シンクライアントは、中堅・中小企業でも活用できる!?/杉村 麻記子

 みなさんは、「シンクライアント(ThinClient)」という言葉をお聞きになっ
たことはありますか?
 シンクライアントとは、データもアプリケーションもサーバ側に集中管理させ
て、コンピュータ(クライアント)側には、最低限の機能しか持たせないシステム
の総称です。
 調査会社のIDCは、先日「2008年国内IT市場10大予測」を発表し、その項目
のひとつに【シンクライエントの導入が本格化】がありました。今回は普及期に
入ったシンクライアントに注目して、その概要とメリット、中小企業における
活用状況について紹介します。

1.シンクライアントの概要
 普通のパソコンにはハードディスクがあり、そこにはOS(Windows)やブラウザ
やマイクロソフトのオフィス等さまざまなソフトがインストールされていて使う
ことができます。実際に作成したファイルや顧客情報等もすべてパソコンの中に
保存されています。
 一方、シンクライアント端末には、画面やキーボード、ネットワーク接続機能
があるだけで、アプリケーションやデータはすべてネットワークで繋がったサー
バ側にあります。中にはOSすら入っていないシンクライアント端末もあります。
 また、普通のパソコンでハードディスクや記憶装置へのアクセスを制限して、
シンクライアント端末として使用するシステムもあります。
 シンクライアントの「シン」とは「Thin」すなわち「薄い」と言う意味で、ク
ライアント端末が、最小限の機能しかもたなくてよいということを示しています。

2.特徴・メリット
 それでは何故、シンクライアントがここ数年で注目されるようになったので
しょうか? 大きな特徴として「セキュリティの強化」と「運用管理コスト
(TCO)の削減」があげられます。

 (1)セキュリティの強化
 「個人情報保護法」、「J-SOX法」など情報セキュリティやコンプライアンス
 に関する意識が高まってきました。一方で、情報漏洩事故はなかなか後を絶ち
 ません。
  シンクライアントはクライアント側にデータや情報が残らず、更に情報を持
 ち出せない形態となっています。たとえ端末が紛失・盗難に遭っても情報漏洩
 を防ぐことができます。
  またウイルスやスパイウェアなどの対策も、各端末側ではなくサーバ側で一
 元管理を行います。シンクライアント側にはソフトがないので、サーバ側での
 対策をきっちりとすれば良いのです。だから、パソコンを利用している人が、
 自分の端末で、ウイルス対策ソフトを入れ忘れたり最新のパターンに更新をし
 忘れたために、個人情報が漏洩した・・・といった事態を防ぐことができます。
  このようにセキュリティ強化に貢献するシンクライアントですが、徹底した
 セキュリティ対策のためには不正な持込PCによる漏洩や、インターネット経 
 由、メール経由の漏洩にも対策が必要となります。

 (2)運用管理コスト(TCO)の削減
  PC1台にかかる年間費用の8割が管理費用といわれています。これはPC購入代
 金の4倍に相当するとのことです。企業システムの運用管理コストの削減は、
 IT経営を実践する企業の課題となっています。
  PCをお使いの皆さんであれば、購入時の設定やソフトウェアのインストール、
 WindowsなどOSのパッチあての作業、故障時のデータバックアップと復旧作業
 などわずらわしいことに時間を浪費したといった経験をお持ちではないでしょ
 うか?シンクライアントはこのような作業はサーバー側で一括処理をするこ
 とが可能です。
  また個人情報や機密情報の漏洩を防止するためには、リースやレンタルをし
 たパソコンについて、返却時にハードディスクのデータを完全に消去する作業
 が必要です。シンクライアントであればこういった費用が不要となります。
  またパソコンの故障原因の多くがハードディスクにあることから、ハード 
 ディスクを持たないシンクライアントは故障率が低くなります。たとえ故障を
 しても、代わりの端末に置き換えるだけでOKです。このあたりのサポート費用
 も節約できます。
  このようにシンクライアントを利用すれば、パソコンの運用に関して、外部
 に委託している費用や、目に見えない時間の浪費(間接コスト)やそのための
 機会損失などを抑えることができます。但し、各現場側(クライアント側)で
 の作業が削減できる分、サーバー側での管理については追加の作業やコストが
 発生するので、注意が必要です。

 (3)その他 環境問題
  その他に、TCO削減のもうひとつの視点として、消費電力の削減があげられま
 す。シンクライアントの中でディスクやCPUすら持たないSunRay端末(サンマ
 イクロシステムズ社)の試算によると、年間電気使用量や年間排熱量が7割以
 上削減できるそうです。
  シンクライアントは、節電と発熱を抑える効果からエコロジーで環境にやさ
 しいシステムともいえます。

3.中堅・中小企業における活用
 さて、シンクライアントなんて一部の大企業が使っているしくみ・・・とお考
えの方も多いかもしれません。ところが、中堅・中小企業でも昨年度あたりから
導入が増え始めてきているようです。ガートナーの調査によると100~199人規模
の企業における導入状況は、2006年が0.5%であったのに対して、2007年には6.1%
となりました。この背景としては、大企業におけるセキュリティ事故の原因に、
下請け企業や取引先企業など中小企業での管理の甘さが関わっていることが多く
みられた結果、コンプライアンスやクライアント管理の徹底が大企業から要求さ
れることが急増しているようです。
 もちろんシンクライアントシステムの普及に伴い、導入コストが下がり始めた
ということも中堅・中小企業で導入するきっかけになっています。

 このようにセキュリティの強化、管理コストの削減などは、中小企業において
も大きな課題といえます。そのためのひとつの解決策としてシンクライアントは
十分検討に値します。最近は、各メーカーから数台規模のスターターパックなど
も提供されていて、以前に比べて導入がしやすい状況にあります。もし企業内の
PC買い替えを検討している方がいらっしゃるのであれば、一度シンクライアント
に注目してみてはいかがでしょうか?
 シンクライアントシステムは、サーバ側での管理が重要となります。活用する
ためには、きちっとシステムの面倒を見るためのしくみと体制が必要です。また
構築するシステムの実現方式には何種類かあって、それぞれ特徴メリット・デメ
リットがあります。また利用することが難しいアプリケーションなども存在する
等、実際に導入をする場合は自社の環境や導入の目的にあった方式がどれになる
か? 導入するメリットが本当にあるのか? などをITコーディネータや専門の
システムインテグレータに相談することをお勧めします。

追記:
 いま最も普及が進んでいるのはたくさんのPC端末を抱える「学校(小中高、大
学)」や個人情報を取り扱う「自治体(市役所や県庁など)」です。関西にある
有名国公立や私立大学ではほとんど何がしかのシンクライアントが導入されてい
ます。自治体では、和歌山県や東京都江東区など事例として公表されているとこ
ろも少なくありません。
 案外皆さんの周りにシンクライアントを使っている人(お子さん?)がいるか
もしれません。



■執筆者プロフィール

杉村 麻記子 m.sugimura@nifty.com
ITコーディネータ・中小企業診断士
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社勤務


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Loyd Timm (木曜日, 02 2月 2017 21:35)


    Hi, I do think this is an excellent web site. I stumbledupon it ;) I may come back once again since I bookmarked it. Money and freedom is the greatest way to change, may you be rich and continue to guide other people.

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!