経営品質における標準化・標準の重要性について/柏原 秀明

1.はじめに

 製造業において、製品を製造する場合や生産システムを構築・運用する場合、
常に意識しなければならない重要項目に“標準化・標準“がある。最近は”地球
環境・規制撤廃・大競争時代・個族“などのキーワードで代表されるように、様
々な分野における環境が大きく変化してきている。特にこれらのキーワードは、
多様な生産活動・事業活動をおこなう場合、単に自国内のことを考慮すればよい
というほど単純でないことは自明である。すなわち、自国以外の状況が自国の生
産活動・事業活動に大きな影響を及ぼすということである。
 このように生産活動・事業活動が今日のように複雑・高度になってくると“標
準化・標準“の考え方が重要になってくる。ここでは、経営品質における”標準
化・標準“の重要性について概観する。

2.標準化・標準について

 体系化、体系、標準化、標準についての言葉について以下に説明する。

●体系化:一つの原理によってまとめ統一していくこと。
    (日本語大事典 講談社)
●体 系:一つ一つの部分を統一的にまとめたもの。筋道をつけてまとめられた
     全体。
●標準化:標準を設定しこれを活用する為の組織的行為。
    (JIS Z8101品質管理用語より)     
●標 準:統一・単純化:関係する人々の間で利益・利便が公正に得られるよう
            統一・単純化を図る。
    (説明)物体・性能・能力・配置・状態・動作・手順・方法・手続・責
        任・義務・権限考え方・概念などについて定めたとりきめ。通
        常は文章・図・表・見本などの表現形式で表わす。
       (社内標準化便覧第2版1989[財]日本規格協会)

2-1.工業標準化の起源
 
 工業標準化の起源についていくつかの例を紹介する。

1)互換性のある”ネジ”の出現
 イギリスのブラマー(1748~1814)とモズレー1771~1831)
が、旋盤のスライド式刃具台を開発した。従来は、職人が刃具を手で持って工作
物に押し付け当てがって加工していた。彼らは、現在の旋盤で行なわれているよ
うに刃具を旋盤の支持台に固定し、送り方向と回転方向とを歯車機構とリードス
クリューによって連動させ自動送りができるようにした。この結果、従来、熟練
工によって個別に作られていたネジが標準化され、互換性のあるネジを作ること
ができるようになった。

2)互換性のある小銃生産の要求
アメリカのホイットニー(1765-1825)は、互換性のある小銃の生産
に成功した。小銃は、当時のヨーロッパでは、熟練工による現物合わせで個別に
作られていた。従って、同型式の小銃間での部品の互換性がなく、また生産性も
低いものであった。ホイットニーは、1798年にアメリカ政府と小銃1万挺の
生産契約を結んで、互換性原理を適用し、様々な困難の末に生産を行い1809
年に完納した。 

3)T型フォードの単一機種の量産における標準化
 フォードは、1903年フォード自動車会社を設立し自動車の生産販売を開始
した。T型フォードは、大衆者向けの頑丈で安価なものであり、市場の膨大な需
要に応えるために「フォードシステム」と呼ばれる単一機種の量産システムを開
発した。1920年代初頭、市場占有率は60%になった。

(特徴)
 ・製品
   T型フォードという1機種・1型式に限定、徹底した統一化・単純化
 ・製造プロセスの徹底的な標準化
   製品・部品・加工工業・マテリアルハンドリングの同期化

4)GMの製品多様化・複数機種の量産における標準化
 GMは多数の自動車会社の合併で成長してきた企業である。1920年の初頭
には、市場占有率は、フォードの60%に対して12%に迄落ち込んだ。GM
は、フォードと違って製品の複数機種路線を堅持していた。当時、市場の多様化
傾向が進展することに注目したスーロン(GM社長)は、下記のような観点で市
場占有率を高めようとした。
 ・人によって好みはまちまちである。多くの人々は、隣人と同じ車を持つこと
  に抵抗を感じる。
・大衆は、いくら安くても、いつまでも画一的な車で満足するものではない。
  より豊かな変化を要求するようになる。この考えに基づいて、市場の要求に
  応じ次のような製品体系を作った。
  ○市場の価格段階の要求対応: 6種類の車種を設定
 ○各価格段階毎の仕様対応 : 標準品とオプション品の組合せ・選択
 ○生産対応: 同一ラインで複数機種を量産できる生産システムを工夫し
   た。GMは、フォードの統一化・単純化の原則を踏まえた上で、もう一歩
   押し進めて、各段階での「きめの細かい」対応をして成功した。

2-2.標準化活動

標準化活動には、大きく分けて次の2つのアプローチがある。

1)トップダウン的アプローチ
 このアプローチは、大きな観点(国、国家間、世界の動向)に立って考える場
合のアプローチである。すなわち、標準を制定する場合、当初より国際標準を意
識して、業界標準化->国内標準化->国際標準化へと大きな枠組みの標準を設定す
るアプローチである。

2)ボトムアップ的アプローチ
 このアプローチは、自社の現在の仕事を中心にして考える“企業内標準化”で
ある。すなわち、問題意識を持って、身近な問題・対象から捉える標準化のアプ
ローチである。たとえば、社内標準には、次のような例がある。

        ・設計の標準化技術 (EAの標準化技術)
        ・生産の標準化技術 (FAの標準化技術)
        ・事務の標準化技術 (OAの標準化技術)

2-3.団体標準化から国際標準化の過程

1)団体標準化
 20世紀の初頭には、製造業の組織化が進み会員企業内部の標準化が活発にな
り、技術・経験を相互に交換し合って団体規格を制定した。これにより会員企業
相互の利益につながることが認識され、団体標準化が始まった。
(例)アメリカ材料試験協 会(ASTM;American Society for Testing and
   Materials)1902鉄鋼、非鉄、 セメント、コンクリートの仕様書、試験方
   法の標準化

2)国家的標準化
 多種の産業団体で団体的標準化が押し進められると、複数の産業団体に共通し
て使われる基礎資材(鉄鋼、セメントなど)について、関係団体で協議し標準化
する機運が高まり、今日のような世界的な活動に発展してきた。
 
3.標準化の効果

 標準化は、最終的には高品質、低価格、環境に優しいモノの生産を実現する条
件を作り出すことにある。しかし、標準化活動は、非常にコストがかかり、また
それを生産活動・事業活動に定着・反映させるまでには、生産活動・事業活動を
必ずといってよいほど乱すと考えられる。しかし、標準化は、このような犠牲を
払っても、それを回収して余りある経営効率の向上を実現する方策である。特に
国家レベルでの標準化対応は、近年、その国の将来の産業基盤に影響しかねない
までに重要なものになっている。

4.おわりに

 ここでは、ごく簡単に標準化・標準について概説した。最近の標準化の動きと
して重要なのは、“先取り標準“という考え方である。すなわち、体系化 -> 体
系 -> 標準化 -> 標準という手順を踏まず、競争的関係が発生する前に、あらか
じめ標準を設定し、その標準のもとに、生産活動・事業活動を展開していこうと
いう考え方である。このような考え方が発生した理由は、生産活動・事業活動を
おこなう場合、あまりにも費用が発生することも一因になっている。
 企業の経営品質の向上においては、ITを含めた「標準化・標準」の積極的な利
用がいかに重要であるかが、少しなりともご理解いただけたと考える。


■執筆者プロフィール

柏原 秀明(Hideaki KASHIHARA)
京都情報大学院大学教授

技術士(情報工学・総合技術監理部門)・ITコーディネータ
ISO-9000審査員補、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)審査員
公認システム監査人補
E-mail : kasihara@mbox.kyoto-inet.or.jp

 

 

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!