LとRのクラウド/宗平 順己

  最近クラウド・コンピューティングという言葉がよく見かけられるようになっ
ています。「ITpro EXPO 2008 Autumn」における講演レポート、「米国で記者が
目撃したクラウド・コンピューティングの実像」を見て頂くと米国での実態がよ
くわかります。(動画で前後篇25分ほどです)

http://bptv.nikkeibp.co.jp/article/081112/081112708.html

 ここで話題となっているクラウド・コンピューティングは、いわばレンタルサ
ーバの超廉価版ととらえて頂ければ良いです。これをLのクラウド(Cloud)
と呼んでいます。
 皆さんが気にすべきは、もうひとつのクラウド、Rのクラウド(Crowd)
と呼んでいる、クラウドソーシングというものです。
 クラウドソーシングの走りの一つとして、2000年にジャック・ニッケルが始め
たスレッドレスというものがあります。これは、オンライン・アパレルと言われ
るもので、消費者は自分のTシャツデザインをサイトにアップし、サイトの訪問
者が人気投票を行い、人気の高いデザインだけをTシャツにプリントして販売す
るというものです。ジャックはサイトの運用とTシャツのプリント・販売以外何
もしていません。デザイナーもマーケティングも全て顧客(コミュニティ)が行
ってくれています。

 クラウドソーシングの例として良く引用されているものとして、iStockphoto 
というものもあります。Webデザイナーのブルース・リビングストンが自分た
ちの写真をWebサイトに登録しいつでもダウンロードして自由に使えるように
したシステムがはじまりで、ファイルをダウンロードするごとに25セント課金す
るしくみになっています。ところが、このしくみに目を付けたアマチュアやセミ
プロ写真家や写真素材を必要とする企業ユーザが、
・自分の写真をサイトに載せるといろいろな人々が採用してくれる
・既存の有償サイトよりも非常に安価にそこそこの品質の画像を入手できる
というように需給双方のメリットが評価され大きなビジネスへと発展しました。
その結果有償サイトを運営していたGetty Images社は2006年にiStockphoto 社を
5000万ドルで買収せざるをえなくなってしまいました。
 このようにクラウドソーシングは、インターネット上のバーチャル・コミュニ
ティに参加する多くの一般の人々(Crowd)の才能や知恵、知識などを活用
してビジネス課題を解決するものです。ウィキペディアやLINUX、オープン
ソースもこの例として捉えることができ、その活用範囲は非常に多方面にひろが
りつつあります。

 ここで皆さんに気がついて頂きたいのは、クラウドソーシングのための仕組み
はクラウド・コンピューティングの環境を使って簡単にできてしまうということ
です。有名なYoutubeもGoogleの環境を利用して携帯向けサイトを
迅速に作ることができました。
 インターネット上にはとても便利な無償・安価なコミュニケーション環境やソ
フトが多くあり、これらを組み合わせる知恵とアイデアがあれば、新しいビジネ
スを立ち上げることができます。このような取り組みは大企業は非常に不得意と
することで、機動性の高い中小企業の皆さんであるからこそ可能なものです。
 ぜひ、ITコーディネータのアドバイスを得て、LとRのふたつのクラウドを有
効活用して下さい。


■執筆者プロフィール

氏 名 宗平 順己(むねひら としみ)
所 属 (株)オージス総研 執行役員 技術部長
資 格 ITコーディネータインストラクター、ITコーディネータ、公認システム監査人

専門分野
・SOA
・BSC(Balanced Scorecard)
・IT投資マネジメント
・ビジネスモデリング
・IT統制


公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!