Web2.0時代のインターネット/池内 正晴

1.Web2.0とは

 最近、よく耳にするITに関するキーワードとしてWeb2.0がある。ただし、これ
はHTML4.1などのように技術仕様を表す言葉ではなく、WWW(World Wide Web)の進
化を総称した言葉である。O'Reilly Media社のTim O'Reilly氏が2005年9月に発
表した論文「What Is Web 2.0」により次世代インターネットを象徴する言葉と
して注目されることとなった。なお、この進化したWWWであるWeb2.0に対して、
旧来のWWWをWeb1.0と呼んでいる。

2.Web2.0の概要

 Web2.0の定義は非常にあいまいなもので、一言でこれを表すことは難しい。特
徴的な内容を一部取り上げると、Web1.0はWWWサービス提供者が蓄積・公開した
情報を各利用者が利用するといった一方的な情報の流れが中心であったのに対し
て、Web2.0ではWWWサービス提供者だけでなく、各利用者からも情報を発信して
公開することが容易となる。すなわち、従来はサービス提供者が持っていた情報
を発信する主導権が、各利用者に広がっていくということである。
 Web1.0と2.0の違いを具体例でその一部を見てみると、個人の情報発信は個人
ホームページからブログという形に進化し、インターネット百科事典が
Britannica Onlineからウィキペディアという形に進化するということである。
 なお、Web2.0の全容についてはO'Reilly Media社のホームページに掲載されて
いる「What Is Web 2.0」などを参照いただきたい。

3.Web2.0における情報の信頼性

 インターネット百科事典を例にして、Web2.0における情報の信頼性を考えてみ
る。
 Web1.0とされているBritannica Onlineに掲載されている情報は、各界の著名
人により執筆されているため、その内容は非常に信頼性が高いと考えられる。
一方Web2.0であるウィキペディアについては、利用者が自由にその内容を記述す
ることにより成り立っているため、内容の信頼性が低いと思われがちである。だ
が、その内容を多数の利用者が見て、誤りがあれば訂正を行うというプロセスを
繰り返すことにより、信頼性が向上してゆき、長期的に見ると情報の信頼度は確
保されていると考えられる。だが、短期的には誤った情報や、悪意を持って歪曲
された情報が掲載されている可能性があるということを十分認識して、これらの
情報を利用する必要がある。しかしこれについては、サーチエンジン等を利用し
て複数の他サイトで同じ内容の情報を参照し、それらの記述を比較することによ
り、情報の信頼度を推測することは可能である。
 楽天証券社員によりウィキペディアの一部項目が削除されたという事件からも
わかるように、自分や自分の組織が不利益となる事実内容が当事者により削除・
改変されるという事件も発生している。しかし、ウィキペディアの管理人や多く
の利用者がその行為を発見し、削除・改変された箇所を復元するとともに、その
事実を公表した。結果として今回は楽天証券側が謝罪するという結末になったの
である。ただ、一部の人の利益・不利益になるような内容については情報の中立
性を保つことが非常に難しく、これをどのように扱っていくかについては、現在
でも様々なところで議論が繰り返されている。

4.自分が情報を発信する場合の留意点

 Web2.0アプリケーションのひとつであるブログを利用することにより、各個人
が容易に情報の発信を行うことができる。自分が発信した情報に対して、それを
読んだ人がコメントを掲載できるというのもブログの特徴である。自分が書いた
ことに対していろいろな人から意見をもらうことにより、さらに考えが深まり、
新たな知識を得るきっかけにもなる。しかし、なかには挑発的なコメントを入力
する人もまれにある。それに対して売られた喧嘩は買わねばと応酬すると、お互
いにヒートアップしてネット上で言葉の喧嘩をするといったようなことになり、
何のためにブログを書いているかがわからなくなってしまうような状況に陥って
しまう危険性がある。
 また、ブログの内容として公序良俗に反することや、特定の個人や団体を誹謗
中傷するような書き込みを行うと、それに対する非難のコメントが寄せられるで
あろう。その非難のコメントに同調する人がさらにコメントを書き込むというこ
とが繰り返され、短時間で大量に非難のコメントが書き込まれるといった現象が
時々見受けられる。これは「ブログ炎上」と呼ばれる状況であり、こうなってし
まうと収集がつかなくなり、ブログの閉鎖という状況に追い込まれるということ
も多い。
 ブログを書き込むときは、一人でパソコンに向かってキーボードを打つという
作業になり、そのときには社会的なつながりを忘れがちになるが、入力された情
報は非常に多くの人の目に触れる状況となることを、常に意識しておく必要があ
る。

5.Web2.0時代のインターネット活用

 Web2.0の流れが進んでいくことにより、インターネット上では各個人から全世
界に向けて情報を発信するという機会が増え、それらが世の中を動かすほどの力
を持ってくると考えられる。その過程として、今までにはなかったトラブルや問
題が発生し、それについて議論することにより新たな秩序やモラルが形成されつ
つあるのが現在である。
 混乱期を避けて、安定期に入るまで静観するというのもひとつの手段ではある。
だが、現在のように形が出来上がっていないときこそ、いろいろなチャンスがあ
るのも事実である。
 皆さんもここで何か新しいことを始めてみてはいかがでしょうか!!



■執筆者プロフィール

  池内 正晴 (Masaharu Ikeuchi)
学校法人聖パウロ学園
光泉中学・高等学校 教務部 情報担当
ITコーディネータ
  E-mail: ikeuchi@mbox.kyoto-inet.or.jp


 

 

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!