IT依存一歩手前? / 小林 由香

あけましておめでとうございます。新たな年を迎え、気持ちも新たに仕事に向
かわれていることと存じます。正月休みは、束の間でしたが、過ぎ去った年を振
り返り、また1年前向きに進む気力を充実させることができました。
 昨年の日経MJヒット商品番付によりますと、東の横綱は5月に開業した「東
京スカイツリー」、そして西の横綱は昨秋あたりから機種が増えている「7イン
チタブレット(多機能携帯端末)」ということでした。7インチタブレットは、
グーグルの「ネクサス7」を皮切りに、サムスン電子の「ギャラクシータブ」、
そしてアップルの「iPad mini」が発売され、機種数が充実したことも、
その増加に拍車をかけたそうです。

 私も、昨年の夏に普通の携帯電話が故障して以来、スマホユーザーになりまし
た。スマホのバッテリーは、普通の携帯よりも消耗するのが早く、朝にフル充電
にしておいても、夕方には切れていることが多いです。そのため、最近、ハンド
バッグが重いです。スマートホン、充電器、予備のバッテリー、タブレット、Wi-
Fiルータこの5つが持ち歩きの定番となっています。この他にウルトラブックと
言われる小型のPCを持ち歩くこともあります。
 以前に比べて荷物は確かに重いのですが、この状態にしておくことで、出張時
でも、連絡に事欠くことがありません。例えば、ドコモのスマホをテザリングで
利用すると、海辺でも、山の中でも、携帯の電波が届くところであれば、どこで
も仕事ができるのです。昨年は、出張する機会が多かったため、これらの情報端
末には、かなり助けられたように思います。飛行機で空を飛んでいる以外、バス
の中でも、電車の中でも仕事ができます。

 一方で、「デジタルデトックス」なる言葉もよく耳にします。「無線LANが
つながらないとイライラする」「SNSサイトを頻繁に確認してしまう」などなど。
デジタル依存症とでもいうのでしょうか。ITの進化でいつでもどこでも誰とでも
つながるようになったため、つながっていないと不安になり、かえってこんな悩
みがでてくるようです。そこで、デジタル環境から距離をおく「デジタルデトッ
クス」に注目が集まっているそうです。スマホを持たずに出かけたり、パソコン
を使わない時間を決めたり。業務時間中のITの使い方を見直す企業も現れていま
す。インターネット依存専門外来という診療科も登場したようです。

 さて、最近気になるのが、デジタル依存症のみならす、IT機器が、人と人との
コミュニケーションをかえって遠ざけてしまっているのではないかということで
す。幼少期から、通信ゲームに向かい、不特定のトモダチとネットでは会話でき
るがリアルの友達と遊べない子供たち、好きな子ができても告白が出来なくてバ
ーチャルな恋愛をする若者、ビジネスの世界では、メールでしか指示が出せない
管理職などなど。
 私の日常生活の周辺でも、このような一見奇妙なことが増えつつあります。こ
れらの現象は、IT端末を睡眠時以外持ち続ける私にとって、他人事と思えなくな
ってきています。「この重いバッグ、ないと不安だけど・・・」と思っていると
「正月ぐらいは、放してごらん」そんな声がどこかから聞こえてきて・・・
 半日ですが、全部置いて身軽になって初詣に出かけてみました。結果は、ご想
像にお任せしますが、「週1回ぐらいは、こんな日も作らないと」と、賢いIT機
器との付き合い方を真剣に考える必要があると実感したのでした。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

小林由香(Kobayashi Yuka)
小林税理士事務所 所長
税理士、ITコーディネータ、ファイナンシャルプランナー
「お客様の発展のため、最大限の努力をいたします。」が信条。

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!