クラウド・コンピューティングがサポートする地場産業の再生への道/源田 道雄

 地場産業が衰退を辿る道を見ていますと、そこには必ず、改革するチャンスを
逸しているという事実が存在します。例えば、新橋~横浜間で、鉄道が1872
年に敷設されて以来、SLの煙を嫌った宿場町はあっという間に寂れました。

 現代においては、ITが鉄道の世界と同じ役割を果たし、出口の見えない景気の
中を生き抜くために、お店は情報ステーションの機能を拡張整備していかなけれ
ばならないのです。

◇「不便さ」を演出して、お店の価値を磨き上げるということとは?

   ヒトは なぜ 行列のできるラーメン屋に 今日も並ぶのでしょうか?
ヒトは なぜ 隠れた秘湯を探し求めて 山深い道を行くのでしょうか?

それは 感動 > 不便 という成功に導く式が存在しているからです。
生産力や地域性ゆえの逆境を好機に変えるために、満足ではなく感動を呼
び込む戦略と、それを遂行する強い信念の結果なのです。

   つまり、「不便さ」の価値とは、逆境として捉えてしまう環境や条件を、
好機として見直し、希少性などの強みを様々な演出を駆使して初めて、磨
き上げられるものなのです。
    「不便さ」の価値を磨くためには
     1.不便であるがゆえの強みとすべきコンセプトを明確にする
     2.顧客ターゲットを絞り、硬軟織り交ぜた、戦略を立てる
     3.顧客の購買行動や客層の変化を見逃さない
     4.顧客の変化に気づいたら、演出を少しずつ調整し続ける

   つまり、「不便さ」という価値は、情報をコントロールすることで大きな
価値へと変化します。また、それは絶え間ない努力を求める質のものであ
り、磨くことを怠ると、一瞬にして、最悪の道を辿ることはいうまでもあ
りません。しかし、情報を磨けば磨くほど、その価値は高まり、クラウド
コンピューティングは、価値を磨く研磨剤としての役割を果たします。

◇お客様の「満足」を「感動」へ導くためのクラウド・コンピューティング 

   顧客サービスの視点から、クラウド・コンピューティングの特性を考える
と、必ずしも、お客様に対して直接的な情報サービスを提供するものには
向いておらず、CRMなどの顧客情報の内部管理に適しています。

   しかし、お客様の「満足」を「感動」に変えるには、お客様の購買行動の
変化を迅速に把握し対応できるための、精度の高い購買行動予測分析が求
められ、「個客」という視点での情報整備が常に必要となります。

   また一方、情報保護ために堅牢なセキュリティと対投資費用効果を考慮し
たコストのバランスを両立する必要があります。これを実現するためには、
クラウド・コンピューティングが適しており、一定の利用制限はあります
が、初期及び維持管理コストの負担が非常に少なく、また、セキュリティ
の品質も一定水準が保てます。

さらには、お客様の情報を、商店街や企業グループなどで共有することに
より、お客様のニーズに変化に対して、旬な情報を効率よく伝えることが
可能になり、攻めのクラウド・コンピューティングが実現します。
 
◇地場産業再生の道のり  「呉服」の衰退の原因は?           

答は単純明快 → 呉服屋が洋服を着て仕事をしているからです。
つまり、呉服屋の主人のみならず、呉服に従事する人々が、毎日、売上、
効率などの数値目標に囚われて行く中で、いつしか、着姿の素晴らしさを
良さを伝えるという本分を怠り、着物を日常の暮らしの中から遠い世界に
   遠ざけてしまったからです。

呉服産業を復活させるために「不便さ」を演出するには?
  キーワードは、日常と非日常の間の世界にある「着姿の美しさ」です。
 そのためには、お客様にとって鏡となるために、呉服関係の方々が、普
    段から着物に身をまとい、時間と空間と手間ひまを惜しまずに演出する
ことで、お客様が自分の着姿を想像できる雰囲気作りだすことです。

1. 「着姿の美しさ」を表現し、PRするために、茶道、華道、香道な
どの伝統文化と、神社仏閣、日本旅館、料亭などと業界の垣根を越
えた、融合した演出を行うために、顧客情報のコラボレーションが
必要です。

   2. 着物に触れる機会を作ることです。
例えば 保育園の頃から着物に接する機会を作る
       着物だけを着て接待しないといけない地域を作る
         和裁を家庭科に導入し、着物を仕立てる機会を作る
・・・などなど 

 これらの演出を企画するだけでは、「不便さ」の価値を広めることに限りがあ
ります。ポイントは、着物という商品を売るのではなく、着物を最も良く活用す
る智恵を提供することを強みにすることです。
 そのためには、お店のみならず、お客様も活用できる「着姿の美しさ」の情報
サービスが必要であり、これこそ、クラウド・コンピューティングでこそ、実現
可能な分野であり、この成功こそが、呉服だけでなく他の分野においても、地場
産業の再生への一里塚になるのではないでしょうか。


■執筆者プロフィール

源田 道雄
  E-mail   m_genda@nifty.com
  URL    http://homepage3.nifty.com/station-i/
~ 1分間で視える仕事術 ~

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!