IT経営のヒント(その3)/中村 久吉

 今回で3回目となるIT経営のヒントは、本年7月開催のIT経営応援隊事業
で発表された東大阪の工具製造業「フジ矢」の野崎恭伸社長の話しからです。

 如何にして、ITを導入したかということを説明して行きます。
 創業者でしたら、ものをつくることも売ることも、何でもできるスーパーマン
ですが、私の場合は創業者でもなくて、会社に入って約2年半で急遽、社長にな
りましたので、ものをつくることも売ることもできない。そうであれば、やはり
トップの力で会社を動かすのではなくて、ボトムアップで全員の組織の力で会社
を動かさなければならなかった訳で、なるべく全員参加型で、各種の情報をオー
プンにしてきました。
 それが当社の3カ年計画で、社内では「3Dプラン」と言っているのですが、
中期方針を立ててやっております。

 3Dの中の一つ目は、デリバリー(物流)です。当社はメーカーで、ポイント
は、QCDと言えます。クオリティー(品質)やコストについては、いままで一
生懸命に品質を上げようとか、コストダウンしようとやってきたのですが、デリ
バリーについては、あまり考えてこなかった。当社のライバルメーカーは日本国
内だけで7~8社ほどありますが、他社もQとCに関しては懸命にやっています
が、Dはあまりこだわってやっていない状況です。これからの当社は、Dのとこ
ろで他社と差別化できるようにやっていこうという訳で、デリバリーをやってい
ます。
 当社の製造工程のなかでは、デリバリーの強化に一気通貫生産というものを導
入しています。どういうことかというと、当社の場合は60工程ぐらいあるのです
が、最初の工程にぽんと材料を投入してから、最後に製品として上がって、お客
さまの手元までお届けする時間を、いかによどみなく、滞りなく送れるようにす
るか? いかにリードタイムを短縮して、在庫を減らして、生産性を上げて行く
かに取り組んでいます。

 二つ目はデベロップメントで、メーカーとしては当然ですけれども、やはり新
製品開発力の強化です。新しい商品を出さなければ、なかなか市場で生き残って
いくことができないので、新しい商品を出そうという訳です。

 三つ目はデザインです。最近は当社でも顧問デザイナーをつけて、デザインを
強化しようとしています。工具というものは、デザインにこだわった商品が非常
に少ないので、ブランドイメージを向上させるために、いかにかっこいい製品を
つくれるかということが重要です。
 デザインというのは、狭い意味では見た目ですが、広い意味では企業イメージ
を向上させるような戦略をとろうではないかということで、例えば環境対応商品
をつくるとか、そういうものも含めて、デザインでブランドイメージを向上させ
ようということです。

 この三つの項目を、フジ矢中期方針ということで現在もやっております。この
ような経営方針をつくったあとで、実際にITを導入していくのですが、当社の
場合は、その後にITプロジェクトチームというのをつくりました。これは少数
制でやろうということで、5名ぐらいのメンバーとなっています。

 当社も中小企業ですので、人・もの・金が非常に制限されています。そのなか
で人は、ITコーディネータの先生にいろいろなご指導をしてもらって、外部の
パワーを借りた。お金のほうも限りがありますので、平成13年度の「IT活用型
経営革新モデル事業」という、経済産業省の補助金事業に応募して、その補助金
をもらいながらITシステムを導入しました。つまり当社の場合、限りある資源
ですので、内部に足りないものは、なるべく外部の力を借りてやろうと、外部の
パワーを非常に活用したということも成功の一因と思っています。

 次に、支援した専門家のITコーディネータ川端一輝氏の補足です。

 経営改革のプロジェクトであれ、新製品であれ、いろいろなプロジェクトが成
功するためには、三つの必要条件があります。一つ目は、目標がはっきりしてい
ることで、何のためのプロジェクトなのかという目標が明確になっていること。
二つ目は、現状がきちんと認識されているかどうか。いまの状況がどうなのかと
いうことが、きちんと把握されているかどうか。そして三つ目は、その上に立っ
てやる気があるか。この三つが成功条件です。
 しかし、この三つをプロジェクトメンバーが認識共有しながら、最初から最後
まで持ち続けるということは、実は非常に難しいことでもあります。しかし、こ
れが成功のための3条件で、この三つのうちの一つでも欠けると失敗に終わる可
能性が非常に高い。一つが欠けるとだめだと言ってもいいかもしれません。

 次に、その三つが整えば、すべてうまくいくかというと、そうでもない。目標
に向かっていくけれども、右往左往したりするので、きちんと一つの目標に向か
ってパワーを結集するというのは、けっこう難しい。そのためには、いくつかの
欠かせない要素があります。これを外すと目標に到達するのは無理だね、難しく
なるねという、こうであるべきというものを設定します。
 そして、更に行動計画が必要です。何をやって行くのか? 現状から目標に至
るまでの中間ポイントと言いますか、どんなふうに実行していって目標を達成す
るかということです。

 私が訪問した当初は、ITの話は何もしなかったので、あの人は何をしに来て
いるのだろうと思われたかもしれないのですが、野崎社長が言われたように経営
戦略をつくるところから入って行く。その上で、情報システムが動いて仕事がス
ムーズに回るようにすれば、IT化は成功するのです。

 以上、お二人の話から、ITを適用する前に仕事の仕組みを再構築すること、
つまりビジネスモデルを組み直してからITを適用することが重要だということ
を感じ取っていただけたでしょうか。



■執筆者プロフィール

中村久吉(なかむらひさよし)
ITコーディネータ,中小企業診断士,社会保険労務士,ISO27001主任審査員
e-mail: eri@nakamura.email.ne.jp


 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Tyron Veillon (日曜日, 22 1月 2017 16:41)


    Way cool! Some extremely valid points! I appreciate you writing this post and the rest of the site is very good.

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!