デジタルサイネージの潮流/山口 透

 最近、新しくできた商業施設や駅・公共設備で、大型ディスプレイに映る広告
を見たことがあるだろうか。
 大型ディスプレイに、テレビのニュースではなく、画像や動画、音楽などを組
み合わせた広告を表示していることがある。これが、デジタルサイネージ(電子
看板)と言われるものだ。

 デジタルサイネージは、ディスプレイとパソコン、ネットワークとコンテンツ
から構成される。ひとつの画面で、複数の情報を一度に表示したり、 時間帯を
変えて複数の情報を表示することができる。
 さらに、このコンテンツを映す機器に大型ディスプレイを使って、顧客の興味
を惹きつけたり、多くの情報を提供する工夫をしている。

 例えば、高速道路の主要なサービスエリアで渋滞情報を流したり、新しくでき
た商業施設である東京ミッドタウンでは、館内施設情報とテナントショップの案
内を流している。京都では、京都リサーチパークの施設案内とその日の研修や会
議スケジュールが表示され、お客様の利便性を高めている。
 これらのデジタルサイネージは、大型ディスプレイを使った情報提供の仕組み
として、主にマーケティング分野に利用が拡大されつつある。

 デジタルサイネージの特徴は、エリア限定してピンポイントで広告を流すこと
ができることである。たとえば、昼の情報提供番組で流れていた商品が店頭にあ
る場合、POP広告では一斉に内容を変えることは難しいが、デジタルサイネージ
では、簡単にできる。

 このデジタルサイネージがなぜ広まってきたかというと、液晶やプラズマデ
スプレイの大型化と、価格下落である。高精細な画像が表示できるディスプレ
イを使い、コンテンツの表現が豊かになったことで、デジタルサイネージの導入
がしやすくなったのである。
 この結果、市場性が高いと認識され、2011年には米国での広告市場規模が、
4000億円になると予想されている。(フロスト&サリバン調べ)

 さて、中小企業では、このデジタルサイネージをどのように利用できるだろう
か。中小企業はデジタルサイネージを、ユーザーの立場とビジネスチャンスを取
り込む立場としてとらえることができる。
 ユーザーとしては、広告効果が大きいと思われる。画面が大きく、店頭での興
味を引きやすいため、つい見てしまい、内容が目に飛び込んでくるように記憶が
刷り込まれるのだ。
 私が通う歯科では、待合室で入れ歯の新しい治療であるインプラントの紹介を
行っていた。歯科に行く前までは、インプラントという言葉すら知らなかったが、
出るころには、そろそろはの噛み合わせが悪くなってきた母に勧めてみるのも良
いなと思ったほどだ。
 ただ、デジタルサイネージを導入する場合は、初期導入コストが大きいことと、
コンテンツの入れ替えであるランニングコストがかかるので注意が必要だ。
 一方、このデジタルサイネージの潮流をビジネスチャンスとしてとらえるなら、
中小企業は、以下のモノやサービスを提供することができる。

1.ディスプレイやパソコンなどのハードウェア提供
2.ディスプレイの取り付けや電源工事などの設備・設置
3.コンテンツ表示・制御のためのソフト開発
4.デジタルサイネージで表示するコンテンツ作成
5.コンテンツ配信サービスの提供

このうち、中小企業が取り組める、コンテンツ作成に焦点当ててみる。

 コンテンツは、駅やホームなどの情報提供、商業施設や公共施設などの施設案
内、小売業の広告コンテンツなどがあるが、中小企業は、広告コンテンを作成す
ることが、中心となるだろう。
 この広告コンテンツを作るに当たっては、企業がプロモーションに利用する、
目を引くような広告と、動きのあるコンテンツをパソコン上で作ることが求めら
れる。
 具体的には、Flashと呼ばれるツールを使ってストーリ性のある商品説明や企
業の歴史等をテーマに沿った構成と色使いで作成していくことが重要だ。
 これらのコンテンツを中小企業が売り込む場合は、売り込み先企業に対して、
企業のチラシ、カタログ、パンフレットを作る印刷業者に代わって作成できる
ことを表明して行けばよいだろう。

 デジタルサイネージへの取り組みは、大企業から始まっているが、中小企業も
コンテンツなどの提供者側から取り組み始めて、利用者側に参入すれば良い。



■執筆者プロフィール

山口 透(とおる) toruy55@nifty.com

流通業や製造業等でIT戦略策定支援やバランススコアカードの導入、
DWHの構築支援などを行っている。ITコーディネータ、システムアナリスト


公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!