ケータイ進化も新章へ/松井 宏次

明けましておめでとうございます。
初詣の人が詰めかける平安神宮や伏見稲荷、人々の賑わいに、鳥居や柱の朱色が
彩りを添えていることでしょう。皆様、佳い新年をお迎えのことと存じます。
2011年もよろしくお願いいたします。

昨年から今年にかけての身近なITの話題の一つにスマートフォンをあげること
ができそうです。昨年2010年の初頭では、果たしてスマートフォンは普及する
のか、Twitterは利用者が増えるのか、といったことが論争の題目になっていま
した。
それが1年を経て、今や、スマートフォンは、しっかりと利用者を増やし、先行
したSoftBank/Appleのi-Phoneに、対抗するOSとしてAndroidを用いながら、
NTT docomoや、au KDDIのスマートフォン商品が、どのように巻き返して行く
かが話題になっています。スマートフォンにも牽引されながらTwitterも広まり、
ネットマーケティング、販売プロモーションなどにおいても、大きな影響を持つ
に至りました。

さて、少し時を遡ると、四条通で祇園祭の鉾に、携帯電話を向ける人だかりに目
を留めたのが2002年。そのことをこのメールマガジン/コラムでとりあげた
のが2003年のことでした。その頃はといえば、デジカメと競合するほどに至
ったカメラ性能や、音楽機能の充実が注目の的。ちなみに、携帯電話の普及台数
は、日本の労働人口(15歳~65歳未満人口)数の約9割にあたる7721万3
900台でした。昨年秋の時点で、その台数は、1億1540万台と発表されて
いますから、労働人口どころか日本の人口1億2776万人そのものに追いつい
てしまう勢いです。
個人の携帯電話と、勤務先支給の携帯電話とを併せ持つという1人複数所有に加
え、スマートフォンの普及は、個人でも従来型とスマートフォンを合わせ持つと
いう複数所有も生み出しました。購買意欲の低迷や、市場の充足度合いを考えて
みても、この携帯電話/モバイルの売れかたは特筆されるものでしょう。

また、スマートフォンのシェア争いは、その背景に、国内の通信キャリアが築い
て来た収益の仕組みを賭けての競争があります。例えばiPhoneとセットになって
利用されるAppleのダウンロードサービスのApp Storeも、通信キャリアのサー
ビスにとって無視できない競合要素とされています。
そうした中でまだまだ拍車がかかるスマートフォンの普及と、それに伴う新たな
機能を備えた携帯電話全体の広がりが、利用者や生活者にとっては、とりも直さ
ず優れたコンピュータ利用環境の普及です。

ところで、ちなみに、iPhoneを手にした人は、その画面の美しさや、持たせて
いる機能の遊び心に魅かれたと思います。Android陣営にしても、その面もカバ
ーをしようとするでしょう。これは、携帯電話が「ケータイ」と呼ばれ始めたと
きから起きて来たこととも言えますが、実用機能だけでない、感性に訴える魅力
を競争の要素にしていることも、十分注目しておきたいところです。その競い合
いは、コンピュータを使っているという抵抗感を無くす競争にもなっています。

唱えられて久しい概念に、「どこでも誰でも、コンピュータを使っていると意識
することなく、それを利用することができる」という「ユビキタス"ubiquitous"」
があります。スマートフォンというケータイの広がりは、その実現を近づけるひ
とつの基盤になります。
そのように捉えられるケータイの新章の幕開けは、コンピュータネットワークを
より活かそうとする個人にとってもビジネス従事者にとっても、新しい可能性に
繋がることと言えるでしょう。


■執筆者プロフィール

松井 宏次(マツイ ヒロツグ) SoftPlow Business Lab
ITコーディネータ 1級カラーコーディネーター 中小企業診断士
e-mail:hiro-matsui@nifty.com Twitter : honobuono

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!