セルフマネジメントで毎日が楽しくなる/中川 普巳重

 今日は、育児休暇中に日々感じていることを通してセルフマネジメントについ
て少し書いてみたいと思います。子育ての現場で日々何度も遭遇することを取り
上げています。子育ては既に一段落された方も多いと思いますが、そういえばそ
んなこともあったかなあ・・・とお読みいただければ幸いです。

「急がば回れ」
 急いでいるときに限って子供がぐずり出すのはなぜ?
 パソコンを前にメールのチェックをしようとすると、寝ていたはずの子供が
「ふぇーん」と声をあげてぐずり出しました。すやすや寝ていたはずなのに・・・。
母親の意識が自分から離れていることを敏感に察知しているかのように、何かし
ようとするとぐずり出す子供。夕飯の準備を始めたら、掃除をしようと思ったら、
こんなことは日々何度もある話です。
 こんなときあなただったらどうしますか?
 私が経験したパターンを以下4つ列挙します。
(1)急ぎの用件があるのでぐずぐず言っている子供をそのままにしてメールの
   返事を書く。
(2)「○○ちゃん、ちょっと待っててね」などと声をかけながらメールの返事
   を書く。
(3)子供のところへ行き背中をトントンするなど、とりあえず相手をしながら
   寝かしつけようとする。
(4)子供を抱っこして、しばらく相手をする。子供が起きてしまったようなら
   一緒に遊ぶ。
 そして、それぞれのパターンの結果は以下でした。
(1)の場合は、ちょっとぐずっていただけの子供が放って置かれたことで泣き
出し、さらに放って置くと泣かせすぎて声がかすれてしまうほどの大泣きになり、
すっかり気持ちがこじれてしまいます。こうなると機嫌を戻すのにかなりの時間
を要することに・・・。最悪のパターンです。
(2)の場合は、待たせる時間にもよりますが、大人の「ちょっと」と子供の
「ちょっと」は時間の長さが違うため、下手をすると待たせすぎてしまい、(1)
のパターンになる可能性大!です。
(3)とりあえずの対応だということがバレバレで、母親の気持ちがせかせかし
ていることを子供が敏感に感じてしまった場合などは、やはり泣き出してしまう
ことも。そうなると長くぐずるパターンです。
(4)メールチェックのことは一旦忘れ、子供に気持ちを向け抱っこをして子供
と呼吸を合わせます。「どうしたの?」などと話しかけぐずっていた原因を探り
ます。ミルク、オムツ、などの物理的原因を解決しても機嫌が回復しない場足は
しばらく遊び、気分転換できるようにします。すると、いつの間にか機嫌が良く
なり一人遊びを始め、そのまましばらくは一人で機嫌良く遊びます。そうなると、
落ち着いてメールの返事を書くことができるのです。時間がかかるように見えて
実は(4)が一番お互い心穏やかであり、時間も短くて済むようです。

 仕事をしていても同じようなことはありませんか?
 急いでいるときに限って、電話がかかってくる、急な来客がある、別の用事を
頼まれる、何かを尋ねられる、パソコンの調子が悪くなる・・・
 そんな時どうされていますか?
・電話対応がちょっと適当になってしまう。場合によっては、いま忙しいのでと
 切ってしまう。
・急な来客には相手を聞いて場合によっては居留守を使う。
・尋ねられたことが面倒な要件のときは「良くわからないなあ、○○さんに聞い
 てみたら」と人に振ってしまう。
・用事を頼まれるときには、説明された内容が良くわかっていなくても「はい、
 わかりました!」とその場をやりすごす。
・調子の悪いパソコンを前にイライラ、表示されたメッセージを良く見ずにエン
 ターキーを何度もたたいて大切なファイルを消してしまう、あれこれいじって
 いて状況が悪化してしまう。

 育児の場合は、(4)のパターンを選ばれた方も、仕事上では(1)(2)
(3)のようなとりあえずの対処をしている場合もあるのではないでしょうか・・・。
その場はやり過ごせても、相手に与えた印象などが原因で、後々何らかの形で自
分に返ってくるのではないでしょうか。また、イライラが増してしまい、やって
いた仕事も捗らない、集中力が低下しミスをしてしまうなど、あれもこれも中途
半端な状況になってしまうのではないでしょうか。
頭ではわかってはいること、当たり前のことも、状況によってはできないことが
あります。セルフマネジメントを意識することで、常に(4)のパターン、つま
りは相手ときちんと向き合った対応ができるようになれば、イライラしてミスを
することも減るでしょうし、とりあえずの対処で印象を悪くすることもないでし
ょうし、第一自分の気持ちを穏やかに保つことができ、仕事も捗るのではないし
ょうか。

 そんなことはわかっているけれども、急いでいる時などはなかなかそうもいか
ないものですね。そこで、私は仕事でも育児でも(4)のパターンができるよう
に、「タスクリスト」を活用しています。

「タスクリスト」
 これは私にとって、日に何度も、何かをやっている手を止めて子供の相手をす
る中で、穏やかに時間を過ごすために重要な存在です。
 タスクリストと言っても大げさなものではなく、今日、絶対にやるべきこと!
だけを紙に書いて机の上に常に目に付くように置いておくだけです。
 今日、絶対にやるべきこと!はメモに向かっていきなり書き出したものではあ
りません。日々、「あ!あれしなきゃ」「あ!○○買っておかなきゃ」「○○し
ておいて」と、やることが発生する都度にメモに書き留めていきます。そして毎
日ちょっとした時間に、書きたまった内容を見ては、優先順位を考えたり、段取
りを考えたり、終わったことは横線で消したり、思い出したことを追記したりし
ます。
 書きためていくばかりでは、メモ用紙何枚にも及ぶやることを見て憂鬱になる
だけですし、気持ちもなんとなくせかされます。そこで、優先順位をつけ、段取
りを考えて、何が何でも今日中に終わらせる必要があることだけを別の紙に書き
だし、朝から意識を集中して取り掛かるのです。もし途中で中断したとしても、
引き続きやれば良いのです。もし、3時ごろに書いてあることが終わったとした
ら・・・今日はもう急ぐこともないし、ゆっくり子供の相手をして時間を過ごそ
う・・・と気持ちにゆとりも生まれ、子供もご機嫌!です。

 しっかりと優先順位をつけることが重要です。常にやることは追加されるます
ので、その都度頭の中で優先順位をつけなおすのです。
 また、書き出すときに欲張りすぎないことも大切です。心にゆとりを持って取
り組んでいけば、たくさんのやることも以外にスムーズに終わるものです。書い
てあるやることの多さを気にせず、優先順位の高いものから一つ一つ取り組んで
いくのです。

 紙に書き出すこと、優先順位、段取りを考えることは、きっと誰もが知ってい
るごく当たり前のことだと思います。それを如何に習慣化し活用するか・・・。
 当たり前のことを当たり前に徹底してやる。
 これはある意味セルフマネジメントだと思うのです。



■執筆者プロフィール

中川 普巳重(なかがわ ふみえ)
京都リサーチパーク株式会社 EBSセンター (ただいま育児休暇中)
 中小企業診断士、ITコーディネータ、日本経営品質賞セルフアセッサー、
キャリア・デベロップメント・アドバイザー
Eメール  fumie-na@k4.dion.ne.jp


公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!