明(Hideaki KASHIHARA)
技術士(情報工学・総合技術監理部門)・ITコーディネータ
ISO-9000審査員補、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)審査員
公認システム監査人補
E-mail : kasihara@mbox.kyoto-inet.or.jp

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!