頑張る中小企業はSaaSでも頑張る/小久保 弘

  数年前からSaaS研究会、J-SaaS研修会含めて、色々と中小企業向け
のIT化として対応しているが、最近少しずつ、SaaSサービスを活用しよう
とする企業が出てきた。 

 SaaSは、色々な業務機能を月額費用の形で提供するオンラインサービスで
ある。企業にとっては費用の低減、運用の手間の簡素化などが図られる。しかし、
その導入は中々進んでいなかった。 

・月額レベルであれ、月数万円では、チョット高い。
・サービスの内容がよく分からない。
・上手く使いこなせれるか?不明、自信がない。
・とりあえず、現状のやり方(人的な処理、既設システムで業務は進んでいる等)
 で支障がない。 

ないない尽くしであった。

 だが、サービス提供側の価格の低減化、対応力強化、ユーザ側の意識変化など
で、私の関係している企業数社でも導入を開始している。その内の1社は生産管
理業務への適用も進めており、従来の「営業支援、顧客管理、情報共有」業務へ
の適用とは違う活用も出ている。 

 ある雑誌の「SaaS/ASP利用実態調査」でも、回答企業1679件のう
ち約2割が使用中、検討中とあわせると約4割とのこと。大企業も含めての調査
であり、中小企業の状況を反映しているとは言えないが、確実にSaaSサービ
スは浸透している。

□SaaSとしてのサービスアップ
 小規模事業者向けとして経済産業省が力を入れているJ-SaaSサービス
(http://www.j-saas.jp)は、加入者が増えていくとともにメニューも増加してい
るが、各ベンダーからの提供サービスも増えている。

 サイボウズの「かんたんSaaS」は、先ほどの中小企業経営者の悩み解決と
して今年からサービスインとのこと。また、受発注EDIについても、中小企業
での活用推進の1つとして業界レベルでSaaS化を進めており、期待が持てる。 

 更に最近感じるのは、生産管理などSaaS化し難いといわれている業務サー
ビスまでITベンダーが提供し始めていることである。 

□更なるサービスアップ化
 様々なSaaSサービスが拡大すると供に、その相互連携と既存のアプリサー
ビスのデータ、機能を活かすためのオンラインでの連携化が進んでいる。

1)Sky On Demand
 奉行シリーズとSalesforceとのデータ連携、サイボウズガルーンと
 SalesforceCRM連携など
2)MIJS(http://www.mijs.jp/about_mijs/)によるアプリケーション連携
 国産ソフトウェアベンダーの集まりであるMIJSが各サービス間の連携を本
 格化しつつある。
3)Boomi on Demand
 アメリカでのサービスであるが、SaaSアプリケーション間、SaaSアプ
 リケーションと従来基幹システム間での接続サービスを実現。統合プロセスの
 定義にはコーディング作業は不要。

 他にも色々とある。また、業務向けアプリケーションの他社で開発したものを
活用していく動きが盛んとなっている。開発費用の低減、運用の手軽さから今後
の拡大が見込まれる。

1)SalesforceのAppExchange
 オンデマンドアプリケーションのマーケットプレイス。開発者は作成したアプ
 リケーションを公開し、ユーザーは数回のクリックでそのアプリケーションを
 インストールできる。
2)ZohoのWebオフィススイート
3)Coghead
 コードを書かずにアプリケーションを作ることができる。基本は、ドラッグ&
 ドロップで画面を定義し、必要機能を作る。
4)Facebookでは、学生中心に自分の開発したアプリの活用を図る。

 中小企業経営者も、開発の専門メンバーではなくてこのようなサービス導入を
ある程度まとめられる人がいれば、安くて高機能の業務サービスは可能ではない
のだろうか。また、我々のようなITコーディネータが以下のような支援を行う
ことも更なる進展の一歩かもしれない。 

・導入検討支援
 業務見直しを含め、SaaS導入を想定した情報化への最適化検討
・業務プロセスの設計支援
 各業務をSaaSサービス化するためのプロセス分析と設計
・既存システムとの連携支援
 データ移行、データ連携、既存アプリケーションとの連携、プロセス実現に合
 わせたアプリの組み合わせの設計
・導入、定着支援
 カスタマイズ支援、ユーザ教育 など

 SaaSサービスの導入は、中小企業での更なるIT活用化へのトリガーでも
あり、先にお話した既に取り組んでいる企業では、自社の見直し、企業力アップ
に上手く活用している。現在対応している京都、滋賀の企業を含めて、SaaS
サービスの活用企業の更なる拡大を目指して行きたい。


■執筆者プロフィール

小久保 弘

ITコーディネータとして、生産力強化、営業力強化について、
京都、滋賀での研究会、セミナー、個別支援をしています。


公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!