SaaSを活用してみませんか?/池内 正晴

1.SaaSとは

  ここ最近、SaaSという言葉を雑誌の特集記事などで見る機会が増えてきた。
 SaaSとはSoftware as a Serviceを略したものであり、直訳すると「サービスと
 してのソフトウェア」となる。
  これまでのIT利用は、利用者が自前で開発したり、パッケージとして購入し
 たりしたアプリケーションソフトウェアを所有し、それを動作させるために必
 要となるサーバなどのコンピュータ機器を用意して利用することが一般的であ
 った。
  これに対してSaaSと呼ばれるものは、アプリケーションソフトウェアやそれ
 を動作させるサーバなどの機器をサービス提供事業者が所有し、利用者はそれ
 をインターネットなどのネットワーク経由で利用するというITの利用形態であ
 る。この場合、利用者はサービス提供事業者からIT利用による恩恵をサービス
 として提供を受け、その対価としての費用を支払うのである。
  このIT利用の形態は、2000年前後に注目され始めたASP(Application Service
 Provider)と同じものであると考えられる。ただし、一部の意見では、旧来の
 ASPが進化してカスタマイズや他のアプリケーションとの連携が可能となったも
 のがSaaSであるとも言われている。しかし、カスタマイズや他のアプリケーシ
 ョンとの連携が可能となったのは、そこで提供されているアプリケーション自
 体の進化であり、ASPというサービスの概念としては変化しておらず、SaaSと
 ASPは同一のものであると考えることができる。

2.システム導入・運用費用

  SaaSを導入することにより、自社でシステムを構築する必要がない。そのた
 め、初期投資が抑えられるうえ、パソコンなどの端末とインターネットに接続
 できる環境があれば、すぐにでもシステムが利用可能となる。また、システム
 の運用を自社で行なう必要がないため、そのための人材を確保する必要がない。
  サービス提供事業者は、アプリケーションソフトの開発やサーバの導入など
 で必要となった初期投資を回収する必要があるため、利用者が支払う料金には、
 システムの運用費用に加えて、これらが含まれている。しかし、サービス提供
 事業者は同じサービスを複数顧客に提供することにより、スケールメリットが
 得られるため、比較的安価な料金でサービスが提供可能となる。

3.システムの柔軟度

  SaaSはひとつのシステムを使って複数の顧客にサービスを提供するという特
 性上、顧客ごとの独自機能を盛り込んだソフトウェアでサービスを提供するこ
 とが困難である。したがって、顧客ごとに大幅なカスタマイズが必要な独自性
 の強い業務には不向きである。ただ、最近のアプリケーションでは、ある程度
 のカスタマイズ機能を備えているものが多く、以前と比較して若干自由度は増
 してきている。
  このような特性より、SaaSとして提供されているアプリケーションは営業支
 援、財務会計、人事給与など、顧客ごとの業務内容が比較的似通っているもの
 がこれまでは大多数であった。しかしSaaS市場が拡大するにしたがって、業界
 固有の業務に対応したアプリケーションなどを提供するサービスも増えつつあ
 る。

4.セキュリティ面での考慮

  SaaSを利用するということは、自社の業務データをサービス提供事業者に設
 置されているサーバのデータベースに登録することになる。したがって、サー
 ビス提供事業者のセキュリティ対策が不十分であると、情報漏洩などの事故が
 発生するリスクが大きくなる。
  また、事業者に設置されたサーバへの接続はインターネットを通じて行なう
 ことが一般的であり、そこでの通信が安全に行なわれるような考慮も必要であ
 る。

5.システム運用の留意点

  SaaSにおけるシステムの運用は、サービス提供事業者に委ねられる。したが
 ってシステムを利用可能な時間帯や、メンテナンス等で利用できなくなる頻度
 などを事前にしっかりと確認し、自社の業務に支障がないことを確認しておく
 必要がある。さらに、システムの応答速度など、サービス品質についても提供
 されるレベルが明確になっていることが望ましい。

6.解約時のリスク

  利用者側の立場から見るとSaaSによるシステム導入は初期投資が少なく、万
 一システム導入に失敗して断念する場合においても、従来型のシステム導入と
 比べて費用面での損失は小さくなる。しかし、このような場合において、導入
 を断念するまでに投入されたデータがどのように扱われるかに注意をする必要
 がある。自社構築したシステムの場合は、データを格納した機器等が自社に残
 るため、システムの導入を断念した場合においても、それまでに投入されたデ
 ータを利用することは可能である。しかし、SaaSの場合は契約を打ち切るとシ
 ステムを使用できなくなるため、それまでに投入されたデータは、一切利用で
 きなくなる可能性がある。
  このようなケースについても、ある程度想定しておかないと、万一システム
 導入を断念してサービスを解約したいと思っても、それまでに投入されたデー
 タを参照する必要がある期間は解約をすることができないといった状況に陥る
 可能性もある。

7.まとめ

  ITが普及していくにつれて、利用方法・規模が多様化し、システムが提供さ
 れる形態も多様化しており、SaaSもこのような流れの中で生み出された選択肢
 の一つである。メリット、デメリットを正しく捕らえ、自分達にとって有益な
 ものであると判断されれば、SaaSを活用したIT化を進めてみてはいかがだろう
 か。



■執筆者プロフィール

  池内 正晴 (Masaharu Ikeuchi)
学校法人聖パウロ学園
光泉中学・高等学校 教務部 情報担当
ITコーディネータ
  E-mail: ikeuchi@mbox.kyoto-inet.or.jp


公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!