BPO(Business Process Outsourcing)を考える/松井 宏次

百日紅(さるすべり)が、ふわっとした赤い花をつけたと思っているうちに夏も通
り過ぎ、プラタナスの大きな葉が少しづつ舞い始め、いつのまにか京都の街も秋
の気配です。

今から5年前(2003年)の秋、P&G(ザ・プロクター・アンド・ギャンブル
・カンパニー)の従業員への人事サービスを、IBMがアウトソーシングで提供
するというニュースが報じられました。このとき、P&Gから約800名がIB
Mの人事部隊に移籍、合流し、アウトソーシングが開始されたのですが、IBM
が、化粧品・サニタリーのトップメーカにして超優良企業とされているP&Gの、
約80カ国、9万8千人余りの従業員に対して、人事業務サービスを提供すると
いうことが大きく報じられました。コンピュータメーカーの枠を本格的に脱しつ
つあった当時のIBMの強力なアピールでした。

自社の業務の一部を、外部に委託、アウトソーシングすることは、物流や製造の
部門で古くから行われていますが、BPO(Business Process Outsourcing)と
呼ばれるアウトソーシングは、主に、総務・経理・人事業務など管理業務の分野
で、自社がコアとしていないプロセスを専門性を持つ外部へアウトソーシングす
ることを指します。また、そこでは、対象とする業務の企画、改善設計、運用、
人材といった全てについて、一括してアウトソーシングできることが、従来の作
業請負や人材派遣、などとの違いで強調されています。
BPOの登場は、80年代後半の米国にまで遡りますが、情報システム、情報通
信が高度化することで、管理業務を社内外の何処に置くかという場所的な制約も
無くなり、BPOの利用環境は、時代とともにいっそう整ってきました。そうし
たなか、上述のP&GのIBMへのアウトソーシングは、BPOの代表例のひと
つになったのでした。

国内企業が行っているBPOの身近な例としては、財務、経理業務や、カスタマ
ーセンター業務などがあげられそうです。また、政府の地方行革指針の発表以降、
地方自治体の民間委託分野が拡大し、そこでも自治体の非コア業務の委託がBP
Oとして注目されました。もっとも、国内でのBPOの普及そのものは、その世
界的な拡がりや伸びに比べ、低いペースだといわれます。

それでも、経済産業省が、今年2008年6月に公表した「BPO(業務プロセ
スアウトソーシング)研究会報告書」によれば、「国内のBPO市場は、世界の
成長スピードには及ばないものの、年平均5.0%で成長を続け、2006年に
8,246億円であった市場規模が、2011年には、約1兆650億円規模に
なると見込まれる」とされています。
また、同報告では、BPO未経験ユーザは、コストメリットやセキュリティ、ま
た、自社への柔軟な対応が得られるかといった不安が強い、という反面、既にB
PO利用ユーザーは、BPOについての満足が高い、という分析結果となってい
ます。BPOへの期待が表われています。

BPO利用側の要点のひとつは、自社よりも優れた専門性を有する外部企業を活
用することにあります。これによって、自社の本来の中核業務への注力を強化し
ようというものです。
BPOの提供側は、情報システム会社やコンサルティング会社、人材派遣会社、
会計事務所など、様々です。求められる業務について高い専門性とマネジメント
力が発揮できる企業であれば、単なる受託では無くBPOの担い手になる道があ
るともいえそうです。

大企業を中心に利用が注目されたBPOでしたが、中堅・中小企業での利用も拡
がっており、中小企業の52%が、何らかのかたちで、人事、財務および経理な
どでBPOを利用している、という調査結果も別途伝えられています。皆様の企
業ではいかがでしょうか。
BPO利用の検討は、自社が最も大切にすべきプロフェッショナルとしての仕事
が何なのかを、あらためて再認識したり見直したりすることに繋がるかも知れま
せん。


-参考‐

BPOベンダー企業が請け負う主な業務内容

総務部門
 オフィスサービス: 備品管理  文書管理 庶務 受付業務 
 ファシリティ管理: オフィス・会議室管理 施設管理

経理部門
 資産管理: 支払い業務  予算・利益管理 債権債務管理 決算関連業務

人事部門
 給与、賞与計算 社会保険関連業務 人事管理 採用 研修 退職者支援
 (アウトプレースメント)  福利厚生関連


 参照:経済産業省 BPO(業務プロセスアウトソーシング)研究会報告書


■執筆者プロフィール

藤原正樹(フジワラマサキ)
松井 宏次(まつい ひろつぐ)
ITコーディネータ 1級カラーコーディネーター 中小企業診断士
mailto:hiro-matsui@nifty.com


 

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!