売掛債権の管理と情報化/小林由香

☆企業を取り巻く環境

 明るい色が流行し、景気に少し回復の兆しが見え始めたとは言うものの、中小
企業を取り巻く環境は、依然厳しい状況を呈していると言わざるを得ず、ことに
売掛債権の回収に至っては、回収期間の遅延、それに伴う債権残高の増加、支払
条件の変更、そして不良債権化という状況が多かれ少なかれ見受けられます。
 売掛債権の不良債権化は、経営規模の比較的小さい中小企業に資金繰りの悪化
を招き、事業存続の危機をも招く可能性があります。
 被害を極力なくすためにはどうすればよいでしょうか。以下に、その確認事項
を列挙してみましょう。

☆商取引開始前における確認事項

1)商業登記簿謄本・不動産登記簿謄本などを入手したり、信用調査機関を利用し
 たりして取引先の事前の信用調査を行う。と、同時に与信枠の設定を行う。
2)契約書を作成することにより、取引条件を明確にする。
3)事前調査の内容に不安があったり、取引条件に納得がいかなかったりする場合
 は、取引を行わないということも選択肢の中に入れておく。

☆商取引開始後における確認事項

1)売掛債権が、与信枠を超えていないか、管理を行う。
2)与信枠の範囲を超えていない場合でも、売掛債権が急増した場合は、注意を払
 う。
3)回収状況を常に把握し、早期の回収が出来るよう心がける。
4)取引先から、支払条件の変更(決済日が遅れる、手形の割合が増加するなど)
 の申し出があった場合は、相手方に理由を確認し、契約を見直す必要がある。
5)場合によっては、取引先から、仕入れたりすることにより、売掛債権と買掛債
 権を両建てすることにより最悪の場合の被害を小さくする。
6)売掛債権の消滅時効期間は2年である。このことにも留意が必要である。
 (売掛債権の時効は、原則、債権の発生日と弁済期日の遅い日の翌日から進行
 する。)
7)常時、得意先と接触したり、得意先周辺の信用情報等の入手に努めたりするこ
 とにより、早期に倒産の前兆を把握できるようにする。

 取引先の倒産は、突然やってきます。被害を出来るだけなくすために日ごろか
らの管理が非常に重要となります。

☆情報技術の活用

 上記の事項を実行するためには、タイムリーな会計帳簿(売掛帳などの債権管
理帳票)の作成や、販売管理システムの構築が必要なことは、言うまでもありま
せん。
 タイムリーな会計帳簿の作成には、財務管理システムの導入が考えられます。
 毎日、取引先の売掛金残高を確認することが出来、回収期間の延びや、異常な
取引の把握が簡単にできるようになります。請求ミスを減らし、請求書の発行を
早く行えるようにもなります。
 また、財務管理システムと連動した顧客管理システムを導入し、社内で共有す
ることにより、信用情報や過去の取引状況などを、必要な人が必要なときに調べ
ることができ、そこへ新しい情報もどんどん追加していけるようになります。
 顧客管理システムの導入は、売掛債権の管理のみにとどまらず、過去の取引を
分析することにより、商品別・顧客別の売上を分析し、取引先のニーズを把握し
たり、新たな提案のヒントを発見したりすることにより、顧客満足度の向上や、
ひいては売上の拡大に貢献できる可能性があります。


■執筆者プロフィール

小林由香(Kobayashi Yuka)
小林税理士事務所 所長
税理士、ITコーディネータ、AFP
「お客様の発展のため、最大限の努力をいたします。」が信条。

 

 

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!