日本でいちばん大切にしたい会社/米田 良夫

「日本でいちばん大切にしたい会社」(坂本光司)がベストセラーになっており
ます。現在3部まで出版されています。まとめてみましたので、数回にわけて紹
介したいと思います。

1.会社は誰のために
 会社は経営者や株主のものではありません。従業員やその家族、顧客や地域社
会など、その企業に直接かかわるすべての人々のものなのです。
 1)会社経営には、「五人に対する使命と責任がある」。
  a)社員とその家族を幸せにする
  b)外注先・下請企業の社員を幸せにする
  c)顧客を幸せにする
  d)地域社会を幸せにし、活性化させる
  e)自然にうまれる株主の幸せ
 上記1から5番の順序を間違えないことである。正しい判断をしていくには、
 ブレない正しい視点を持つことが大切です。
 2)企業の社会的使命は、会社を継続させることである。業績や成長は継続の
   ための手段にすぎない。
 3)会社が、私たちの心を打つようなことをやっているかいないか。心に響く
   会社なのか、社員がやりがいをもって楽しく仕事に取り組める会社のなの
   かが、重要である。
 4)企業経営に関しての問題の99.9%は、内つまり会社内部にある。
 5)景気は与えられるものではなく、創るものです。お客様が喉から手が出る
   ほどほしい商品を創り、提案すればいい。
 6)今は下請企業でも、30年計画を立て、徐々にその立場から決別する。こ
   んな気概をもたなければなりません。人がやらないもの、できないことを
   やるのです。オンリーワンの会社をめざすべきだ。

2.日本でいちばん大切にしたい会社たち
 (1).日本理化学工業株式会社
  昭和12年(1937)設立。従業員約50名。うち7割が知的障害者。
  主にダストレスチョク(粉の飛ばないチョーク)を製造。
  50年間、積極的に障害者を雇用し続けている。
  一人ひとりの状態に合わせて機械を変え、道具を変え、部品をかえた。

 (2).伊那食品工業株式会社
  昭和33年(1958)創業。創業以来48年間、連続増収増益という記録
  を打ち立てた。製品は寒天。国内シェア80%、世界シェア15%。
  寒天という斜陽産業のなかで、時代に合った新しい付加価値をつけ数値をの
  ばしている。
  社是は、「いい会社をつくりましょう」、補足、「いい会社とは、単に経営
  上の数字ではなく、会社を取り巻くすべての人々が『いい会社だね』と言っ
  てくださる会社のこと」。
  経営理念は、「企業は社員の幸せを通して社会に貢献すること」、補足、「企
  業は企業のためにあるのではなく、企業で働く社員の幸せのためにある」。
  創業以来一度も、リストラを行ってことがない。
  経営方針
  a)無理な成長は追わない
  b)敵をつくらない
  c)成長の種まきを怠らない
  「100年カレンダー」・・・「100年先でも価値ある企業として存続して
  いることを考え、経営の舵取り・決断をするようにしている」
  朝は自主的に会社の内と外を掃除しており、土日、昼休みには、社内の植物
  の剪定もしている。

 (3).中村ブレイス株式会社
  島根県の石見銀山の麓。製品は義肢装具。従業員は70名。
  昭和49年(1974)創業。
 「私たちの仕事が世のため、人のために役だっている」という自負、満足に満
  ちている。
  弱者の側に立った、人間の尊厳を高め、守ることに役立つ製品を作っている。

 (4).株式会社柳月
  本社は帯広。北海道にこだわり、北海道から出ない会社。40店舗。
  昭和22年(1947)創業。従業員約600名。売上高75億円。
  商品は製菓業。40年以上にわたって増収増益。
  社長の信条
  a)企業の目的は地域の人々をしあわせにすることである
  b)「あなたの会社がなかったら、お客様はほんとうに困りますか」と、い
    つも自分自身に問いかけ、「わが社がなくなったらお客様が困るような
    会社をめざしたい」
  5つの使命
  a)お菓子を通じて家族の団らんを提供し、親子のコミュニケーションづく
    りをします。
  b)いかに買いやすい価格で提供するか、コストダウンに努め、無駄を省き
    ます。
  c)日本一おいしく、安全で衛生的なお菓子づくりをします。
  d)帯広十勝、北海道の地域に貢献し、なくてはならない企業を目指します。
  e)食文化の向上に努め、常にお客様に新しい商品を提供し続けます。

  柳月5つの誓い
  a)私たちは、心を結ぶ団らんをお手伝いします。
  b)私たちは、心を結ぶお菓子をつくり続けます。
  c)私たちは、心を結ぶ接客・サービスを行います。
  d)私たちは、地域社会と心を結びます。
  e)私たちは、心を結び、幸せをめざします。
  そして、「私たちは、お菓子を通じて家族の絆を結び、人と人との心を結び
  ます。」

  柳月は自社だけの繁栄を考えていない。同業者を大切にするWIN・WIN
  の関係を大切にしている。
  北海道にこだわるのは、「わが社はお菓子を売っているわけではありません。
  お菓子といっしょに“北海道”も包んで売っているのです。」という。
  柳月は、企業文化、理念を非常に大切にし、心を結ぶ「感動」を最も大切に
  している。

 (5).杉山フルーツ
  静岡県富士市の吉原商店街に立地。最盛期120店舗、現在は70店舗。
  昭和25年(1950)創業。家族経営5~6人。無休。
  平成3年売上高は約8千万円、平成18年には倍増。
  平成6年商店街の大型店2店が撤退し、集客装置を失う。
  経営改革を実行。
  a)「贈り物」需要に特化する。
  b)イベント──>インターネットの活用、その他セール
  c)接客態度を改めた
  仕入れた商品を従業員みんなで、「これはお客様の心を満たすだろうか、ほ
  んとうのものだろうか」検討する。さらに、果物の産地、農家まで行って買
  い付ける。1箱買って来ると、いったん全部バラして入れ直し、まがい物や
  いたんだものを排除して店頭に並べる。
  新製品の開発でオンリーワンの店舗。
  顧客満足度の高いお店である。


■執筆者プロフィール

 クリッジナリティー 代表 米田 良夫

 中小企業診断士、ITコーディネータ、ビジネスコーチ。

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!