IT利用能力の脆弱性 -人材育成の急務-/大塚 邦雄

 ITに関するスキル向上というと高度専門技術者を思い浮かべる方が多いと思
いますが、今回のテーマはITを活用する側の人材育成について述べます。
ITを活用する側といってもエンドユーザのみではなく、自社で情報システムを
開発せずにシステムを運用している情報システム部門も対象としています。
その背景は最近ある中堅会社で情報システムの運用に関して危惧すべきことがあ
りましたので、その事例を紹介しながらお話します。

 この数年の間、情報システムは自社開発からERPなどのパッケージを利用す
ることが多くなっております。ソフトウェアも豊富になっておりますが、自社開
発する機会が少なくなった分だけ、情報システムのしくみについての知識・経験
が希薄になり、問題が潜在化しています。
懸念される問題はいくつかありますが、今回は次の2点について取り上げます。
1つは、業務系システムの構想力が低下していることです。もう1つは情報シス
テムがブラックボックス化しているのに伴い、処理結果に対する結果責任が不明
瞭になっていることです。

 最初の問題は、ある業務をシステム化するにあたって、ベンダーに対してシス
テムの要件を決めて発注するのですが、要件の細かい条件を列挙するのですが、
全体像を掴みきれていないため、その業務要件のゴールのイメージが描けず、相
互関係のバランスを欠き、無駄な開発を進めようとしていました。
何よりも問題なのはシステム化の要件の基になる業務フローすら記述できずに、
いきなり帳票の設計をしたり、処理条件を考えてしまい、費用対効果などの全体
を鳥瞰した視点を欠いています。これは単に担当者の個人のスキルの問題もあり
ますが、情報システムがパッケージ利用にシフトしていくなかで、システムの構
築力が低下していったと考えられます。パッケージの利用は自社開発のための開
発費増大を抑制し、間接要員の削減につながり会社経営上の課題解決には有効で
はありますが諸刃の剣であることも認識してしておく必要があります。

 もう1つの事例は、同じくパッケージを利用している会社で、運用方法を変更
するにあたり、実行のサイクルに変更を加えたのですが、関連する事項の変更対
応をしていないため、ちょっと信じられないことですが間違った処理結果を数ヶ
月間運用していたということです。これは情報システム部門が変更作業にあたっ
て検証作業もせず適用し、利用部門も処理結果の検証を放置していたことになり
ます。これはパッケージ利用でシステムの仕組みがブラックボックス化している
ことも一因として挙げられますが、それだけでは済まされません。
 
 個々に潜む共通の問題は、情報システムの利用にあたっての基本的な考え方が
欠如していることです。コンピュータはあくまでも道具ですから、使い方も間違
えれば企業を窮地に追い込む凶器にもなりかねません。ではどのような手立てを
すればよいのでしょうか。人為的なミスをなくし、合目的な活動のために人材育
成は欠かせません。しかし 一口に人材育成といっても簡単にはできませんが、
ミスを防ぐチェック体制だけでなく、スキルそのものの訓練が必要です。

その訓練の1つの方法として以下のことが考えられます。
つまり、いずれのケースもデータの流れを理解していないことが問題です。
定期的にテーマを決め、情報系の担当者と業務系の担当者がペアになって情報の
流れを理解し、業務改善提案を実践させることにより、つぎの効果が期待できま
す。
1)情報系担当者による正確なデータの流れ・加工が明らかになる。
2)業務系担当者により必要十分なデータが明らかになる
3)各担当者の全体を俯瞰する力が付き、モチベーションの向上が期待できる
4)情報システムのチェックポイントが明になり、不具合防止に役立つ

 とかくシステム運用のサービスレベルと言った場合、コンピュータの故障が発
生する間隔とか、故障の修理時間などハードウェアの面が話題になりますが、む
しろどれだけコンピュータを有効活用しているかを基準に考えていかなければな
りません。しかし、コンピュータの有効利用の係数を図る指標はありませんので
会社事情にあった独自の指標作りが必要ですが、この点は別の機会とします。

 前述の事例が、単にその会社固有の問題であればよいのですが、類似の問題が
発生していますので、今回の事例を通して検めて情報システムに関わる実務者の
育成の大切さを鑑みて対応策を講じられることを提言いたします。情報システム
健全な運用は導入のインパクトに劣らず大事ですので、企業経営を足元から揺る
がすことのないように留意下さい。


■執筆者プロフィール

 大塚 邦雄
 情報処理システム監査、ITコーディネータ
 長年にわたるシステム経験をもとにIT化を支援します。
 e-mail:k_ootuka@mbox.kyoto-inet.or.jp

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!