企業再生と経営/玉垣 勲


★京都信用保証協会の新たな事業
 この4月から週一で京都信用保証協会のアドバイザーとして勤めている。任務
は、中小企業の再生支援である。これまでのRCCや企業再生協議会での企業再生
の取組みをさらに発展させた「企業再生委員会」が発足し、その事務局を京都信
用保証協会が担ったのである。委員会の構成メンバーにはRCC、上記協議会をは
じめ京銀、中信、京信、北都信金がなっており、地域金融機関も、相互の連携で
地元中小企業の再生に本腰を入れ出した証左とみたい。
 私の仕事は、経営の専門家の立場で個別企業の再生事案について、事務局をサ
ポートすることにあるが、「個人情報保護」の観点で、第三者の私は同保証協会
のパソコンはタッチできないし、関係資料の持出しなどは一切厳禁である。
 
★再生対象企業、地域金融機関、保証協会の連携で地域再生・活性化
 昨今、行政・諸団体ともに”新連携”がキーワードになっている。上記「委員
会の設置」は”新連携”の一形態とも言える。保証業務という”守り”を信条と
される保証協会が多少のリスクをテイクする覚悟で、地元経済の担い手である中
小企業の再生に向けて事務局となっていることは注目に値し、行政サイドの地元
経済、中小企業の再生・活性化に賭ける意欲は評価できる。
 それにしても中小企業再活性化のカギは、再生対象企業の渾身の経営努力にか
かっているが、再生・活性化を側面から強力支援できる地域金融機関の果たす役
割は大きい。
 中小企業の財務の脆弱性は、計らずもバブルの崩壊で露呈し、過剰債務を主因
に少なからずの中小企業がピンチに陥ったが、結果的に見て過大投資を誘導した
金融機関の責任は回避されるものでない。その挽回策としても、金融機関は、
「貸すも親切、貸さぬも親切」の本道にたって、担保主義に拘泥せず企業の現在
及び将来価値を評価できるか否かの真価が問われることになる。

★再生企業の課題とその課題解決策
 再生対象企業は、(1)地域経済への貢献度・占める役割、(2)経営者責任
の明確化 (3)雇用問題への配慮を前提に、抜本的リストラ(スリム化・財務
改革)、(4)実行可能な長期的事業計画の樹立が求められる。
 とくにモラルハザードの観点から放漫経営からの脱却など経営者責任を果たす
ことはもとより、キャッシュフロー重視の長期事業計画に知恵を絞る。財務体質
の改革、内外の経営環境に適合できる事業のマスタープランづくりのために、当
該経営者、所属従業員の主体的行動変革への期待はもとよりであるが、外部の第
三者的立場の経営専門家(経営コンサルタント会社など)の関与を要請される。
 
★経済・経営の構造改革
 多くの企業がそうであるように再生対象企業もバブル崩壊、その後においても
インフレ期待からの過剰投資で、傷口を深くした。企業経営者は、往々にして過
去の成功体験を糧として将来に賭ける。しかし時代・環境の変革期にはこれまで
の成功体験は通用しないことを身をもて体験されている経営者の方々も多くいら
っしゃることと思う。
 一方、グローバル・スタンダードが要求される時代となり、さらに隣国中国を
はじめとするアジア諸国の経済キャッチアップで経営の構造改革を余儀なくされ
ているのが部品加工メーカーなど多数の中小企業であろう。
 
★事業・財務の連動性と投資行動
 企業経営は、キャッシューフロー重視、中小企業の会計の見方・活用について
の論議が盛んになっている。財務会計の裏づけを欠いた事業計画は”絵に描いた
餅”であるが、これまでの(過剰借入)過度の他人資本依存体質からの脱皮は欠
かせない。
 それにしても、再生対象企業のこれまでの歩み及びこれからの事業計画書を精
査するにつけ、IT革命の進展に適合できる企業経営の転換の視点の欠落が気にな
る。
 事業と財務の連動を常に意識・念頭におきながらも「経営にIT活用を」、「体
力に見合い、かつ将来の発展に通じる適正なIT投資には前向きでありたいし、そ
のための「IT投資促進税制」、および国民生活金融公庫の「企業活力強化貸付
(IT資金)」などの活用で現状打開(経営革新)を計ってはいかがであろうか。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール 

玉垣 勲 (たまがき いさお)
ITコーディネータ、中小企業診断士、社会保険労務士
ファイナンシャル・プランナー(FP)、通訳ガイド
62歳(血液型・A型 星座・天秤座)、無二の親友;プードルのミント(オス)
サラリーマン35年(信用金庫)後、自営へ転進、人生後半・人生本番
(好きに生きてます)。会社員時代の職務経験・人脈、過去に取得の資格
を生かして、地域社会、地元企業、ご家庭のIT化に尽力します。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~cgm99666/

 

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!