ITコンピタンシーをもつ経営者/馬塲 孝夫

● 情報技術の進展は、留まるところがないように思えます。インターネットの技
  術も単純な電子メールから、革新的なウェブブラウザの技術、そして最近では、
  Web2.0という新しい言葉が出現し、その実態を理解するのに苦労するこ
  の頃です。しかし、このような急激な情報技術革新の流れに追いつかなければ、
  企業の優位性を保てない世界になりつつあることも、現実ではないでしょうか。
  情報技術、すなわちIT技術は、企業経営にとって非常に重要な位置を占めて
  きていると思います。

● 先日、ある調査の目的で資本金7000万円、従業員120名程のものつくり
  企業の経営者にお会いする機会がありました。この会社は、いわゆる日本のお
  家芸であるプレス金型のトップメーカーの地位を築いており、早い時期から、
  顧客の製造拠点の海外移転に対応して、海外工場を構築していった企業です。
  業績も優秀で、経営者の強いリーダーシップのもと、ものつくり企業として素
  晴らしい経営が行われています。

● 経営者の考え方を拝聴すると、とにかく「新しい技術に挑戦すること」「あら
  ゆる部分を徹底して差別化すること」をしないかぎり、中堅・中小企業の生き
  残りはない、とおっしゃいます。そのような徹底した経営者の考え方が、金型
  産業のような、近年とみに国際競争環境が激しくなってきた業界においても、
  ニッチ・トップの位置を確保し、生き残ることができる所以なのでしょう。

● 通常のものつくり企業の場合、大抵はそのコアコンピタンスとして、現場の職
  人技、すなわち技能の優秀さと蓄積をあげますが、この企業の場合、そのよう
  な技能に加えて、早い時期からのIT技術の活用があることが特徴です。

● 手元に、この経営者からいただいた、この企業のIT化の歴史を記した文書が
  ありますが、それを見ると、1980代の比較的早い時期から業務用のコンピュ
  ータが導入され、それが現在の企業内の情報システムに進化した様子が見て取
  れます。初期には、市場に出始めたパソコン(PC9801)で、自社におけ
  る金型の見積もり計算、加工費の実績計算という単純な機能を自社開発してい
  ます。その経験をもとに、オフコンを導入し経理などのバックオフィスのIT
  化を実施。また、同時期に生産管理システム、販売管理システムを導入してい
  ます。

● 1990年代半ばには、オフコンを捨て、Windowsの出現を機にパソコ
  ンにシステムをリニューアル。また企業内の情報共有化を推進するために、S
  QL-Serverの導入によるデータベースの整備やグループウエアを導入
  しています。そして、本社、工場間を専用線にてネットワーク化を実施。最近
  はインターネット回線に変更し、全社のより高度な情報化を積極的に推進して
  います。また、金型メーカとして自社CADシステムを開発し、設計のデジタ
  ル化にも積極的に取り組んでいます。

● 社長さんの言では、「社内のITインフラを整え、情報の共有化やスピード化
  に早い時期から力をいれている」とのこと。特に、情報共有化の面では、役
  員・幹部の行動予定、営業の打合せ記録、会議の議事録、掲示板、出張伺いな
  どが各自のパソコンで見ることができ、ペーパレス化を促進しているといいま
  す。また、自社のホームページ、ホームページを用いたインターネットビジネ
  スなども行っているようです。このような取り組みは、大企業では、早い段階
  から実施されてきましたが、この企業のような規模の会社が技術の出現ととも
  にかなり早い時期から取り組んできたことに、驚きを感じます。

● なぜ、そのような取り組みができたのか。それは、経営者がIT技術に造詣が
  深く、トップダウン的にITインフラ整備が行われたのが理由のようです。す
  なわち、経営者のITコンピタンシー(能力)が高く、絶えず新しい技術を社
  内に導入し、自社のものに出来たことが、金型製造企業の中でも、他社を制し
  て、トップ企業になれた要因の一つといえましょう。

● 「あらゆる観点から競合する他社と差別化をおこなう」とは社長さんの言葉で
  す。IT技術は、差別化の重要な要因であり、それを実現するのが経営者のI
  Tコンピタンシーとすれば、この企業の例は、「IT技術を制するものが、他社を
  制する、」とのベスト・プラクティスだと言えましょう。



■執筆者プロフィール

馬塲 孝夫(ばんば たかお)
 ティーベイション株式会社 代表取締役(MBA経営学修士/ITコーディネータ)
 大阪大学 先端科学イノベーションセンター 特任教授
 中小企業基盤整備機構 近畿支部 研究員
 E-mail: t-bamba@t-vation.com
 URL: http://www.t-vation.com

◆技術経営(MOT)、FAシステム、製造実行システム(MES)、生産情報
システムが専門です。◆

 

 

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!