リレー連載【スマートフォン】その2 スマートフォンアプリを開発する前に考えること/宗平 順己

 最近の世界的なITの大きな流れの一つに、「Consumerization」というものが
あります。まだ良い和訳はないのですが、消費者向けのIT技術が企業向けのIT
を塗りかえてしまうことというように理解すれば良いかと思います。まさしくス
マートフォンがその代表ですね。
 リレー連載その1では、このスマートフォンを使う場合にはPCと同じような管
理のしくみが必要ですというようなことが示されていましたが、この号ではスマ
ートフォンの利用の仕方について、少し深く考えてみたいと思います。
 企業によるスマートフォンの利活用方法としては、スマートフォンアプリを作
って消費者にダウンロードして使ってもらう囲い込みやチャネルの多様化を目的
としたものと、社員に使わせる業務利用の二つの方法があります。
 まず後者についてですが、スマートフォンの業務利用の用途を調べたアンケー
トが頻繁にいろいろな調査会社でなされています。これらの調査によると、まだ
まだメールやスケジューラでの利用が中心でスマートフォンらしい使い方はこれ
からというところのようです。自社の業務用Webアプリをスマートフォンで使わ
せるための技術的な蓄積がまだ不十分なのがその主な要因です。
 スマートフォンからの認証や端末管理のためのアプリケーションはすぐにでも
利用可能な状態になりつつあります。持ち歩きPCと同様のセキュリティ対策は先
行して整備されつつありますし、スマートフォンをシンクライアントとして利用
することも難しくありません。11月の第二週に東京で開催されたVMware社の
vForum2011では、個人のスマートフォンを極めて安全に会社のWebアプリの端末
として使うことのできるソフトを、同社の社員が日常的に利用している様子がPR
されていました。ただし、スマートフォンの画面で利用できるようにするための
工夫が必要です。小さい画面でいつもズームアップしてスクロールして使うのは
やはり不評です。会社のWebアプリを構築する際に、スマートフォンでも利用で
きるようにするための工夫が必要となるのですが、まだまだその知識が普及して
いるとはいえません。
 ただし、SaaSの中には、Salesforce.comの様にスマートフォン向けの画面を同
時に自動的に作ってくれるものも出てきています。おそらくスマートフォンの業
務利用はSaaSから急速に広まり、新規開発の社内ソフトから対応していくという
ように進むと思います。
 一方、消費者向けのスマートフォンアプリについては、非常にたくさんのアプ
リケーションがApp StoreやAndroid Marketに登録されている状況において、い
かに自社のアプリをダウンロードしてもらうのか、そしてこちらの方が難しいの
ですが、いかに削除されずに使わせ続けるかが重要なポイントとなります。
 一部の方はご存知かと思いますが、スマートフォンのストレージサイズはメー
カによってまちまちです。iPhoneについては4までは、8/16/32GBの3種類でわか
りやすいのですが、Android携帯についてはストレージ容量がかなり小さいもの
もあります。スマートフォンにはアプリだけでなく、写真や動画、音楽なども登
録されるわけですから、まさにこのストレージの奪い合いになっているのです。
顧客志向の議論では「顧客内シェア」という指標が良く使われますが、スマート
フォンアプリについても同じことが言えるわけです。確かにWebサイト経由でア
クセスできれば良いという考えもありますが、ライバル社がスマートフォンアプ
リを出した場合、消費者はどちらを選ぶでしょうか? 答えは明らかですね。
使い続けてもらうためには、アプリケーションとしての使い勝手の良さはもちろ
ん、スマートフォンを通じて提供するサービスそのものが魅力あるものでないと
いけません。
 いずれの用途であれ、開発は開発キットが無料で提供されておりゲームを作る
のでなければ技術的難易度はあまり高くありません。スマートフォンという素晴
らしいデバイスがあるのだから、これまでの考え方に縛られることなく、自由に
楽しい発想、自分が使ったら楽しいなぁ、うれしいなぁという視点で用途を先に
考えることが大事です。
 そのためには、まず自らがユーザとなること。使ったことがない人、良さがわ
かっていない人がプロジェクトに参加することは厳禁です。特に上長の方々は注
意してほしいと思います。


■執筆者プロフィール

氏 名 宗平 順己(むねひら としみ)
所 属 株式会社オージス総研 執行役員 技術部長
資 格 ITコーディネータ、公認システム監査人

専門分野
・BPM+SOA
・BSC(Balanced Scorecard)
・IT投資マネジメント
・ビジネスモデリング
・IT統制

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!