IT導入にはデザインセンスが必要だ/山口 透

●小学校4年生の娘に、「最近、気に入っているモノ」をあげてもらった。
「(ニンテンドー)DSのスーパーマリオ(というソフト)」「ハケンの品格(というテ
レビ番組)」「チューリップ(という音楽)」「インターネットのテレビ」といくつ
もあがってきた。分類をしてみるとほとんどが「モノ」といいながら、「物体(ハ
ードウェア)」ではなく、「ソフトやコンテンツ」だった。

●振り返ってみると私たちの周りには、物だけでなくソフトやコンテンツやサービ
スがあふれている。ゲーム、テレビ、音楽、サービスなど、情報社会・サービス社
会は当然のように浸透している。

●提供する企業側からみても商品などの「物」だけでなく、サービスと組み合わせ
て提供することが重要な戦略になっている。たとえば、デジタルカメラメーカは、
お客様が撮った写真を、インターネットで閲覧できようなギャラリーを提供してい
る。これにより、お客様同士のコミュニケーションが活発になり、このデジタルカ
メラの理解や深まることで、さらなる得意客になるのだ。

●だが、これらのサービスは見えないことが多く、提供する側はいかに見えるよう
にするかということが重要だ。
たとえば、サービスの流れを絵にして見せたり、使っている様子をビデオや動画で
見せたり、そしてそのサービスを使うことで、何が変わり、お客様にどのよう利点
があるのかを示す必要がある。

●そして、このサービスを効率的に提供するためには、ITを道具として利用するこ
とが多い。インターネットやメールや携帯電話は、企業とお客様を結びつける道具
となっている。

●企業とお客様を結びつけるためには、お客様に行動を起こしてもらいやすくする
必要がある。このためにも、お客様との接点は、視覚に訴え、行動を起こしてもら
えるような情報発信をすることが重要だ。

●ITCが関わるIT業界でも、このサービスをいかに見えるようにするかがポイント
となっている。インターネットを使ったWEBサイトを作る場合は、見た目が重要な
ポイントとなってきている。

●たとえば、自社のサイトの最初に表示されるページで、「我が社は、環境問題を
真剣に考えている」という簡単な動画を流しメッセージを提供したり、「我が社の
製品を使ったアイデア募集」という絵を目立たせたりして、お客様からの意見をも
らうことで製品開発に役立てている例もある。

●これらのWebサイトを構築するうえでは、システムを構築を行うエンジニアととも
に、システムの見た目や、お客様と接点や、コミュニケーションの導線計画をたて
るデザイナーの参画が必須となってきている。

●もちろん、これらの両面をサポートし、経営に役立てるITCの役割が重要になっ
ているのはいうまでもない。



■執筆者プロフィール

■山口 透(とおる) toruy55@nifty.com

流通業や製造業等でIT戦略策定支援やバランススコアカードの導入、
DWHの構築支援などを行っている。ITコーディネータ、システムアナリスト


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Monte Buhl (火曜日, 31 1月 2017 17:33)


    I every time spent my half an hour to read this webpage's content every day along with a mug of coffee.

  • #2

    Rebbecca Titcomb (水曜日, 01 2月 2017 00:20)


    Please let me know if you're looking for a article author for your site. You have some really good posts and I believe I would be a good asset. If you ever want to take some of the load off, I'd absolutely love to write some articles for your blog in exchange for a link back to mine. Please send me an e-mail if interested. Thanks!

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!