Webサービスとは/大塚 邦雄

 先日、N社が実施した「IT化の悩み」アンケート結果の記事がありましたの
で、ご覧になった方も多いと思います。
 アンケートでは、経営計画段階からIT戦略立案、開発、運用と多岐にわたっ
て分析されており、各社の状況があからさまになっていて、とても興味深いもの
でした。
同じ悩みを持たれている方もおられたのではないでしょうか。その記事のなかで
取り上げられていたのが、「外部の専門家に依頼すると料金が高い」とか、「社
内に経営戦略を立案できる人材がいない」悩みであり、自社システムについては
業務改革につながっていないとか、社員の情報リテラシー不足で使いこなしがで
きないというものがありました。
確かにそれぞれが抱えている悩みは一朝一夕には解決しない問題であり、かつ先
送りすることもできない課題です。そのため、経営トップが問題解決の方向性や
目標を明らかにして会社全体で取り組む必要がありますが、この記事を読んで、
改めてIT化の目的とKGIの重要性を感じました。(注1)
 情報化は日進月歩であり、次から次へと新しい言葉が生まれてきますので、常
に最新の動向を掴んでおきたいところです。今回は、そのIT化のトレンドの1
つとして、Webサービスを取り上げます。 
 
 最近の景気動向としては消費が堅実になり、少し改善の兆しが見え始めていま
す。またインタネットを利用したいわゆるネット販売が年々増えて続け、もの珍
しさがなくなりました。このような状況の中で冷えていた情報化投資も需要拡大
が予想されています。
今後ますます電子取引が活発になりWEB技術が欠かせなくなります。情報化投
資のキーワードの1つにWEBサービス、とりわけXMLがあります。(注2)
 WebサービスとかXMLは、まだなじみがないのでご存知の方は少ないと思
いますが、この機会に覚えて下さい。とは言っても技術的なことではなく、何を
実現するものなのか、どういう場面で使うのかが理解できれば充分です。
 Webサービスという言葉はとても曖昧です。広義ではインターネットを通じ
て得られるサービスのことを指します。ここでいうサービスとは例えばインター
ネット書店で本を買う場合などです。
これに対し、狭義ではインターネットを介して、XML形式のデータをやり取り
して、業務処理を連携させることを指します。例えば旅費精算をする場合、従来
のWebシステムでは運賃表で金額を確認してから自社システムに入力するとい
う2段階になりますが、Webサービスを使うことにより、自社システムから別
にあるWebサービスにアクセスして、運賃表の検索結果を取込んで旅費計算を
完結させることができます。このように業務処理プログラム自体とそのサービス
(機能)の両方をWebサービスと呼びます。つまりXMLデータによる要求を
受け、XMLデータを返すことができるプログラムを作ったら「Webサービス
を構築した」といいます。
 このように情報化は社会の結びつきを大きく変化させます。このためトレンド
を知ることは重要であり、自社で取り組む課題かどうかを見極めることは、企業
の発展に大きく関わってきます。経営者トップ自身がITのトレンドと情報リテ
ラシーを高めることが大切です。

注1)KGI(Key Goal Indicator)
   経営の主要成果目標と、目標を評価するための評価基準のこと。
注2)XML(Extensible Markup Language)
   データ構造とデータを同時にもったプログラム言語。これによって
   コンピュータ間のデータ交換の互換性が高まった。


■執筆者プロフィール

 大塚 邦雄
 情報処理システム監査、ITコーディネータ
 25年にわたるシステム経験をもとにIT化を支援します。
 e-mail:kunio920@mbox.kyoto-inet.or.jp

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!