クオ・バディス(何処へ)/上原 守

私がコンピュータを使いはじめた頃は、汎用機+COBOLが全盛の時代でした。
時は流れ・・・今ではコンピュータは日用品化(コモディティ化)して、一人一
台の時代になりました。インターネット白書2006によれば、接続場所を問わずに
インターネットを利用している人がいる世帯の割合(世帯浸透率)も、85%を超
えました。
これから、ITをめぐる環境は、またビジネスとITの関係はどのようになって行く
のでしょうか。1エンジニアの観点から、少し考えて見たいと思います。

■速く、より速く
一番分かりやすいのは、高速化です。
コンピュータやネットワークの速度は、高速化の一途を辿ってきました。
「集積回路の集積密度は18~24ヶ月で倍増する」というムーアの経験則は、伸び
率こそ鈍るでしょうが、まだ続きそうです。
ビジネスの要求も「思考スピードの経営」(1999年 ビル・ゲイツ)や、上場企
業に対する「四半期毎の業績の概況」開示の義務付けのように、より速い情報の
収集や開示が必要になってきています。システム開発のプロジェクトの期間も、
ビジネスの要求から短縮される一方です。

■集中→分散→また集中
次に分かりやすいのは、処理形態の変化です。
オフコンや汎用機のホスト集中の時代から、クライアント/サーバでの分散処理
へと移り、またWebシステムを中心とした集中処理へと変わって来ています。
では、また分散処理の時代が来るのでしょうか?
ビジネスの世界では、トップダウン経営→「改善」を中心としたボトムアップ経
営→情報公開をベースにしたトップダウン経営と比較できるかも知れません。

■独占→オープンシステム→オープンソースソフトウェア
オフコンや汎用機の時代は、そのメーカーが独占所有している技術(プロプライ
エタリな技術)を利用して来ました。パソコンが強力になって、業務システムが
クライアント/サーバで実現できるようになると、オープンシステムという名前
のマイクロソフト社の独占がはじまりました。この状態はまだ続いていますが、
Linuxに代表されるオープンソースソフトウェアのシステムや、Open Officeのよ
うなツール群の出現によって、揺らぎはじめています。
ビジネスに当てはめると、メーカーに負んぶに抱っこ→自己責任だけ押し付けら
れて実はフランチャイザーだけが丸儲け→本当の自己責任・・・?

■プロセス→データ→オブジェクト
システムの設計方法論も、「処理手続き」を中心にしたプロセス指向(POA)か
ら、「データ」を中心にしたデータ指向(DOA)、オブジェクト指向(OOA)へと
変化してきました。さらには、サービス指向(SOA)という流れも顕在化してき
ました。実はこの流れの背後には、いわゆる手続き型言語から、構造化プログラ
ミング、オブジェクト指向言語へという開発言語の変化と、オブジェクト指向の
塊であるインターネットの普及があります。

■滝から原型へ、原型から渦巻きへ
システムの開発方法論は、段階を踏んだウォーターフォール(滝)からプロトタ
イプを作成して要件を確認する方法へ、さらにプロトタイプに機能を拡張して行
くスパイラル型(渦巻き)から、アジャイル開発のように顧客と目標を同じにし
て開発する方法へと変化してきています。

■作ってナンボから使ってナンボへ(開発から運用・保守へ)
これまでは、開発して納品して検収を受ければ、お金を貰えました。
ベンダーはユーザの言う通りに、とりあえず作って収めてきました。ユーザは良
く分からないので、とりあえず検収してお金を払ってきました。しかし、当たり
前のことですが、ビジネスに対してシステムが価値を生むのは、実際に運用して
からです。
たとえ10万でも、使えないシステムにお金を払えば無駄金です。逆に10億かかっ
ても、それ以上の利益がでれば、生きたお金です。
これまで、システム開発の体系や標準はいくつもありましたが、運用や保守に関
する標準はありませんでした。しかし、ITIL(IT Infrastructure Library)が
日本語化され、さらに昨年ISO化されたことで、運用・保守が「サービスマネジ
メント」として体系化されました。いまさらながら、運用・保守の重要性が見直
されてきたのだと思います。

前置きばかりが長くなりました。
さて、皆さんの中でもマイクロソフトのWordをお使いの方は多いと思います。
では、Wordの「スタイル」「テンプレート」を使って文書を構造化されている方
は、どれくらいいらっしゃいますか?数式エディタを使ったことがある方は?
Wordは多機能なワープロソフトですが、全ての機能を使う必要がある人は開発者
以外には誰も居ないように思います。でも、Wordの価格の中には、当然それらの
機能の開発費も含まれています。
SaaS(サーズ)という言葉があります。新型肺炎ではありません。
Software as a Serviceの略で、具体的には(多くの場合インターネットを経由
して)サービスとしてソフトウェアを提供する形態の事です。例えば、ワープロ
の基本機能だけを利用して普通の文書しか作らない人は、その分だけのお金を払
います。より高度な機能(サービス)が必要な場合には、追加料金を払います。
ケーブルテレビの、ペイ・パー・ビューみたいな感じを想像していただければ分
かりやすいかもしれません。
ビジネスとITを結ぶ場合、これまではITの「システム」が重視されてきました。
しかし通常のビジネスでは、Amazonのような場合を例外として「システム」本体
が価値を産む事は少ないのでは無いでしょうか?実際に必要なのは、ほとんどの
場合「機能」であり、自前の「機能」でなくても、利用できる「サービス」があ
れば充分な場合も多いと思います。
いくつかの先進的なITベンダーは、この事に気付きはじめており、各種の機能を
「サービス」として提供してきています。またユーザが数社集まれば、共同で利
用できるアプリケーションサービスを開発させることもできる(この場合、開発
費ではなくサービスの利用費用を支払う)かと思います。

IT関連は、サービス業として三次産業に分類されていますが、実際のシステム開
発の仕事は労働集約型の二次産業でした。ITの目的が「システム開発」から「サ
ービスの提供」へ変化し、ITベンダーのビジネスが「システム開発で開発費をも
らう」から「サービスに対して対価をいただく」に変わってきたことで、やっと
本来の「サービス業」として機能するようになったと思います。

「伝統的な労働力体制の下にあっては、働く人々がシステムに仕えたが、知識労
働力体制の下では、システムこそが働く人々に仕えなければならない。」
                            P.F.ドラッカー


■執筆者プロフィール

上原 守 m-uehara@to.ksi.co.jp
ITコーディネータ CISA CISM システムアナリスト
IT関連の資格だけは10種類くらい持っています。京都を中心に仕事をしたいと思
いながら、毎週東京へ出張しています。上流から下流まで、ソリューションが提
供できる人材を目指しています。


公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!