SaaSは中小企業のもの?/宗平 順己

 SaaS(Software as a Service)のことがこのコラムでも何度か記述していま
すので、皆さんも少しは意識して頂いているのではないかと思います。
 SaaSの特徴は、許される範囲ではありますが、自分たちの仕事にあうように画
面のつくりやデータ項目を自分で設定でき、月々の使用料を払うだけで使うこと
ができるということです。しかもこの許される範囲がかなり広く、この自由度の
高いレディメード感覚が特徴と言われています。
 しかし、SaaSのメリットは実はもっと別のところにもあります。SaaSを利用す
る時、皆さんに必要なのはインターネットブラウザが動くPCとインターネット接
続環境だけ。今家庭で使っているパソコンで十分です。そして何よりも大事なこ
と、それは大事なデータを皆さんのパソコンの中にしまっておく必要がないとい
うことです。
 データは手元のパソコンにないと不安と思われる方も多いと思いますが、例え
ば100万円を自宅の鍵のつく引き出しに入れておくのと、銀行に預けるのとどち
らが安心でしょうか?これと同じ理屈で、セキュリティが格段に高いSaaSを選択
するという企業も実は多いのです。
 有名なSaaSは、非常に頑強なデータセンターで高度なセキュリティ環境に守ら
れて稼動しています。データだけでなくSaaSの本体ソフトも一緒に厳重にガード
されています。ですので、例え皆さんのパソコンが故障したりあるいは盗難に
あったとしても、データとソフトはデータセンターという銀行に預かってもらっ
ていますので、代わりのパソコンを準備するだけで、すぐに業務を再開すること
ができるわけです。
 個人情報保護やウイルス対策などセキュリティへの対応が日に日に重要になっ
てくるものの対策も難しくなってきている現在、中小企業が自身でセキュリティ
対策を講じるのは難しいでしょう。その観点からもSaaSという選択肢が重要に
なってきています。
 このように良い事尽くめのように見えるSaaSですが、留意点はないのでしょう
か? 実は、あります。
 今のところ、中小企業に必要な業務を全て提供してくれているSaaSはありませ
ん。元々のSaaSの考え方は、インターネット上にあるいろいろなプログラムを組
み合わせて使うというものです。Web2.0の代表としてSaaSが取り上げられている
のはこの点にあり、そのための国際標準も定められています。従って、各々の
SaaSは部分的な機能しか提供しないわけです。
 そうなると、今度は使う側に組み合わせるという能力が必要となります。組み
合わせはSaaS同志だけでなく、自社内のシステム(パソコンにあるパッケージソ
フト、EXCELなど)との組み合わせも考えないといけません。このような組み合
わせをうまく行わないと、せっかくのSaaSの機能も十分に役立てることができな
くなってしまいます。一部の業務はSaaSを使ってとても良くなったとしても、他
の業務が旧態然としていては、業務全体の効率はかえって低下するというような
ことが起きてしまいます。
 今のところ、この組み合わせを考えるにはプロの力が必要です。ITCはこのた
めの訓練を受けているプロです。ですので、今後、読者の皆さんがSaaS導入を検
討されるときには、是非ITCの力を活用されることをお勧めする次第です。


■執筆者プロフィール

氏 名 宗平 順己(むねひら としみ)
所 属 (株)オージス総研 技術部長
資 格 ITコーディネータインストラクター、ITコーディネータ、
    公認システム監査人

専門分野
・BSC(Balanced Scorecard)
・IT投資マネジメント
・ビジネスモデリング
・IT統制


公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!