環境会計と企業経営 ‐マテリアルフローコスト会計/松井 宏次

ピラカンサや南天の赤い実に冬のアクセントを感じているうちに、年はあらたま
って2007年に。京都の北野天満宮では、今年は新年早々に早咲きの紅梅が咲
き、初天神の1月25日頃からは本格的に境内の梅が咲きはじめそうな様子とのこ
とです。
昨年末には、このまま温室効果ガスの増加を放置すれば北極の氷が2040年にほぼ
消滅するという説も発表されていましたが、環境問題の切迫さを伝えるニュ―ス
には事欠きません。日本の四季の良さと恵みが失われるようなことの無いように
したいものです。 

■さて、今回は、環境会計。 そのなかでもマテリアルフローコスト会計のご紹
介です。
日本では、環境庁(現環境省)による「環境保全コストの把握及び公表に関する
ガイドライン」の公表(1999年)や、環境会計ガイドブックの刊行(2000年から
毎年)以降、環境会計による企業情報の公開が進んできました。
環境省では、環境会計とは、「企業等が、持続可能な発展を目指して、社会との
良好な関係を保ちつつ、環境保全への取組を効率的かつ効果的に推進していくこ
とを目的として、事業活動における環境保全のためのコストとその活動により得
られた効果を認識し、可能な限り定量的(貨幣単位又は物量単位)に測定し伝達
する仕組み」だと、説明しています。

一般に会計が、株主等の外部の利害関係者へ情報を伝えるための外部会計と企業
内の管理に資する内部会計に分けられるように、環境会計にも外部機能と内部機
能の両面があります。環境会計の外部機能とは、環境報告書を通じて環境保全へ
の姿勢や具体的な対
応等と併せて環境会計情報を公表することで、その取組を利害関係者に伝達し、
外部の利害関係者に対して説明責任を果たすと同時に、環境に配慮した事業活動
に対する適切な評価に結びつく役割が期待されるもの、とされています。

近年では、上場企業の多くが環境会計報告書を発行するに至っています。そこで
は主に外部機能の効果に着目されているようです。
では、環境会計は、どこまで内部管理に活用されているでしょうか。企業が健全
な収益を得ていくためにどのように役立っているのでしょうか。日本の環境会計
への取組みは、世界的にみても先進的といわれるなか、企業経営への役立ちの面
で、まだまだ課題を抱えているという指摘があります。 内部機能つまりは、内
部管理会計としてはたらく環境会計が求められています。

■マテリアルフローコスト会計(MFCA:Material Flow Cost Accounting
 以下、MFCA)は、製造プロセスにおけるマテリアル(原材料+エネルギー)
のフローとストックを物量単位と金額単位で測定するシステムで、廃棄物のコス
トを算出する
ことにより、より有効な廃棄物削減策を考案できるツールとして、経済産業省が
開発を主導している環境会計に関する手法のひとつです。内部管理会計に資する
手法です。
ちなみに、経済産業省では現在進めている開発手法として、「環境配慮型設備投
資意思決定手法」「環境予算マトリックス」「マテリアルフローコスト会計」
「環境配慮型業績評価システム」「ライフサイクルコスティング」をあげていま
す。

MFCAでは、内部管理会計のなかでも、原価計算、原価分析の手法といえるも
ので、そして、"負の製品コスト"を明らかにしていくことが大きな特徴となって
います。
製造プロセスでは、ロスコストが常に問題となります。一般に普及している標準
原価計算でも、実際原価と標準原価を比較し、その差異コストをロスコストとし
て把握します。ところが、標準原価には既に組み込まれているロスもあり、それ
らは見えなくなっています。MFCAでは、製造プロセスのなかで、ひとつの製
造工程に投入されるマテリアル(原材料等)が、その工程を良品(正の製品)と
なって出ていくものと廃棄物(負の製品)となって出て行くものとに別れること
を、データとして把握していきます。

例えば、100Kgの投入原材料から80Kgの製品がつくられるとします。こ
のとき、20kgの原材料が破棄されているのであり、それを、"負のコスト"と
して把握します。
仮に1Kg=10円とすると、200円の負のコストです。伝統的な原価の考え方
では100Kg全てで1000円が原価となり、販売により利益を得ようとする
ときの基準となります。いっぽう、MFCAでは、これを正の製品原価800円
と、負の製品コスト200円に分けるのです。
このようにして把握された負のコストは、環境対応の立場からも、製造効率の面
からも、圧縮が要求されます。こうしたところから、MFCAによって、環境対
応と経済効率追求が両立されていきます。

経済産業省では、MFCA会計開発・普及事業を進めてきましたが、その成果は、
同省のWEBサイトでも公開されています。大企業での事例とともに、中小企業の
事例や、取組み手法なども紹介されています。 手法としても、まだ研究途上に
あるMFCAですが、注目し、利用を広げて行きたい環境管理会計手法です。

経済産業省 産業技術環境局 環境調和産業推進室 環境会計WEBサイト
http://www.meti.go.jp/policy/eco_business/sonota/policy1-01.html


《参考文献》
・上記webサイト及び同リンクサイト
・ マテリアルフローコスト会計(MFCA)セミナーテキスト
 日本能率協会コンサルティング 著
・ マテリアルフローコスト会計
國部克彦 中嶌道靖        著


■執筆者プロフィール

松井 宏次 (まつい ひろつぐ)
ITコーディネータ  1級カラーコーディネーター  中小企業診断士
mailto:hiro-matsui@nifty.com


 

 

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!