ITと経営をつなぐチョット気になるICTキーワードin2007/小久保 弘

 昨今の関係業界、対応している企業の活動、ビジネスを見ていると「IT」で
はなく「ICT」という言葉がピッタリの感が深い。
ICTとは何か?
「Information(情報)」「Communication(通信)」
「Technology(コンピュータ技術)」である。要するに、あらゆる面
で、「つながり」が重要になってきたのである。
因みに、関係省庁も、昨年度からはICTを使い始めている。

チョット気になるキーワード(アドバイスツールでは月間10万件以上のもある)
Web2.0 ロングテイル 内部統制 J-SOX法
見える化 NGN SaaS SNS
まとめ的には「つながり」と「見せる、見える」

■「つながり」拡大の世界
 インターネットビジネスでは、会社規模の大きさに関係なく、顧客とのつなが
りは、拡大、深化出来る。IT経営百選優秀事例の企業の多くが、Webサイト
の活用により、高い業績を上げている。
 また、Web2.0に代表される消費者個々のつながりを拡大、濃密化させる
仕組み作りにより、新しいビジネスモデルの構築、コミュニティの拡大等に成果
をあげている。SNSも、単なる気の合うもののネットワーク化のためではなく、
顧客とのつながりを更に濃密にし、ロイヤリティを上げるのに、有効であるし、
社内の口コミのツールとして、活用すれば、社員間の一体化に役立つ。

 (株)ホワイト・ベアーファミリー、昭和電機(株)、、、、、等
山本精工(株)は製造業ではあるものの、その事業コンセプトに「ロングテイル」
を活かしている。

 これらの動きが更に、加速化されるのが、NGNの本格的展開である。
つまり、NGNとは、高速、大容量化を進めるネットワークインフラの構築であ
る。これにより、環境が大きく変わる。
 全ての活動がNGNの展開をベースとして、加速化される。企業の規模に関わ
らず、特に、ベンチャー、第2創業の企業にとっては、新しいビジネスチャンス
かも?

■「見せる、見える」化への徹底追求
 最近の動きでは、J-SOX法、内部統制であろうか?対応必須は上場企業と
所謂大企業であり、全てが、関係するとは言えないものの、「見える化」を中心
とした内部統制的事業展開では、中小企業でも、十分な対応が必要である。プロ
セスの可視化、文書化、効率化は、B2B、B2Cなどの電子取引が拡大するに
伴い、企業間コラボレーションには、必須の要件となっている。
「見える、見せる」化の実施を推進している会社は、製造業に留まらず、大きな
実績を上げている。

 (株)タオ 枚岡合金工具(株) サワダ精密(株) (株)ミヤジマ、、、
など
 (株)サカエヤは肉屋さんですが、ICタグを導入し、生産履歴を消費者に
「見せる、見える」化することにより、新しいビジネスモデルを構築している。

■SaaSに見る新しい取り組み
 SaaSとは「パッケージソフトをサービスとしてインターネットを介して提
供」する。今、一番それに取り組んでいるのが、マイクロソフトでは。即ち、プ
ロダクトアウトのビジネスモデルからの転換である。この発想転換は中小企業で
も、必要なのではと思っている。
 確かに永年の製造技術を徹底深堀するのも重要であるが、自社のノウハウ、ソ
フト資産をサイト上のキラーコンテンツとして提供し、更なる顧客獲得を図る。
それを実践している企業もチラホラ。

 ついでに、一言。
アメリカのロバート・ローターボーン氏が従来の4Pに替わる4Cの概念を提唱
している。
・Product⇒Customer Value(顧客価値)
・Price⇒Customer Cost(顧客コスト)
・Place⇒Customer Convenience(利便性)
・Promotion⇒Customer Communication
                    (コミュニケーション)
中々、考えさせるキーワードはないでしょうか。

最後に、気になるのは、経営者のICTリテラシー(むしろ、Sense)。
業績の高い企業経営者は、今回のキーワードでも、感覚的に理解されている。
是非、更に、多くの経営者がICTに馴染んで欲しいものである。

(お断り 本文では、個別企業、略称3、4文字の説明はしていませんので、読
 者皆様で、確認して頂くとあり難いです)



■執筆者プロフィール


小久保 弘

現在、自由気ままな毎日。
ITコーディネータ、販路開拓コーディネータにて、中小企業、自治体の
コンサルタントと幾つかのNPO法人の理事を兼任。
「地域活性化とIT活用」を基本テーマに、複数の情報システム関連研究会を
コーディネート。直近では、新介護システム事業化とシニア活性化事業化。

ブログ「オッサンの元気で日本を創ろう」頑張って書いてます。
 http://kokusan.cocolog-nifty.com/ossan/


公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!