損益分岐点(Break Even Point)/竹内 政明

 事業を継続して発展させていくためには、適正な利益を確保することが必要と
なります。利益を出すためにはいくらの売上があればよいのかを知るために損益
分岐点の考え方が役に立ちます。また、新規に事業を立ち上げるための創業計画
書の作成にも利用できます。

1.損益分岐点売上高

 損益分岐点売上高とは、損益がトントンになる、つまり売上高から変動費を差
し引いた限界利益と固定費がちょうど同じになる(経常利益がゼロとなる)売上
高のことです。
 したがって、売上高が損益分岐点を超えれば利益が出て、下回ると損失が発生
することとなります。
 
 損益分岐点売上高は下記の算式で求めます。
  損益分岐点売上高=固定費÷限界利益率
  ・限界利益 =純売上高-変動費
  ・限界利益率=限界利益÷純売上高
 
  ・変動費とは売上の増減に伴って変動する費用
  (例)材料費、商品仕入高、外注費など
  ・固定費とは売上が増減しても変動しない費用
  (例)役員報酬、従業員給与、賃借料など

(計算例)
 売上高100万円
 変動費 60万円
 固定費 20万円
 の場合の損益分岐点売上高は下記のようになります。

 ・損益分岐点売上高=20万円(固定費)÷40%(限界利益率)=50万円
 ・限界利益率=(100万円-60万円)÷100万円


2.目標利益の設定
 
 損益分岐点の考え方は目標利益の設定にも利用できます。
目標利益を達成するための売上高は、固定費にその目標利益を加算することで
求めることができます。

(計算例)
 上記計算例で目標利益を30万円と設定した場合

 ・(20万円(固定費)+30万円(目標利益))÷40%(限界利益率)
   =125万円

 目標利益の設定の際に借入金の返済額や納税額を考慮する場合は下記の算式で
求めることができます。

 ・目標利益を達成するための売上高
  =(固定費+(借入金返済額-減価償却費)÷(1-税率))÷限界利益率 


3.経営体質の強化
 損益分岐点が低いと利益がでやすいので黒字体質の会社であるということがで
きます。損益分岐点を下げるには、下記の項目について検討する必要があります。
 
・限界利益率の向上
 1)売上単価のアップ
 2)仕入、外注単価の見直し、原価低減
 
 ・固定費を減らす
 1)不要な資産の売却
 2)交通費、交際費等の経費の削減


■執筆者プロフィール

竹内政明(たけうち まさあき)
竹内政明税理士事務所
代表 税理士・ITコーディネータ
(TKC全国会会員・電子申告、書面添付推進事務所)
TEL075-863-3377
FAX075-863-3378
e-mail masaaki@oak.ocn.ne.jp


公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!