不況なんかに負けないために描く 『未来のスケッチ』/源田 道雄

あなたも仲間たちと  『未来のスケッチ』を描きませんか
そのために必要なのは 『やる気!! 元気!! 勇気!!』 だけです。

■栄光からの脱出
  トヨタのリコール問題が世界中を駆け巡り続けていますが、その最中、トヨ
  タの社長が今後の経営方針を語る中で、ダーウィンの「進化論」の一文を引
  用しています。

   『もっと強い者や、もっと大きいものが生き残るのではない。
        変化に対応できるものだけが生き残るのだ。  』 

  つまり、成功の呪縛から抜け出し、持続的な成長を続けるには、柔軟性を持
  って環境変化に対応していくしかないことを、世界的な企業のリーダーでさ
  え、認めざるをえない時代になってきたのです。

■経営者が絶対言ってはならない 『5つの言い訳』
  今の不況に負けないに、あなたの会社には何が必要なのでしょうか? 

  しかし この質問に答える前にこんな言い訳を思い浮かべていませんか?
  1、景気や政策が悪い   2、ロケーションが悪い
  3、大企業、大型店が悪い 4、業種や業績が悪い 5、規模が小さい

  このような言い訳は、居酒屋で酒と共に飲み流してしまうものであって、こ
  れで不況から抜け出せることにはならないことは、頭では理解されているは
  ずです?!

  では、本当に不況から脱出できる妙案なぞ、存在するのでしょうか?
  そんなものあるわけがない・・・と思っておられませんか?

■会社が果たすべき使命と責任 『正しい決断』
  不況とは、世の中に大きなの変化の波が来ていることであって、サーファー
  のように波の変化を読んで、波を乗りこなしていくのか、それとも海中をも
  がき続けるのかは、経営者の「能力」と「決断力」次第です。

  あなたの会社が海中に没しないためには、経営理念の原点に立ち戻り、時代
  の変化を読み取り、「正しい決断」をするか否かということが、浮沈の鍵と
  なります。

  つまり、経営者にとって決断するということは、「その決断が正しいか、正
  しくないか」ということであり、「儲かるか、儲からないか」「他社に勝つ
  か、負けるか」ということではありません。

  また、会社にとって大切な目的は、事業を継続することであり、業績を上げ
  ることはその手段に過ぎません。経営者は「正しい決断」によって、社員と
  家族、外注先、顧客、地域、株主に「幸せと豊かさ」をもたらさなければな
  らない、「使命と責任」があるのです。

  しかも、この決断が誰かの犠牲の上に成り立つものであっては、絶対ならな
  いのです。

■日本で一番大切にしたい会社
  もうこの本をご存知でしょうか?
    「日本で一番大切にしたい会社」 坂本 光司 著  あさ出版 

  この本の中では、数十年と成長を継続されている会社や、障害者の雇用比率
  が7割でも適正な利益を上げ続けている会社など、不況の中でも信念をもっ
  て、事業と社会への貢献の両立を継続され、地域の人々が大切にしたくなる
  中小企業の姿が描写されています。

  その会社で共通しているのは、無理な成長戦略をとらず、人財を育て、地域
  社会の信頼を、年輪の如く刻み続けるというものでした。

■「未来のスケッチ」が生んだ 旭山動物園の奇跡
    「経営で大切なことは旭山動物園にぜんぶある 未来のスケッチ」
                    遠藤 功  著  あさ出版 

  旭山動物園の奇跡をレポートしたこの本では、僅か20名ほどの職員が危機
  に瀕した動物園を再生するために、前向きで、明るく、正直な想いをみんな
  で描いた14枚の「未来のスケッチ」が、年間300万の来場者に感動を生
  んだ事実が描かれています。

  不況の出口は混沌としています、しかし、そんな今だからこそ、経営者と社
  員が志を一つにして、不況立ち向かっていくことが求められます。それには
  まず、会社の理念を蘇らせることを、現場から始めることなのです。

  お尋ねします 
    あなたの会社の理念は 朝礼のときだけの念仏になっていませんか?


■執筆者プロフィール

源田 道雄 ( ITコンサルタント )
  e-mail m_genda@nifty.com
   URL       「1分間で視える仕事術」
           http://homepage3.nifty.com/station-i/

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!