クルマの未来:プリウスがつぶやく! / 藤原 正樹

今回は、車の未来について書きます。

 少し古い記事で恐縮ですが、2011年5月23日にトヨタ自動車とクラウド事業者
であるセールスフォース・ドットコムとの提携の話が出ていました。トヨタが
「トヨタフレンド」というソーシャルネットワークサービスを立ち上げ、セール
スフォースがそれを支えるというものです。「トヨタフレンド」では、クルマが
アイデンティティを持って人と対話をします。「クルマは、モバイルデバイスに
なりつつある」のです。

■ 「いつかは、クラウン」

 自動車産業は現在微妙な位置にあります。先進国においては大幅な需要増は望
めず、アジアなど新興国市場が次の発展のカギになっているようです。
しかし、車市場は基本的に家電製品と同じく成熟市場といえます。移動手段と位
置付けたら技術革新の範囲は限定されます。電気自動車に対する注目は高まって
いますが、しょせんは移動手段です。公共交通機関が発達している大都市圏で
は、自動車そのものの価値は低下しています。革新的な電気自動車が出来ても、
高い維持費をかけてあえて持ちたいという人はそんなに多くないと思います。

 年配の方は、「いつかは、クラウン」というフレーズを覚えておられると思い
ます。所有している車のランクが、社会的なステータスを示していたのですね。
このような消費スタイルは「記号消費」と呼ばれ、過去のものとなりつつありま
す。若者の車離れというのも、この流れの象徴でしょう。
 私の若い頃?、彼女とのデートはクルマというのがポピュラーでした。二人だ
けの独立空間が確保できるクルマは彼女との距離を近づける最適な選択であった
と思います。ところが、最近の学生は、私が所属する大学の男子学生を見る限り
では、そのような目的で車を所有する学生は皆無に近いです。女装が好きな男子
学生はいるのですが・・・

 このように、従来ポピュラーであった車の価値は、過去のものとなりつつあり
ます。それでは、クルマはこれからの時代において、どのような「価値」を顧客
に提供するようになるのでしょうか?
確かに電気自動車という技術革新は画期的なことですが、顧客への新たな価値提
案という視点でみるとインパクトは限られています。

■ あらたなクルマの価値とは?!

 そこで、重要なのが冒頭で紹介した「クルマは、モバイルデバイスになりつつ
ある」というフレーズです。私は、これは新たなクルマの価値を提案する取り組
みになるのではと注目しています。つまり、クルマ単体での価値を訴求するので
はなく、”つながる”ことによって新たな価値を提案しようとする試みです。
「トヨタフレンド」で実現できているのは、ユーザー対ユーザーとユーザー対プ
リウスPRVのコミュニケーションだけで、活況を呈しているとは言いがたい状況
だと思いますが、今後発展していく可能性は高いと思います。
たとえば、走行中のクルマの位置情報に合わせて、周辺の観光スポット・レスト
ランなどのイベント情報・おすすめ情報を提供する、渋滞情報を受けて迂回路を
提案する、近くにいる友人の情報を知らせる、などです。

 最近、あるビジネススクールでこのテーマについて討論がありました。
車メーカー勤務のある方は、クルマの未来として”ナイトライダー”のイメージ
を持たれていました。ユーザーとクルマが心の深い部分で絆を構築し、共に人生
を歩んでいくパートナーのような存在です。少し翔んでいますが、夢のある話で
すね。現在の車は、センサーとマイコンの固まりで”移動する高性能コンピュー
タ”といってもいいような存在ですので実現する可能性はあると思います。

これまでのクルマは、移動手段であり、またステータスの象徴でした。
未来のクルマは、自動運転技術の進歩により、ドライビングにかける負荷はかな
り少なくなることが予想されます。
その分、自由な独立空間という時間的空間的価値は高まります。運転中でも色々
なことをできるようになります。閉鎖された空間を楽しむのもよし、独立した空
間から外部とのつながりを楽しむのもよし、アイデンティティを持ったクルマと
人生相談するのもよし・・・。みなさんは、未来のクルマに何を求めますか?

 蛇足ですが、
クルマの自動走行システムが注目されています。グーグルは自動運転車を公道で
走らせる実験を行っています。トヨタは、レクサスベースの自律走行車の試作車
を公開しました。グーグルは、全自動運転をめざしているのに対して、トヨタは
ドライバーの補佐的役割をめざしているようです。興味深い取り組みですが、こ
の件は別の機会に譲りたいと思います。

-----------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

藤原正樹(フジワラ マサキ)

NPO法人ITコーディネータ京都 理事
公立大学法人 宮城大学 事業構想学部 教授
博士(経営情報学)
中小企業診断士 公認情報システム監査人(CISA)

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!