シナリオ・プランニングを再考/松井 宏次

 染色の世界には「寒の紅」という言葉があり、冬は、京都の染色工房では、紅花
を用いて鮮やかな紅を染める季節でもあるそうです。寒さが鮮やかさを生み出す
のだそうです。

ウォーム・ビズなどとはいえ暖房は欲しいなか、灯油が高騰してしまっているこ
の冬ですが、かつて、70年代前半に起きた第一次石油危機、ならびに、その後の
第二次石油危機において、石油会社のロイヤル・ダッチ・シェル社が、優れた危
機対応により躍進したことは、ビジネスの成功モデルとして有名です。
その際、シェル社が用い、その後も活用されている技法に「シナリオ・プランニ
ング」があります。もともとは、軍事計画の方法論だった技法といわれています。
軍事に用いる技法が、その後、ビジネス技法に転じる例は多くあります。そもそ
も「戦略」「戦術」などという用語がそうですね。

第一次石油危機を迎える前に、シェル社のプランナーが書き上げたシナリオは
・石油価格はなんとか安定を保つ 
 (アラブ地域以外での新油田発見などの条件が付帯されたシナリオ)
・石油輸出国機構OPECの動きによる石油危機が訪れる
 (十分に実現可能性があると見立てられたシナリオ) 
の二つ。
後者の石油危機が現実のものとなったとき、既に経営陣が対応準備を整えていた
シェル社は、すばやい意思決定による対応をみせ、同社は当時の七大メジャーの
なかの弱小組から、エクソンに次ぐ2位にいっきに踊り出たのでした。
今では、いくつかの合併、吸収をへて、エクソン・モービル、ロイヤル・ダッチ
・シェル、ブリティシュペトローリアルの3社が、3大メジャーとして知られて
います。

複数の未来を想定し、最終的にはそれを物語りとして書き上げるシナリオ・プラ
ンニングは、時として、未来予測法という側面から伝えられます。
近年に至るなかで、シナリオ・プランニングにも、様々に新しい展開方法が加え
られ、応用も提唱されるようになりましたが、もともと、この技法で重要とされ
たのは、未来予測そのものではありません。
複数の将来の環境を想定し、柔軟に戦略を展開しようとするシナリオ・プランニ
ングは、不確実性に対応する戦略策定方法として優れたものをもっています。た
だし、そこでは、その策定のプロセスを通じて、経営者、管理者の意思決定が向
上することや、組織的学習が行われることに価値があると考えられていることを
あらためて理解しておきたいと思います。
ロイヤル・ダッチ・シェル社のシナリオ・プランナーだったピーター・シュワル
ツの著書(邦訳)によれば、「シナリオ作成の努力はすべて、自分の内面を見るこ
とから始まる。まず自分が個人的に将来のことについて判断する際に使っている
マインドセット(考え方の枠組み)を点検することから始まる」とあり、経営陣
やビジネスに従事する人々のマインドセットが進化し、変わることで企業変革が
できるとされています。

今まで身につけたマインドセットをとらえ直し、切り替えていくためには、様々
なアプローチがあります。
経営者や経営陣自身が柔軟な感性をより磨くこと、そしてまた、社内、あるいは
社外のパートナー先のなかにいる優れた感度の持ち主を、現在の職位や職務にと
らわれることなく戦略プランニングの過程において登用することなども、今一度
考えてみたいところです。


_〔参考〕____

 シナリオ作成のステップ    (ピーター・シュワルツによる)

 ステップ1
  -焦点となる問題または決定を下すべき問題を明確にする-
   近い将来に決定しなければならなくなる事項を明確にする。
 ステップ2
  -部分的な事業環境におけるキーファクター-
   ステップ1でとりあげた決定の成否に重要な影響を与える要因をリスト
   アップする。
 ステップ3
  -ドライビングフォース-
   ステップ2でリストアップできた要因に影響をあたえるマクロ的な環境
   のドライビングフォース(推進力)を、列挙する。
 ステップ4
  -キーファクターとドライビングフォースの分類-
   ステップ1で明らかにした重要な問題、重要性という基準と、不確実
   性という基準とで、ステップ2、3でとりあげたキーファクターとドラ
   ライビングフォースを分類する。
 ステップ5
  -シナリオ・ロジックの選定-
   シナリオが分岐していく軸を定める。
 ステップ6
  -シナリオへの肉付け-
   ステップ2と3でリストアップされたキーファクターとトレンドに立ち
   戻って、シナリオの骨格に肉付けを行う。
 ステップ7
  -シナリオの意味-
   ステップ1の焦点となる問題または決定に立ち戻って未来をリハーサル
   してみる。  
 ステップ8
  -先行指標と道標の選定-
   どのシナリオが最も起こりそうかを知るための先行指標を探す。

  原典:『シナリオ・プランニングの技法』 
     ピーター・シュワルツ原著 東洋経済新報社刊 
     *一部字句を改めています


■執筆者プロフィール

 松井 宏次(まつい ひろつぐ)
 ITコーディネータ 1級カラーコーディネーター 中小企業診断士
 mailto:hiro-matsui@nifty.com

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!