Saas(サーズ)の衝撃/藤原 正樹

 みなさんは、Saas(サーズ)というのをご存じですか? 冬場に猛威をふる
った新型肺炎(SARS)ではありません。このメルマガでも紹介されたことがある
ので、ご存じの方もあると思います。

 Saas(Software as a Service)、つまりソフトウエアをサービスとして提供し
対価を得るビジネスのことです。ソフトウエアを購入して使用するのではなく、
時間決めでレンタル使用するというものです。こう説明すれば、ASP
(Aplication Service Provider)を思い出されたと思います。確かに、ソフト
ウエアをレンタルするというビジネスモデルは同じです。しかし、あえて言え
ば、Saasは"次世代のASP"なのです。
 ここまで書くと、「Saasは、ITベンダーの新しい商売ネタ」と憶測されるか
も知れませんが、次世代というには意味があります。

●SaaSとASPの違い

 SaaSと従来型ASPの違いは、カスタマイズが可能であること、他のアプリケー
ションとの連携が容易であること、があげられますがこの2つの違いが非常に
重い意味を持っています。

 2000年頃に第1次のASPブームがありました。「ソフトウエアは買う時代から、
借りる時代へ」という日経コンピュータの記事タイトルが注目を集めました。
 ところが、大きく市場が拡大するのではとの期待が大きい割には、その後ブ
ームは去りASPへの需要は一部のITサービスに限定されたものになりました。

 今日、ASPがSaaSとしてグレードアップし注目されるようになったのは、IT
環境の進化があります。
 第1は、ブロードバンドの普及です。2000年頃と比べネットワークの費用対
性能は、1000倍になりました。今後さらに、2~3倍になると言われています。
高速ネットワークが安価に定額で使えるようになりました。

 第2は、Web2.0と総称されるアプリケーション技術の進化です。マニュアル
を見なくとも、直感的に使えるアプリケーションがエンタープライズシステム
(企業で使用する情報システム)へも提供されるようになりました。それによ
る、操作性の向上があります。

 従来型のASPは、回線費用も含めた運用コストが自社導入と同じぐらいかか
り、操作性もよくない、カスタマイズも出来ないなど、ASP活用のメリットが
少なくあまり普及しなかったという経緯があります。

●SaaSの可能性

 SaaSのすごさは、操作性と価格だけではありません。重要なのは、エンター
プライズWeb2.0といわれているWeb2.0技術が企業内システムと連携できるとい
う点です。
 例として、グーグルの地図情報、amazonの書籍情報は、それを活用するため
のAPIが公開されています。デルは、グーグルの地図情報を活用し保守メンテナ
ンスシステムを構築しています。グーグルの地図情報を活用することにより、
自社で一から構築するよりはるかに安価で高性能なシステム構築に成功してい
ます。

●SaaSの課題

 このように、ソフトウエア活用の新たな道を生み出しているSaaSですが課題
も多くあります。
 第1は、ソフトウエアのみをサービスとして提供するには限界があるという
点です。企業や個人から見るとソフトウエアはサービスの一部にすぎません。
コンテンツの提供や人手を介さなければならない作業への支援も含めたサービ
スとしての提供が必要です。
 第2は、使いこなすためのスキルをいかに育成するかです。Ajaxや他のWeb
サービスを使うことにより、操作性は確かによくなり”直感的”に使えるよう
になりました。しかし、操作できると言うことと、いかにどのような目的で使
うかは別問題です。

 MITのブリニョルフソンという研究者は、「IT投資で効果を生んでいる企業
は、コンピュータへの投資[1]に対し組織や人へ[9]の投資を行っている。」
と主張しています。
 SaaSが今カバーしているのは、単に[1]の部分だけと言うことになります。

 このように課題も多いSaaSですが、IT活用の新しい道を開きつつあることは
事実です。

注:
総務省からASP・SaaSの普及促進策に関する報告書が公開されています。下記、
URLからダウンロードできます。
http://www.soumu.go.jp/s-news/2007/070427_14.html
この報告書は、総務省が、ASPIC Japanと共同して、ASP・SaaSの課題と今後
の普及促進策について調査研究を行ったものです。
 上記報告書では、ASPとSaaSが同義として扱われています。しかし、実際の
意味としては、「SaaSは進化したASP」という定義がより近いように思います。

ASPについては、ITコーディネータ京都のメンバーが中心となって2002年
に執筆した「中小企業向けASP利用IT化推進マニュアル」を参照して下さい。



■執筆者プロフィール

藤原正樹(フジワラマサキ)
中小企業診断士 公認情報システム監査人(CISA)
e-mail:masaki_fujiwara@nifty.com


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Jose Lorence (日曜日, 22 1月 2017 11:26)


    Paragraph writing is also a fun, if you be familiar with then you can write or else it is complex to write.

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!