コンピュータウィルスによる被害を避けるために / 池内 正晴

1.コンピュータウィルスとは

 コンピュータウィルスとはインフルエンザなどのウィルスが人から人へ感染す
るように、コンピュータからコンピュータへ感染する、悪意をもって作られたコ
ンピュータのプログラムである。インフルエンザなどのウィルスは遺伝の過程に
よって徐々に変異していくのだが、コンピュータウィルスの場合は人為的に作ら
れるものであるため、容易に新種が作られて、それぞれが蔓延していく。

2.コンピュータウィルスによって与えられる被害

 コンピュータウィルスの歴史は古く、パソコンが一般家庭に普及し始めるころ
から、すでにコンピュータウィルスと呼ばれるものがすでに存在していた。しか
し、初期のころのコンピュータウィルスは愉快犯的なものが多く、感染した場合
でも画面に花火の画像や様々なメッセージが表示されるといった程度のものが多
かった。
 パソコンの普及が進み、多くの人が利用するようになってくるに伴って、コン
ピュータウィルスのもたらす被害も悪質化が進み、コンピュータに格納されてい
るデータを破壊したり、コンピュータそのものを使用できなくするといったもの
が増加していった。
 インターネットが普及し、日常生活の一部としてパソコンなどが活用されるよ
うになってくると、そこでやり取りされるデータが大きな価値や意味を持つよう
になってゆき、そのデータを盗んだり、犯罪行為に利用されたりするなど、被害
の甚大化が進んでいる。
 コンピュータウィルスの感染による最近の出来事としては、個人が所有してい
るパソコンが遠隔操作されて犯行予告や脅迫の発信が行われ、そのパソコンの所
有者が偽計業務妨害罪で誤認逮捕される事件や、インターネットバンキングを使
用しているときに、パスワード等を入力させる画面を表示させて、そこに入力さ
れたパスワード等を外部から盗むことにより、銀行口座から預金を奪われるとい
う事件なども発生している。

3.コンピュータウィルスの感染方法

 コンピュータウィルスは、悪意を持って作られたコンピュータのプログラムが
パソコン等の内部に取り込まれて感染し、それが実行されることにより発症する。
 パソコンがネットワークに接続されず単体で利用されていた頃は、フロッピー
ディスクなどの媒体を使って外部から入手した怪しげな実行ファイルを取り込む
ことで感染するということがほとんどであった。
 パソコンが電話回線などを使って、ネットワークとつながるようになってくる
と、そこからダウンロードした実行ファイルなどから感染するという機会が増え
てきた。また、電子メールが普及することによって、メールに添付という形で、
利用者同士が容易にファイルをやり取りできるようになることにより、コンピュ
ータウィルス感染の勢いが急激に増していった。さらに、実行ファイルだけでな
く、ExcelやWordなどの文書ファイル経由で感染するマクロウィルスと呼ばれる
ものも出現するなど、感染方法の多様化も進んでいった。
 インターネット環境が普及し、パソコンが常時ネットワークに接続されている
環境が普及すると、ネットワークを通じて外部からパソコンに対して攻撃を仕掛
け、脆弱な部分があると、そこからコンピュータウィルスを送り込むといった方
法も可能になってきた。これまでの方法であれば、利用者が何らかの操作を行っ
たときに感染するということがほとんどであったのだが、外部からの攻撃によっ
て利用者が気付かない間にコンピュータウィルスに感染させることが可能になっ
たのである。特にWinnyなどのファイル交換ソフトを使用するとその仕組み上、
パソコン本体の脆弱な個所を増やしてしまうことが多くあるので、そこを狙った
コンピュータウィルスが増加するということも起こっている。
 コンピュータ利用環境の進化に伴って、それをうまく利用した感染方法をもっ
たコンピュータウィルスが次々と出現しているのである。

4.コンピュータウィルスの感染を防止するためには

 パソコンへのコンピュータウィルスの感染を防止する最高の方法は、ネットワ
ークや外部媒体と完全に遮断し外部とのデータなどのやり取りを無くすことであ
る。しかし、この方法は、そもそもパソコンを使うということの価値がなくなっ
てしまうので現実的ではない。
 そこで考えられるのが、市販のウィルス対策ソフトを利用するということであ
る。ウィルス対策ソフトの開発会社は、さまざまなコンピュータウィルスの仕組
みや動作を調査し、感染や発症をしないように防御したり隔離するというソフト
ウェアを開発している。コンピュータウィルスは次々と新種や亜種がでてくるた
め、ウィルス対策ソフトは数日に1回以上というペースでアップデートが実施さ
れている。
 ウィルス対策ソフトは、世間に出まわっている多くのウィルスからパソコンを
守ることができる。ただし、一度導入すれば安全というものではなく、常に最新
の状況にアップデートしておかないと、新しいウィルスには対応できないので注
意が必要である。
 しかし、ウィルス対策ソフトが100%完全に対応できるわけではない。ウィ
ルス対策ソフトが新しいコンピュータウィルスに対応できるようにアップデート
したとしても、さらにそれを避けられるように次々と新たなコンピュータウィル
スが作られるため、完全に防ぎきれない場合があるのである。
 そのため、さらにウィルス感染のリスクを避けるためには、インターネットか
らダウンロードした出所がわからないソフトウェアの利用や、見知らぬ相手から
の電子メールを開くなどの行為を避けるようにしていく必要がある。
 特に業務で使用しているパソコンについては、コンピュータウィルスに感染し
た場合の被害が桁違いに甚大になるケースがあるので、細心の注意が必要となる。
最近はBYOD(Bring Your Own Device)と言って、個人所有のパソコンやスマート
フォンなどの機器を業務で利用することを認める動きがあるが、経費削減や利便
性の向上だけに目を奪われることなく、それに伴うリスクも存在するということ
をしっかりと認識して導入を検討する必要がある。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

 池内 正晴 (Masaharu Ikeuchi)

 学校法人聖パウロ学園
     光泉中学・高等学校
 ITコーディネータ

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!