LCCの就航、勝敗はいかに / 小林 由香

 去る6月20日、再建中の日本航空が異例のスピードで再上場申請を行いました。
スカイマークエアラインが、5月に掲げたサービスコンセプトの一部について、
6月に消費生活センターから抗議され、賛否両論、物議を醸しています。
 7月1日には、伊丹空港と関西国際空港が経営統合し、稼げる空港を目指します。
今年3月に格安航空会社(LCC・ローコストキャリア)として、ピーチが就航
し、7月3日には、ジェットスターが就航しました。続いて8月にはエアアジアが
就航する予定です。以上のように、昨今、話題に事欠かない航空業界です。

 格安航空会社(LCC・ローコストキャリア)とは、既存航空会社(FSA・
フルサービスエアライン)の約半分以下の運賃で搭乗できる航空会社のことです。
飛行時間が最長4時間までの近距離・中距離路線を結ぶ路線がメインでヨーロッ
パや東南アジアでは既に普及しています。
 LCCは「空飛ぶ高速バス」とも言われるように、例えば、大阪・福岡間の料
金(片道)が約4000円~で、大手航空の普通運賃約2万2000円、新幹線の1万4000円
と比べると超低価格です。

 LCCとFSAを、ちょっと比較してみましょう。
・航空機材
LCC:単一機材(エアバスA320型機など)とすることで、整備費などのコス
    トを削減している。4時間程度の中距離まで対応できる。
FSA:小型機から大型機まで複数の機材を導入し、近距離から、長距離まで幅
    広く対応できる。
・空港ターミナル
LCC:ターミナルは、一般的には簡素な作りである。
FSA:ターミナルのは、ラウンジがあり、レストランやショップが充実している。
・座席のクラスと間隔
LCC:全てエコノミークラスまたは自由席、座席の間隔が狭い(例外もある)。
FSA:ファーストやビジネスクラスもあり、エコノミークラスでもLCCほど
    狭くない。
・客室乗務員のユニホーム
LCC:カジュアルなイメージ、一部は私服もある。
FSA:有名デザイナーのデザイン、機内サービスはエプロンで行う。
・機内食
LCC:有料の場合がほとんどである。
FSA:無料、上級クラスでは、ワインや高級食材のサービスもある。

 さて、皆さんは、どちらを選ばれるでしょうか?
ビジネスではFSAを、プライベートな旅行ではLCCを利用する、またはその
逆の方もおられるでしょう。どんなシーンでもサービスの良いFSAを選ぶ人、
価格重視でLCCを優先する人などなど、様々な利用のパターンがあると思いま
す。
 ピーチの就航をうけて「是非利用してみたい。」「いや、やっぱり私は既存エ
アラインだな」など色々な声が聴かれます。価格は、既存航空会社の普通運賃の
3分の1以下と言われています。「空飛ぶ高速バスを目指したい」(ピーチ・アビ
エーションの社長)として就航したLCC、この運賃は、既存航空会社のみなら
ず、新幹線、高速バス、夜間フェリーよりも低価格です。旅客各社ともに脅威な
のではないでしょうか。
 各社とも生き残りをかけての競争が始まりつつあります。利用者にとっては、
選択肢が増え、利便性が向上するものと思われます。

 ピーチ・アビエーションの出資会社でもある全日空の伊藤信一郎社長は、
「ANAブランドでカバーしきれない部分を、マルチブランドで需要を掘り起こ
し、市場の拡大・深耕を図る」と言っています。
 これからの日本の航空業界の競争は、今まで以上に厳しいと思いますが、これ
に生き残ってこそ、国際競争力が向上することでしょう。外国からの利用客の増
大が、これからの生き残りのカギと言えるでしょう。

 さて、8月には、既存LCCを含めて、7社が出揃う日本のLCC。成功の秘訣
は、リピータの確保ではないかと思います。利用者に、「次回も利用したい」と
言ってもらうためには、ローコストの条件の中でいかに乗務員のイメージ向上を
図るかではないでしょうか? 
 限られたコストの中で、リピータを増やすには・・・。過日のスカイマークの
サービスコンセプトは、物議を醸しましたが、一理はあります。過度な要求をす
る利用者がいることも確かだからです。しかし、残念ながら、イメージを低下さ
せてしまったのは事実です。LCCや航空業界に限らず、この騒動から学ぶこと
は多いと思います。

 利用者の多くは、低価格であっても安全と時間厳守は当り前のこと、その上で
陸の旅とは異なる空の旅というある意味特殊な空間※での、居心地の良さを望ん
でいると思います。(※陸上交通に比較し、機体が地面についていなかったり、
天候の影響を受けやすかったりする空間)
 居心地の良さの要求レベルは人それぞれ違いますが、そのマーケティングの適
格性がこれからのLCCや航空業界の行く方を左右することでしょう。運賃の高
い上級クラスへの要求レベルと、エコノミーや自由席クラスへの要求レベルは異
なりますが、それぞれのクラスで、利用者の充足感を満たしたときにはじめて、
リピータが得られるのだと思います。
 これからの、航空業界の動向に注目していきたいと思います。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

小林由香(Kobayashi Yuka)
小林税理士事務所 所長
税理士、ITコーディネータ、ファイナンシャルプランナー
「お客様の発展のため、最大限の努力をいたします。」が信条。

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!