2月は「情報セキュリティ月間」/竹内 肇

 皆さんは、この2月が「情報セキュリティ月間」であることをご存知でしょう
か?
 昨年(2010年)1月、政府は情報セキュリティに関する普及啓発を図るた
めとして、毎年2月を「情報セキュリティ月間」と定めました。
 本年度は、「知る・守る・続ける」というキャッチフレーズや「情報セキュリ
ティ3か条」を定め、その周知に努めるほか、特設ウェブサイト「国民を守る情
報セキュリティサイト」の開設、ステッカー・バナー等による広報展開など、官
民を挙げて情報セキュリティに関する普及啓発強化を図るための取り組みを集中
的に推進するとしています。
<官房長官記者発表>
 http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201101/31_a.html

■キャッチフレーズ「知る・守る・続ける」
 1)安全・安心・便利なインターネット環境を構築するたのポイントを「知る」
  こと。
 2)情報セキュリティ上の脅威から身を「守る」こと。
 3)移り変わる情報セキュリティの脅威に対して対策を「続ける」こと。

■情報セキュリティ3か条
 1)個人情報など重要な情報の扱いは慎重に
 2)不振なサイトやメールにアクセスしない
 3)パソコンを最新のセキュリティ状態に

■国民を守る情報セキュリティサイト
 http://www.nisc.go.jp/security-site/
 「家庭」「学校」「会社」における情報セキュリティ対策を紹介

 ----------------------------------

 個人情報情報漏えいを代表とする情報セキュリティに関する事故・事件は相変
わらず世間を賑わせています。
 昨年11月には試供品などを提供するインターネット通販サイトに登録した会
員約46万人分の個人情報が派遣社員によって不正に持ち出され、名簿業者に売
り渡たされていた事件が発覚し、メディアで大きく取り上げられました。
 一方、移動中のノートPCやUSBメモリの紛失など、地方新聞やWeb上で
小さく扱われるような小規模な情報流出事故も後を絶ちません。
 特に昨年後半は、ウィキリークスによるアメリカの政府・軍の外交機密文書が
次々と暴露されていった事件、海上保安庁と中国漁船との沖縄・尖閣諸島沖での
衝突の一部始終を納めた映像が流出した事件も記憶に新しく、情報管理の難しさ
が浮き彫りになりました。

 また、スマートフォンなどの形態端末を標的としたウイルスも登場してきてお
り、今後は大きな脅威なっていくものと思われます。

 「情報セキュリティ月間」を一つの機会として、自身の情報セキュリティへの
取り組みを再確認していただければと思います。


■執筆者プロフィール

竹内 肇(タケウチ ハジメ)
E-mail:takeuchi@pangkal.com

◆中小零細企業の経営改革・競争力強化支援、ISO27001/ISMS認証取得支援◆

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!