日本でいちばん大切にしたい会社2 / 米田 良夫

 前回、「日本でいちばん大切にしたい会社」(坂本光司)を紹介しました。今回
はそのパート2です。先ず始めに、再度、会社は誰のためにを掲載します。

1.会社は誰のために
 会社は経営者や株主のものではありません。従業員やその家族、顧客や

地域社会など、その企業に直接かかわるすべての人々のものなのです。
(1)会社経営には、「五人に対する使命と責任がある」。
 (a)社員とその家族を幸せにする
 (b)外注先・下請企業の社員を幸せにする
 (c)顧客を幸せにする
 (d)地域社会を幸せにし、活性化させる
 (e)自然にうまれる株主の幸せ
    上記(a)から(e)番の順序を間違えないことである。正しい判断をし
   ていくには、ブレない正しい視点を持つことが大切です。
(2)企業の社会的使命は、会社を継続させることである。業績や成長は継続の
   ための手段にすぎない。
(3)会社が、私たちの心を打つようなことをやっているかいないか。心に響く
   会社なのか、社員がやりがいをもって楽しく仕事に取り組める会社のなの
   かが、重要である。
(4)企業経営に関しての問題の99.9%は、内つまり会社内部にある。
(5)景気は与えられるものではなく、創るものです。お客様が喉から手が出る
   ほどほしい商品を創り、提案すればいい。
(6)今は下請企業でも、30年計画を立て、徐々にその立場から決別する。こ
   んな気概をもたなければなりません。人がやらないもの、できないことを
   やるのです。オンリーワンの会社をめざすべきだ。

2.日本でいちばん大切にしたい会社
(1).株式会社富士メガネ
  松下幸之助と司馬遼太郎が愛したメガネ店。
  本社は札幌。現在(2009年)68店舗。
  売上高は平成21年81億円。経常利益は4.6憶円。経常利益率約5%。
  昭和14年(1939)に樺太豊原市(サハリン)にて創業。
  「もっといいメガネを多くのお客様に提供したい、お客様に喜んでもらいた
  い」
  技術向上のための教育と海外視察、ボランタリーチェーンでの情報収集で、
  オリジナル技術を開発した。
  昭和58年、創業45周年記念事業として、海外難民視力支援活動を実施す
  る。
  2008年6月までに116,200組のメガネをプレゼントする。
  その他、「中国残留日本人孤児メガネ寄贈プロジェクト」や、北海道の盲学
  校に拡大読書機などを寄贈している。

(2).医療法人鉄蕉会亀田総合病院
  最上階13階に霊安室・・「ここが、天国にいちばん近いからです」
  「もう一度入院したくなる病院」、患者さんに対する徹底したサービス
  千葉県鴨川市。病床数925床。手術室20室。
  医師400名、看護師850名。
  昭和23年に病院として開院。
  昭和60年救急救命センターを開設。民間第1号。
  外来数は1日平均2500名~3000名
  亀田メディカルセンターの使命
  「われわれは、すべての人々の幸福に貢献するために愛の心をもって、常に
  最高水準の医療を提供し続けることを使命とする。
  その最も尊ぶところ:患者さまのためにすべてを優先して貢献すること
  その最も尊ぶ財産:職員全員とその間をつなぐ信頼と尊敬
  その最も尊ぶ精神:固定概念にとらわれないチャレンジ精神」
  カスタマーディライトの追求:期待価値、願望価値、予想外価値
  亀田総合病院が行っているサービスの内容
  1)エスコートスタッフの配置
  2)衣料品・雑貨販売コーナー・・ウィンドショッピングの場を提供
  3)総合周産期母子医療センターにカメラを設置・・退院できない赤ちゃんを
   遠隔地の家族に24時間提供
  4)女性専用フロア・・ビュティーサロン、リラクゼーションサロンを併設
  「病人は、病気である以外は、一般の人と同じ生活をして然るべきです。患
   者様のQOLを、可能な限り向上してあげることが重要なのです。
  よい医療は人財から、人財はコストではなく、病院の財産です。
  亀田総合病院のモットーは「Always say YES!」、「絶対にNOと言わない」
  「カスタマーリレーション部」・・地域の診療所や病院との地域医療連携
  亀田病院長は、「私がいちばん多くの時間を割いている仕事、いちばん大切
  と思っている仕事は、医師と看護師をはじめとした、病院スタッフの命と生
  活を守ることです。」という。
  最新医療のための研究施設の充実。
  「肉体的健康」、「社会的健康」、「精神的健康」、「魂の健康」に基づき、
  患者の満足度の向上をスタッフ全員が心がけている。

 (3).(株)埼玉種畜牧場「サイボクハム」
  昭和21年(1946)9月、埼玉県の狭山丘陵で種乳牛、種豚、種鶏の育
  成開業と増殖と主としてスタート。
  従業員580名。売上高67億円。
  本店は埼玉県日高市。総面積9万平方メートル、楽農ひろば、レストランサ
  イボク、サイボクパークゴルフ場、天然温泉「まきばの湯」、カフェテリア
  を併設しており、来場者が年間380万人。
  取り組み、
  1)豚の改良・・海外から輸入し、「サイボクゴールデンポーク」
  2)プロの養豚経営者の育成・・自牧場で研修生を受け入れる。1350名超。
  「農業のディズニーランド」をめざして、「ライフピア構想」を設定。
  その他、特別養護学校の子供たちのため、りんご園も設置している。
  どんな産業、どんな業種であれ、強い信念を持って行動し、念ずれば思いは
  実現する。そして、経営者の企業家精神や血のにじむような努力にいかんに
  よって、どんな問題でも乗り越えることができる。

 (4).(株)アールエフ
  長野県長野市。平成5年(1993)創業。
  製品は、マイクロ波応用製品の研究や、内視鏡カメラの開発。特に、ワイヤ
  ーのない飲み込める内視鏡カメラ。
  歯科医師が使うワイヤレスカメラが世界で85%のシェア。フィルムのいら
  ないレントゲンは被爆も少なく直ぐにモニターで表示される。市場トップシ
  ェア。
  売上高は平成12年7.2億円(従業員30人)、平成13年9.3億円
 (従業員45人)、平成17年36億円(従業員151人)と、創業以来ずっ
  と増収している。
  会社のモットーは、「小さな命をもっと救いたい」。つまり、子供の患者さ
  んの体を痛めないで、小さな命を救いたい。
  商品名にはかんばってくれた社員の名前をつけている。例、「NAOMI」
  ランチミーティングで社長と社員、他部署の社員同士のコミュニケーション
  を密にしている。
  女性管理職が多い。(課長職以上2/3)
  将来、医療の大学院大学を設立したいという夢を持っている。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

 クリッジナリティー 代表 米田 良夫
 中小企業診断士、ITコーディネータ、ビジネスコーチ

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!