ITアウトソーシングの見直し その2/大塚 邦雄

  前回2月に標記テーマでメルマガを執筆しましたが、今回はその続きとして
クラウド・コンピューティングサービスを取り上げます。今話題のSaaSもクラウ
ド・コンピューティングサービスの一つです。ではSaaSとクラウド・コンピュー
ティングサービスでは何が違うのかといいますと、SaaSは電子メールやグループ
ウェア、業務用アプリケーションなどのソフトウェア・パッケージの提供を行な
うものです。これに対してクラウド・コンピューティングサービスは、ソフトウ
ェアだけでなく、ハードウェアやデータベースなどを含めた幅広い概念です。こ
れらはインタネットを介して利用しますが、インターネットを雲形で表すことか
ら名付けられました。具体例を挙げると、Google Appsや、Amazon EC2/AmazonS3
などがあります。言葉の定義はさておき本題にはいりますが、

 初めに話しは少し外れますが、先にあげたGoogleですが、Googleの検索はコン
シューマ向けに如何に検索サービスを安価に提供出来るかを考えて、考え抜いた
末に生まれたもので、その結果として仮想化技術を使いこなしてきているのです。
ですので云うまでもなく、本質的なものが何であって、その手段と目的を履き違
えると本末転倒になってしまいます。クラウド・コンピューティングサービスを
利用するにあたっても、ただ漠然と利用するのではなく、目的をもって活用しな
ければなりません。

 とはいえ、具体的に業務にどのように使えるのかイメージが付き難いと思いま
す。ちょっと前に話題になりましたが、ある自治体ではCRMのSaaS提供業者が構
築・運用した定額給付金の事務処理アプリケーションを利用することで、事務処
理の準備をわずか2週間で完了させたといいます。定額給付金は一時的なもので
すから、そのためにITシステムを構築することは馬鹿げています。しかし、クラ
ウド・コンピューティングサービスを利用することによって、迅速に体制を整え、
事務処理が完了すれば契約を終了すればよいのです。
 これは一例ですが、この様に必要とする時期に必要な機能を使うことも出来ま
す。もちろん企業であれば継続的に使用して情報の蓄積・活用を図らなければな
りません。

 反対にクラウド・コンピューティングに向かない処理があります。ちょっと専
門的になりますが、クラウド・コンピューティングの特徴を理解していただく為
に簡単に説明します。それはトランザクション処理と言われているもので、複数
のコンピュータ(ユーザ)から一つのデータを同時に更新する場合です。この場
合データの整合性を保つ為に、一つの処理が終わるまで、他のコンピュータ(ユ
ーザ)の処理を排除しなければなりません。しかしクラウド・コンピューティン
グではこの排他制御をせず、ひとまず更新を進めます。このためトランザクショ
ン処理では更新が失敗することも想定しておかなければなりません。
 また、クラウド・コンピューティングでは一つのデータを複数のサーバで保持
するようにします。これはあるサーバにアクセス障害が発生した場合でもデータ
が保持されるようにするためです。このためデータ更新が遅くなり、その間にデ
ータの一貫性が崩れる可能性があります。
 その他にもデータベースの情報の持ち方によっても向き・不向きがありますの
で実際に利用するにあたっては専門家に相談して進めることが必要になります。

 クラウド・コンピューティングサービス利用でよく言われることにセキュリテ
ィ問題があります。当然セキュリティは確保しなければなりませんが、水と安全
はタダではないことを銘じておくべきでしょう。クラウド・コンピューティング
サービスで取り扱う業務処理を選択し、更に万が一の保険をかけておくことも必
要です。

 中小企業にとって、会社規模では大企業に及ばなくてもネットの社会では時間
とチャンスは平等に与えられています。またクラウド・コンピューティングサー
ビスには大企業と同等のソフトウェアを技術を持つことが可能ですのでこれを利
用しないことはありません。何が出来るか、その前に何をしたいかをはっきり決
めて検討されてはいかがでしょうか。



注)
SaaS(Software as a Service)
Google Apps:Googleが提供する表計算・ワープロ・メール・カレンダー機能等
      をもつサービス
Amazon EC2/AmazonS3:Amazonが提供する商用ウェブサービス。レンタルサーバ
      上で希望するソフトウェアを実行することが出来る


■執筆者プロフィール

 大塚 邦雄
 情報処理システム監査、ITコーディネータ
 30年にわたるシステム経験をもとにIT化を支援します。
 e-mail:k_ootuka@mbox.kyoto-inet.or.jp


公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!