中小企業の会社合併の動きについて/間宮 達二

 昨今のデフレ、円高や製造業海外移転の動きの加速により、中小企業を取り巻
く環境はますます厳しくなっています。そのなか、過去事業拡大や節税対策のた
めの分社化による複数社経営形態から、会社同士の合併により経営の効率化を図
るという事案が増えています。

 複数社経営には、利益が順調に上がっているような好況時は、分社化すること
で法人税対策や消費税対策になり、また、事業ごとに責任や権限を明確にできる
などのメリットがありました。しかし、不況の今、前述のようなメリットよりも、
分社化しているためにかかるコストや情報管理の煩雑さなどのデメリットが目に
つくようになってきました。そうした理由で合併を検討する会社が増えているの
が実情です。

 では、中小企業が採用している合併の種類とそのメリット、デメリットについ
て触れてみたいと思います。「中小企業には合併なんて煩雑な手続きとは無縁だ」
といった意見もあるかもしれませんが、意外とそこまで煩雑でもありませんので、
ぜひ参考としてください。

1.会社合併の種類
 まず、合併には吸収合併と新設合併の2つの手続きがあります。吸収合併とは、
合併の当事者となる会社のうちの1つの会社を存続会社として残し、その他の会
社の権利義務を存続会社に承継させて消滅させるものをいいます。例えば、A社
とB社が合併するケースでは、A社がB社の権利義務を承継し、B社は消滅する
ことになります。

 新設合併とは、合併の当事者となる各会社を解散させて、新たに設立する会社
に全ての権利義務を承継させる方式をいいます。例えば、新たに設立されたC社
に、A社およびB社の権利義務を承継させるということです。なお、実際の合併
においては、吸収合併の場合がほとんどです。

2.合併のメリット、デメリット
 合併のメリットについては、冒頭で述べたとおり、会社が複数に分かれている
ことにより発生する余分な人材や経費を削減できる点が挙げられます。また、合
併する当事会社が赤字会社と黒字会社であれば、損益通算することが可能なケー
スもありますので、これも大きなメリットといえます。また、これまで提携関係
にあった会社同士の結束をより強固なものにし、企業規模を拡大することができ
るというメリットもあります。

 反面、合併によるデメリットもあります。やはり本来別々の会社が1つになる
わけですから従業員等の不安や不満を招く可能性もあります。また、金融機関の
会社に対する評価が変わることもあり、借入枠が減少してしまうこともないとは
いえません。金融機関とは事前に協議しておくことが望ましいでしょう。

3.まとめ
 合併は一つの方法に過ぎませんが、この厳しい不況が続く中で、複数社経営の
当初の趣旨から外れた状態となっていると感じている経営者の皆さまは、現在の
会社に合致したあるべき経営形態を考える機会としていただけると幸いです。


■執筆者プロフィール

氏 名 間宮 達二(まみや たつじ)
所 属 ひかりアドバイザーグループ(ひかり経営戦略株式会社)
資 格 ITコーディネータ
お問い合わせ mamiya@hikari-advisor.com
HPアドレス  http://www.hikari-advisor.com

21世紀に羽ばたく「あるべき姿」の実現に向け、お客様の羅針盤として真の
経営改革支援と、事業リスク分野における情報提供、将来に向けての対応策を
ご提案いたします。

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!